2014年11月06日

峠猫獣医さん、今日の捜索

夕べ遅くに捕獲してきた峠の
子猫たち、朝見に行くとご飯を
食べていたけどウンチもチッコも
してない。

002.JPG
諦めたのか性格なのか野良の
割にはわりと大人しいと思う。

さ、散歩だ。霧雨が降っている。
一晩で落ち葉が増えた。

005.JPG

今朝は気温が高い。周囲の
山から沸き立つ雲。

012.JPG

広大な森みたいに見える自然林
018.JPG

きれいに紅葉するトウカエデの
お帽子♪

031.JPG

さて、獣医さんに電話して
9時半すぎ出発。まだ小さいから
キャリーにふたり入っちゃう。
いつもの地域猫の先生で駆虫と
フロントライン、血液検査を
してもらう。先生、野良の割に
目もきれいで痩せてもいないから
親がいましたねと。同じ峠で数日前
ひかれて死んでいた猫がこの子たちの
親だったのだろうか。。。幸いエイズも
白血病も陰性。あと一匹残っていると
相談すると一匹になると隠れてしまう
ことが多いのでこの子たちをつれて
行って鳴き声を聞かせると良いと
アドバイスをもらう。

診察中も少々逃げようとはするが
ネットにくるまれるとすっかり
大人しくなりふきもせず、お薬も
飲んで採血もさせて、爪まで
切ってもらった。二匹ともオス。
診察が終わったところ↓

037.JPG
やっぱり怖かったんだね(^。^;)
我慢してたんだね。

それから一昨日チビたんを亡くした
母に、子猫を見せてあげようと
実家に回った。大喜びの母。
チビたんは月曜日夜、いつもの
ように母がお腹をマッサージして
あげていたら(チビたんは
マッサージが大好きだった)
小さくごろごろ喉を鳴らしていたが
そのまま寝てしまったので母も
珍しく早寝をして翌朝起きてすぐ
チビたんをみたら昨夜寝かせた
同じ格好で寝たまま息絶えていた
そうだ。触ると手足の先は硬直して
いたがお腹とか胸のあたりはまだ
柔らかくぬくもりが残っていたそう。
延命措置をしますかと獣医さんに
言われてから自分でちゃんと食べて
ほぼ1年生きてくれていたから
大往生だと思う。まだ庭には
住み着いている野良猫が6匹
いるし、母も休んではいられない。
寂しさに暮れてもいられないから
良かった。子猫たちがなついて
いる子ならおいてきたんだけど
ちょっと、部屋で出してやったら
もう隅っこに隠れたし(笑)

実家で母からチビたんのちゃお
チュールをもらったらすぐ食べた。
そしてキャリーの中でウンチ。
きれいにして4時前出て高速を
降りたら臭い。帰宅してすぐに
ゲージに移せず、ぐちゃぐちゃに
なってしまったので一匹ずつ
洗って乾かして一時間。。。(笑)

これはやっと綺麗になって
落ち着いたところ↓

038.JPG

そしてやっぱり猫缶やレトルトは
食べ過ぎちゃうから先生のところで
ロイヤルカナンのベビーキャット
サポートを買ってきたので今日から
これだけにする。出てきて食べた↓

041.JPG

そして6時頃ノノコの迎えで、
また村の仲良しの友達も通り
かかったからと、さらに9時頃
残された子猫の捜索。昼間猫缶を
置いたところは食べてあった。
(その子猫が食べたかどうかは
わからないけど)その場所を中心に
探したけど見つからず。家の子猫は
今日洗ったし風邪でもひかれても
困るのでスマホに子猫の鳴き声や
親猫が子猫を呼ぶ鳴き声を入れて
ずっと鳴らしていたが気配なし。

ウロウロしてたら車が止まり、
リニア関係の方が声をかけて
くれた。一昨日も声をかけてさがして
くれた人たちがいたがその人たちに
聞いたと。ご自身も猫を飼っているから
かわいそうでなんとか捕まえようと
している。上の、工事してる方に
出没し何度も捕まえようとしたが
失敗、でも寒くなる前に捕まえないとと
明日はアミを持ってくると。最初
親猫と子猫が4匹いたそうだ。
白い子猫の姿が見えなくなったと。
そしてわたしたちが探してるちいさい
茶トラはいちばん警戒心が強く、
親猫といるときもひとりだけ離れて
ついて行っていたそう。野良の子猫の
ことで心を砕いてくれてる人が
他にもいて嬉しくなる。捕獲できたら
うちで預かると言おうとしたら
ご自身で飼うと。電話番号を渡して
さきほど見かけたという場所を教わり
回ってみた。別荘があってそこで
スマホを鳴らしていたら声が聞こえた。
いた!!!別荘の床下に。わたしが
懐中電灯を当ててこーっがタモ網で
捕獲するつもりで近づいたら奥に
入って見えなくなってしまった。。。
今日は諦めて帰ってきたが雨の日
雨宿りする場所がわかったから
明日また行ってみようと思う。
なんとか捕獲してやりたい。



posted by ミチル at 23:30| 山梨 ☀| Comment(2) | 猫たちのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

峠の子猫、捕物帳

今日も紅葉がばっちりきれい
e-ru 012.JPGe-ru 028.JPG

銀花の上はお隣のナナカマド
e-ru 056.JPG

急に冷えたので犬たちのお洋服を
着せた。

e-ru 062.JPG

今日はのんびり、午後から工房。
昼夜織りの方にランチョンマット用に
縦糸の準備をした。夜は絵を描いて
ノノコが久しぶりに塾に行ったので
お迎えは10時と思っていたら
8時過ぎにもう迎えの連絡。

峠を通ったら子猫が道に出ていた。
道で虫を追っているのか。寒く
なって虫がいるのだろうか。すぐ
車を止めておいかけたけど当然
捕まらない。ノノコを乗せて帰り、
またいた。1時間以上追い回すが
ダメ。。いったん帰宅してタモ網、
フード、懐中電灯、バリケンを
もって出直す。子猫は3匹、まだ
手のひらサイズ。つい2〜3日前
ここで大人の猫がロードキルで
死んでいたそうだ。その子が親だと
したらどうしようと思っていた。
わからないけど、、

粘りに粘ってノノコが手を血だらけに
してなんとか一匹捕獲。あと二匹
藪の中から出てきてすぐ近くで
赤ちゃんだから眠くてウトウトする。
でも手を出したりガードレールの
中に足を踏み入れると奥のやぶに
逃げてしまう。。11時近くまで
ねばって諦めて戻るが今度はこーっが
仕事から帰っていたのでわたしは
リタイア、こーっとノノコがまた
でかけてサバトラを捕獲成功。

ひとりだけ残してしまった。はーを
拾った時悲しい思いをしたから
ひとりだけ残すのは絶対反対だったが
どっちみちあそこに置いておく
わけにはいかない。明日夜、また
捕獲作戦がんばってみます。

004.JPG

久しぶり二段ゲージを組んで、、
お前たちのおうちだよ、

005.JPG010.JPG
折しも、今朝、実家の年寄り猫の
チビたんが亡くなったそうで
実家に寄ったこーっにチビたんが
使っていたあれこれ持たせてくれたのが
役に立った。去るもの、来たるもの、、
でももうこれ以上増やせないから
里親さんを探したいと思います。
とりあえず明日はこの子たちを
つれて獣医さん行ってきます。
posted by ミチル at 01:14| 山梨 ☁| Comment(4) | 動物との暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする