2013年08月19日

てんちゃんのイボのしうつ

子猫たちの里親さんが見つかるまで
当分子猫写真と里親さん募集をここに
載せます、しつこく感じられる方が
いたらごめんなさい(;^_^A


津久井の知人が空家で生まれた子猫を
保護していますがおうちでは飼えません
家族に迎えて下さる方を探しています
ふたりともメス、保護日8月18日
今日はずいぶん落ち着いてきたそうです

029.JPG
関東ならお届けしますのでどなたか
いらしたらお声をかけていただけると
嬉しいです、どうかよろしく
お願いしますm(_ _)m


ここからはうちのことになります↓

今日はてんちゃんのイボのしうつ。
先月犬たちの健康診断の時、先生に
http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/368942634.html
相談したら来年になっててんちゃんの
年齢を考えたら(麻酔のリスクを考慮)
様子を見てても小さくなったり
消えてなくなることはないので
取れる時にとっちゃいましょうという
ことになって、それが今日だった。

こんなイボがお尻と脇に。老人になると
できるのは人間も一緒、老人性のイボ。
先代の犬たちもみんなひとつはできて
いたが本人たちが気にしてなかった
のでたまに自壊してもマキロンくらいで
何もしなかったがてんちゃんは気に
なってかじって自壊がひどくなったり
してしまう。

013.JPG016.JPG

車は大好きだから飛び乗って
おとなしくうしろで寝ていた。
ところが到着して車からおろそうと
思ったらガタガタ震えておりない。
待ってる間にちっこだけでもと
抱っこして下ろしたがもしか万が一
ここでリードが切れたら、二度と
戻ってこないだろう引っ張り方
( ̄▽ ̄;)
車の中で待って呼ばれて車から
抱っこして診察室に入り診察台に
乗せると今度はわたしの方を向き
普段目を合わせることが苦手な子が
近距離でじぃぃぃぃぃっとわたしの
顔を見つめる、とても不安そうな
顔で。てんちゃんみたいな超がつく
マイペース犬でも、ひどく不安を
感じていると思ったら可哀想に
なってきた。おそらくてんは前の
飼い主の時も多頭飼育で1人になった
ことがないからもあると思う。
長年の付き合いの先生に託して
獣医さんを後にしてそのままわたしは
実家に。

てんは脱糞が尋常でなく激しいので
できたら今日お迎えに来たいと
伝えて、夕方6時過ぎ電話すると
麻酔から覚めて尻尾を振っているから
大丈夫でしょうとのこと。迎えに
行くととっても良い子だったそうで
もちろん脱糞もなし(まぁ朝から
絶食だものね(^_^;))9時近く
帰宅、めぐといちごが何か感じて
しつこくするので困っている。
猫たちも↓

049.JPG051.JPG
おできはお尻と脇と二つかと思ったら
もう一つあったそうで全部で三つ
とってもらい、生検をするとさらに
高くなってしまうので歴代犬たちと
同じだったし、先生の所見もまぁ
良性と思って間違いないでしょうとの
ことだったので頼まなかった。

046.JPG
傷をかじってしまうのでカラーをと
思ったが多頭飼育の場合カラーだと
お互い興奮してしまうので(確かに)
ダンボールでムチウチの時の首に巻く
ギブスみたいなのを作って巻いて
おけば届かないと教わってさっそく↓

047.JPG
おりこうだったね、てんちゃん
それでちょっと怖かったね、
うちのように多頭でわちゃわちゃ
暮らしてると一人になるとその子の
本心がわかることがある。
てんちゃんは優しくて良い子だね
ガツガツガッツや空気を読めないは
ひとりだったら解消されるのかも
しれない、と思った。なんにせよ
一安心。ご心配くださったみなさん
どうもありがとう!ヽ(´▽`)/
posted by ミチル at 23:01| 山梨 ☀| Comment(6) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする