2012年04月16日

実家庭、赤ん坊猫たち

午後から実家。4匹の赤ん坊の子猫たち
もんちゃんが一匹、ノノコが一匹
それは雄雌指定がないのだがお一方、
メスのキジトラをもらってもらえそうな
方がいらっしゃるのでおまたをよ〜く
観察するもわからない。1匹だけメス
みたいだけどもう少し成長しないと
わたしには正確に判断できない。

実家につくなりすぐトロ箱から
出して部屋に入れる。親は完全ノラ
だが母が毎日トロ箱から出している
から安心して子猫たちを出したら
自分はとことこでかけてしまった。
歩くのもよたよたしてる。目は
開いたけどまだ透明感がない。でも
よちよち歩きで動きまわって親と
離したから落ち着かず結構な早さで
部屋の隅に消える。

042.jpg044.jpg

ピンボケだけど赤ん坊の子猫は
こんなにカワイイ。動物には絶対に
罪はない。

050.jpg

おかあさんは遠巻きにわたしが
子猫をいじっているのを見ている。

055.jpg

トロ箱に戻すとさっそくおっぱい
058.jpg067.jpg

どうしたものか。ぼちぼち動き出し
トロ箱から這い出して来るだろう。
母の一番の懸念は車庫の扉の下から
道に出てしまうこと。まだ離せないし
じゃあうちからゲージ持ってきて
入れるか〜。トロ箱ごと入れて周囲を
シートで覆ってやれば親も世話をしに
入るだろう。わたしの一番の懸念は
子供を離したら親はノラでなついて
いないのだから捕獲ができなくなる
こと。ここで逃したらまた秋になれば
子供を産んでしまう。子供を離す
タイミングと親を捕獲できる状態に
しておくこと、それが目下の課題。
どなたかよいアイデアがあれば
教えて下さい。うちに親子で連れて
来ちゃうも考えたけど親はゲージに
閉じ込めておくわけには行かないし。

070.jpg
君たちのことだよ〜!(^_^;)
posted by ミチル at 23:17| 山梨 ☁| Comment(0) | 猫たちのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする