2012年03月25日

スミレほころぶ佳き日に

この写真だけ見るとまるで夏のような
日差しと雲、気温も高くフリースを
脱いで散歩に出た。風が心地よい。

009.jpg
いちごのシャツが黄色なら完全に
信号機シスターズになったのにな〜!

014.jpg

ポカポカ陽気でやっとひとつだけ
スミレが開いていた。白いスミレ。
かわいいスミレ。

018.jpg
羽虫はイヤだけどやっぱり春は
嬉しいもの。

そんな佳き、今日、小学校の時に
お世話になった3先生をお招きして
村で唯一コーヒーが飲めるお店で
お食事会をした。保育園からずっと
12年間同じメンバーだったのも
高校入学で解消される。これから
新しい世界に飛び込み新たな友達も
増え小さな世界から大きな世界への
一歩を踏み出す。そんな区切り
この後いつ先生たちと会えるのかと
思ったらいてもたってもいられず
去年の暮れから計画を練っていた。

クラスの子たちも男の子はほとんど
参加、お母さんも数人参加、中学では
勉強中心だからこんな交流はなかったが
本来の先生の姿に懐かしく、嬉しい。
小学校6年間は本当に良い先生に
めぐまれた子供たちだったと思う。

安い会費なのにこのゴチソウ!

026.jpg

再会を、卒業を、高校合格を祝って
カンパイ♪

046.JPG

小学校は当地は3年で先生がいなく
なってしまうのでいくら故郷うんぬん
言ったってどこが故郷だろうと思う。
もはや子供たちが知ってる先生は
小学校には1人もいないのだ。
わたしは自分が高校生の時何かの時
小学校に遊びに行った記憶がある。
懐かしい先生の顔を見ただけで
ホッとしたことを覚えている。
それでも小学校の6年間を素晴らしい
先生方に持っていただけたことは
子供たちはこれから色々なことが
あっても宝物だろう。子供たちが
1年生の時に生まれた先生のおうちの
坊やが当時の子供たちより大きく
なっているのだからほんとうに
光陰矢のごとし。懐かしい話に
花が咲いて楽しい時間を過ごした。

066.JPG
先生方、子供たちがどんなに
大きくなっても大人になっても
変わらずこれからもずっとずっと
見守ってくださいね!次にお目に
かかえるのは5年後、子供たちが
二十歳になったらまたお声をかけ
させていただきたいと思います!
posted by ミチル at 23:04| 山梨 ☁| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする