2012年03月17日

山桜・小の伐採

この家の裏手は高くはないが土手に
なっていてそこはドングリとか
山栗とか、山桜とか雑木が生えて
いる。垂直とまでは言えないが
かなりの急な斜面で高さはない、
とはいえ、一度土砂崩れにあって
いるわたしは終わらない地震と
近年の大型台風、それに大雪には
いつもびくびくしてしまう。
何とかしないとやばいかも、という
くらい大きく太い山桜が育って
しまった。知り合いの樵のおじさんに
相談したり別荘管理のおじさんに
相談したり。しかしどうにも重機の
入らないところだから、樵さんが
見に来て、次は重機を持ってる人が
見に来て、クレーンを使える人が
見に来て、、、いずれもムリという
ことで人力で切ることができる人を
やっと探してもらった。今日雨で
なければという約束だったのだが
このお天気で来ないねと言っていたら
9時近くきてくれた。でも足場が
滑るだろうしハラハラドキドキ。
プロだからこちらが心配する
こともないのだろうが。

012.jpg018.jpg

屋根の上で音がするからダイは
とても不機嫌で落ち着かない。

024.jpg

雨脚が強くなったり弱くなったり
するなか、お昼前には本日できる
ところまでは終了、もっと切るそう
だが足場が悪くて今日はここまで。

073.jpg072.jpg
木が腐り始めていたのでちょうど
良い時期に切れたねと言われた。
この桜はチップにするか山の家の
薪ストーブにけんちゃんたちに
使ってもらうか。切って落とした
枝は下で待ち構えた王さまが
チェンソーや丸のこでどんどん
短くして一か所にまとめた。

しかしこれは本来切ろうと思って
いる桜の半分くらい。本命は
逆側にあって太さも高さもこの
桜どころじゃない。もし晴れたら
明日また続きに来てくれるそう
だけど。ちなみに木の伐採、この
桜一本で今日はさんまんえんお支払い
した。逆側のでかいのはじゅうごまん
えんの予定(大泣)本来地主が出す
べきらしいが、地主と言っても
借地だし、上の別荘地を借りてる
人の地所になるので断りの電話の時
いくらかお願いできませんかと
頼んだらさんまんえんくらいなら
出してくれるそうだ。まじめな話
山暮らしで木はあっと言う間に
大きくなってしまう。素人が少々
伐採したくらいでは追いつかない。
実際被害を受けたこともあるし。

http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/129781698.html

外の騒ぎもどこ吹く風、のんきに
昼寝のふたり↓

077.jpg
明日、晴れるかなー。
posted by ミチル at 23:32| 山梨 ☔| Comment(12) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする