2011年07月04日

紳士的なハンターとわたしのこころ

犬たちと、銀花と長く散歩に行かれる
ので楽しみな土日も、季節外れの
猟で暗転。いちごは家の前からは
とても怖くて放せない。今日は
この頃寝てばかりいるおね〜さんも
誘って幸い、静かな、誰の気配もない
道をいつもの見晴らしの良いところ
まで歩く。

002.jpg

おね〜さんに写してもらったけど
背中には1ガロンの水と、洗面器が
3つ、腰のハラバッグには犬たちを
おびき寄せるおやつ入り↓

014.jpg008.jpg
そういえばこのカゴは大昔まだ、
東京にいたころ、廃屋探しに
通った埼玉の越生のどっかで
買ったんだった。これに古い袴を
くずしてカバーを作って電車に
乗ってどこでもでかけた20代後半
(笑)

銀花の散歩へ出ようと思ったら
家の前にまた猟が入り、実はある
人を通して家の前でやる時は事前に
知らせて欲しいと頼んでいたのが
そうなのかたまたまか、わからないが
この前の高圧的な人でなく、何度か
会って知っている感じの良いおじさん、
「今から猟に入る、県からの依頼で
畑に被害が出ている、たつまといって
ここが獣のちょうど通り道なので
下から追ってここで撃つけど我慢
してくれ」と丁寧に言われた。
わたしは「みんなおじさんみたいな
人なら良いのに。この前の人は
ライフル持ってるのに大声で
すごまれてすごく怖かった」
と言った。今日は王さまは会議で
いなかったのでノノコと部屋で息を
ひそめていたらいきなりの発砲音が
ぱんぱんぱんぱん!!!!!わたしの
全身の血が凍りついた。多分顔色は
青くなっていたと思う。。。
その後しばらく、ちょっとロバの声に
似た、獣の断末魔のうめき声が長く
聞こえた。興奮して大声でがなり
たてるハンターの人たち。わたしには
地獄、心が壊れる。でも何の法も
おかしてないのだから耐えるしかない。
大物だったようで巻き上げ機か何かで
引っ張っていたのだろうか。
一切見なかったがずいぶん時間が
かかってやっと静かになった。

午後から予定があったので猟が
完全にいなくなったことをしっかり
確認してから出かける。夕方帰宅、
猟の時間と重なりお散歩に連れて
行かれなかった銀花、下の道を
上がって家に戻って誰もいなかった
から、安全な下の道に行こうね。

041.jpg

わたしは言いたい。都会を出て
山で暮らしたい、と思う人は
動物がらみも多いのではないか。
しかし山ではこのような猟が合法的に
普通に行われていることをぜひ
知っておいてほしいと思う。
わたしたちははっきり言って
甘かった。もう少し猟が少ない場所へ
引っ越したいけど気持だけで資金は
ゼロ(悲)

明日はまた実家行ってきます。
お返事遅くなりますがお許し下さい。
posted by ミチル at 00:02| 山梨 ☁| Comment(8) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする