2011年04月23日

国の罪、東電の罪、わたしたちの罪

見殺しにするのか!!パート9ペットまで(1)

テーマ:ブログ

昨日までの状況と経過報告です。

ビアンカママさん

色々と経過報告があるのですが、あまりにも時間がなく、なかなか出来なくてごめんなさい。
追って出きるだけ報告しますね。

さて、海外への協力要請ですが、翻訳並び要望書の依頼などはビアンカママに紹介を受けた、アメリカ在住のミミさんにやって頂きました。
お忙しい中、本当にありがとうございます。
ミミさんもこの問題には胸を痛めていた一人で、この悲しみ・怒りは世界中に拡散されていると思いました。

以下の海外の団体に要望書要請をしました。

◯RSPCA(アメリカ)
◯ブリジットバルドー基金(フランス)
◯BUAV(イギリス)
◯WSPA(イギリスだったか、アメリカだったか)

◯隣国の韓国の保護団代にも
1 CARE
2GKU
3KARA
4KAWA
翻訳頂いた内容。


この度の東日本大震災に関して、諸外国のみなさまにはたくさんのご支援を頂きとても感謝しております。
日本政府も海外からの援助には深く感謝していると思います。しかしながら、動物たちに対し日本政府は何も対応しておりません。
福島県の原発から20キロエリアには立入り禁止の規制を4月22日0時に施行します。
そのエリアにはたくさんのペットや家畜たちが生き残っていますが、立ち入り禁止になると、そのエリアに残されていた犬や猫の保護をしてきたボランティア団体の立入りが出来なくなり、また家畜の世話のため留まっている畜産農家の方も強制的に退避されてしまいます。
この非人道的な決定によって残された犬、猫、馬、牛、豚などは衰弱し餓死していくしかありません。
すでに、餓死した動物も多数います。添付資料1
震災から40日が経過し、がんばって生き延びて来た動物たちもいます。
ところが、日本政府はこれらの動物たちに対して何の対策も講じてこなかったばかりか、ここにきて見殺しにしようというのです。
貴団体から日本政府に、「飼い主の意向も踏まえペットや家畜たちを見殺しにせず、1日も早く移動・保護するよう、また、瀕死の動物に対しては獣医師による安楽死も、検討にするよう」に要望頂けるよう、心からお願い申し上げます。



添付資料1

http://rocketnews24.com/?p=87005

http://ameblo.jp/uchino-toramaru/


貴団体から送付して頂きたい日本の要望先


メールが上手く流れない場合はお手数ですが、FAXに流してください。


◯◯◯会 御中
◯PETA (アメリカ)


☆首相官邸  Mr菅直人(かんなおと)

FAX 03-3595-0090
メールアドレス

https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goikenssl.html

☆農林水産省宛 

 FAX03-3593-7233

メールアドレス https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
☆農林水産大臣 Mr鹿野道彦 (かのうみちひこ)

 FAX 03-3508-3205
メールアドレス m-kano@ma.catvy.ne.jp


☆福島県知事 Mr 佐藤雄平 (さとうゆうへい)

メールアドレスkouho@pref.fukushima.jp

FAX:024-521-7901


☆内閣府特命担当大臣 (防災担当) Mr松本龍(まつもとりゅう)

メールアドレスh04336@shugiin,gojp

FAX:03-3593-7266


☆東京電力株式会社 取締役社長 Mr清水正孝(しみずまさたか)

  FAX 0120-12-8589

メールアドレスhttps://www4.tepco.co.jp/info/custom/service/echob_s-j.html


☆環境省自然環境局総務課動物愛護管理室宛

メールアドレス: shizen-some@env.go.jp

FAX: 03-3508-9278

以上。海外の愛護団体等に流した内容です。


ロケットニュースより
テーマ:ブログ
ビアンカママ

友人K氏より最新のロケットニュース24に牛の続報が流れていると連絡あり。
今朝、アップされたものの様です。

見出しは


【原発10キロ圏内取材】飢えに苦しむ牛たち未公開映像 / 政府の的確な対応が求められる
http://rocketnews24com/?p=90509



posted by ミチル at 11:40| 山梨 ☁| Comment(0) | おねがい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行事が重なる金曜日

暖かいのか寒いのかよくわからない
朝。でも昨日よりはずっと暖かい。
毎日歩く同じ道だけど毎日少しずつ
緑が広がって目に楽しい。

005.JPG

昨日、リニアの馴染みの若い人が来て、
うちの上の残土捨場がいっぱいになり
県道をはさみ向かい側の誰も歩かない
のに、たいそう立派な道を作った
大地峠の方になったのでしばらく
トラックの往来が激しくなる、と
告げに来た。これからはうちの前を
通って大地峠まで往復するわけだ。
朝、玄関で犬たちに良く話したけど
わたしの犬語は小声より、大声の方が
伝わるようだからちゃんとわかった
かな(笑)

銀花も少し歩かせたかったけど
野原の先は道が細くなり急カーブが
続くので諦めて野原に入った。
野原の中で盛り土した高いところに
引っ張って上った。

007.JPG

ここはけもの道がついていて犬たちが
しょっちゅう気にしている。ほら、
新鮮な鹿のフン↓

009.JPG

帰宅して早々とミミズクラブを所望する
ナスのためにコンポをひっかきまわす。
上から見下ろすいちごとぴみ

012.JPG

広いとは言えない銀花柵にはぼろ
コンポが5つも並んでいて、雨の日の
重たいぼろや小屋の敷材に混ざって
しまったぼろを入れているのだが
ミミズの養殖場ともなっているので
長い棒でひっかきまわしピンセットで
水を入れた容器にミミズを探して
ナスに食べさせてやっているのだが
先日からちょっと不気味なミミズが
たくさんいる。(すぷらったー画像
デマス)

013.JPG
太い節?のところで合体している
ミミズ。もしかしてミミズって
こうやって大きくなるの?んで
だから切っても両性具有とか言って
2匹になるの?足元ではふんころがし
君もがんばっておりました。

014.JPG

こちらはミツバアケビの花。かすかに
芳香があるけどイツツバアケビの
方がよく香る。

022.JPG

今日は王さまがぺーてーえでびう〜で
小学生たちは早帰りでお互い午後から
忙しい一日だった。学校行事は金曜日の
ことが多いのでわたしはほとんど
参加できない。結局王さまがいない
ので、送り迎えをしてお絵かきだった
けど、休みの子が多かったので
何とかなって良かった。庭の水仙を
描いた。

017.JPG019.JPG

これは先週つくった手すき和紙
020.JPG
花弁や葉っぱを入れると不思議な
ことに経年しても色が引かない。
またやらせてみよう♪
posted by ミチル at 00:45| 山梨 ☁| Comment(2) | お絵かき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする