2011年04月14日

小さな芽や木の花

朝だってもうストーブをつけなくて
だいじょうぶ。しかし車はまだ
冬タイヤのまま。もっともデリカと
ランクルはまた買わなくちゃならない
からいつはずせるかはナゾ。。。
道が雪やアイスバーンで白くなって
いたのがつい、この間だったのに

002.JPG
今は少しずつ大きくなる真新しい
葉っぱや地味だけどいろんな雑木の
花が目に楽しい。

003.JPG

今日はトラックが多いな。昨日
せっかく少なくなったと書いたのに
今日はひっきりなし。工事の都合が
あるのだろう。銀花は下へ連れて
行ったがトラックばかりで結局
植林地へ。

004.JPG
このくらいじゃエネルギーを消耗
しないから、久しぶりに尻っぱね↓

007.JPG
せまい出入り口のあたりで上手に
急ブレーキ、目にもとまらぬ
速さで回転、柵の外に避難してる
わたしの方へどどどどどどっ!!

午後から工房へ。細かい二重織りで
イヤになって来た。成果がイマイチ
だし。。。ピックアップで裏に
糸が飛ばないで自由に織れる織り方
他に探してみようかな。王さまは
河口湖の整体の先生の家に掃除の
手伝い。夕方車にどっさり積んで
来た伐採した庭木を燃やした。
王さまがお腹が減ったというので
おやつの時間にふたりで外で
昨日買ってきたハンバーガーを
むしゃむしゃ食べた。

ダイは毎朝毎夕水浴びをし、お昼に
なると騒いでわたしと一緒に納豆
ご飯を食べる。夜は夕飯の支度を
始めるとまた大さわぎして
何かしらおかずをもらう。小屋が
好きだから扉を開け放しておいても
なかなか出て来ないけど今も小屋から
ちら見してる。かわいいしぐさを
たくさんするのだけど携帯むけると
さっと向うをむいてしまうから
なかなか写真が写せない。

025.JPG

posted by ミチル at 23:02| 山梨 | Comment(4) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビアママのブログより 


これは、イネママの友人が命懸けで撮影したものです。
以下はイネママからです!

ビアンカママ

ブログで「見殺しにするのか牛」を紹介してくれてありがとう。

先日のサイトは友人が紹介してくれたもので、多くの人に知ってもらいたいと思いビアンカママにメールしました。
それと友人自身が現地に入り撮影して来たものも、下記のサイトで紹介されています。
一人で撮影しているため画像は乱れていますが、放射能のリスクを背負いながら撮影したものですので、ぜひ、多くの方にこちらも見てもらいたい。
牛たちは人恋しさから寄って来る、と言っていました。


http://www.fa9el.net/video/46591cfe63d92b8079f

以下は福島県の農水関係者に電話で聞いた話より抜粋。(4月11日)

「酪農家は現地に残っている人もいるし、2~3日に一度戻って餌や水をやっている人もいる。
牛だけで20キロから30キロ県内に1万頭以上いて、豚はそれ以上。
鶏のほとんどは餌がなく早い段階で餓死してしまった。
死んだ牛は本来青森県のBSEの検査をする処理工場に送っていたのだが、今はそれも拒否されている。
このまま見殺しにするのはあまりにも惨いと言う理由から、酪農家たちはせめて安楽死をとの声も出ている。
牛は小規模の酪農家が多く、豚は企業が何千頭レベルで飼育していて100%と諦めている感じです。」

概ねこんな内容でしたが・・・
先日のビデオ並び友人のビデオを見ると現実は違うことが多々ある様です。
屠畜することと、餓死させることは違う。
檻の中で水もなく餓死させるのは、あまりにも惨いと思う。
早い段階で多くの人に、この現実を知ってもらいたい。
世論の声が大きくならないと。
ただ・・・
牛が可哀想過ぎると訴えても(本心はそうなんだけど)、「人ですら安否確認出来ていないのに、牛どころではない!!」論争に持って行かれるので、
「酪農家の人たちの死活問題、日々の苦悩、さらには衛生上の問題などで訴え、動物愛護法にも抵触する」などの路線の方が政府は腰を上げると思う。

リェータママ
posted by ミチル at 00:37| 山梨 | Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする