2011年01月30日

野鳥のみちしるべ

割と暖かいと思ったけど小さな滝は
犬たちが落っこちても割れないと
思われるくらい氷が張っている。

001.JPG
出る時猟の下見と思しき軽トラが
通ったのでいちごは放せない。
今日も遠雷のような爆音が少しだけ
聞こえると、もう足が止まる、それが
なぜかいつもこのあたりの場所。
聞こえてるのは家の前からずっと
なのになんでここで止まるのだろう。

003.JPG
でもそうやってぼんやりしてると
めぐ爆弾がさく裂するよ!!

銀花は家の前から乗る。これは
ちょっと「良いお仕事中」の耳↓

006.JPG
でもいつもの見晴らしの良いところで
きっちり勝手にユータンをしようと
した。いつも同じことをしてたら
いけないって、こういうことだ。
いつも同じ場所で戻るから。
なのでもっと先へ行く。銀花の前に
小学校の白い校舎が見える。

013.JPG

今日、犬の散歩の時も銀花の時も
道に野鳥がやたら出て来ていた。
あまり逃げず、すぐ近くまで行くと
ちょろっと飛んで距離を取るけど
もっと遠くへ逃げるとか道わきの崖の
方へ行くとかすれば良いのにまた
道に下りてきてちょろちょろする。

015.JPG
同じ種類の鳥と思えばそうではなく
小さな緑いろっぽい、鈴の音のような
声で鳴く小さいのがつがいでいたり
まるっこい良く見かける灰色がかった
のや、道で何か大切な野鳥会議でも
あったのか?鳥インフルが出たから
渡り鳥じゃないとしても野鳥も気を
許せない。

家のカラスはこうして暮らしてるから
ほとんど無菌状態ではないか。
菌に対する抵抗力は野生よりずっと
低いだろう。(その代わり気は
つよい・笑)
大好物のチーズ、食べたらあっと
言う間にシャカシャカを取った↓

032.JPG

この、この、この〜!!!
こうしてくれる〜!

033.JPG

あ〜、気がすんだ♪♪
で、やっぱり最後は水桶↓

035.JPG

もう15年以上前だけど、当時20匹以上
猫がいた。それがある日突然伝染病に
かかり、ほんとうに大変だった。
完全室内飼いでなぜうつるか。それは
まぎれもなく、わたしたちニンゲンが
運んだからだ。以来できるだけ野良猫に
触らない、触ったらよく手を洗う。
ペットショップも絶対近づかない。

今日また野の子は今度はハラいたで
寝こんでいる。明日は休みかなー。
皆さんも風邪流行ってるようだから
ご自愛くださいね。
posted by ミチル at 22:41| 山梨 ☁| Comment(8) | 乗ロバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする