2011年01月20日

ナゾのバンド織り ナゾの動物

今朝も寒かった。布団から手だけ
出して服を引きよせ布団の中で
着る。起きたぞ、とあちら側の
わたしが言う。おかげでこちら側の
わたしはあやうく寝落ち。。。

でも痛いような寒さにはまだ
なってないような気がする。
お日様が出てそれだけで感謝。
雪だったら大変だ。さて銀花の
散歩が先だ、と支度すると
めぐがさっと出てきてしまった。
じゃ、めぐも一緒に行く?
この道はトラックが多いから
めぐと銀花をひとりで連れて行く
のはムリかと思ったけど大丈夫の
ような気がしてきた。トラックが
多い日はもちろんムリだけどね。

めぐは喜んで全く遠慮もなく
銀花柵に入って来てあちこち探索。
銀花はめぐにくっついて臭いを
かいだりしたいのにめぐがびびって
一定距離より近くに来るとさっと
逃げ出してしまう。でも今日は
わたしがめぐをなだめてたら
銀花がそっと近づいてめぐの
しっぽをはむはむした!めぐは
びびってとっさに銀花の鼻づらを
ぺろっとなめてすっとんで逃げた
(笑)

013.JPG003.JPG009.JPG

銀花散歩から戻ると当然、めぐは
犬たちともう一度行くわけで
これは山の家にいた時の習慣だった。
山の家は車が全く来なかったから
毎日めぐと銀花で先に行き、その後
もう一度犬たちと行った。でも
考えてみたらめぐが一番デブだな、
要するに運動で痩せるって大変な
ことなんだな(笑)

017.JPG

帰りにはトラックが多くなり
途中途中、何度も道わきに
集まってやり過ごす。すれ違うために
トラックが道わきぎりぎりに停車
してる時があり向うからトラックが
くるのだからわたしたちも後ろに
くっついて待つことにしている。
今日もトラックの後ろにつくべく
急いでいたら、5〜6m先を
小さなリスが道を横切った。
するとめぐ、スイッチオン、
猛ダッシュで追い駆けて崖を
駆けあがってしまった。制止する
わたしの声も聞かず。いくら
本能的なことでもトラックが来る
道で命にかかわることになる。
よって久々に雷を落とす。トラックを
見ながらいったん崖の途中でマテを
させ、その後呼んで久しぶりに
叱り飛ばす。わたしの怒声に
おじさんたちもびっくりして
見てる(爆笑)恥ずかしいけど
そんなことは言ってられん。
最後はおなかをひっくり返し
誰の言うことをきくべきか
良く言い聞かせたけど。でもきっと
また忘れちゃうんだよ!!

午後から工房へ。ナゾのメキシコの
バンド織り、本とにらめっこして
織ったナゾの動物の陳列会↓

019.JPG

トトロ似のフクロウのような生き物
020.JPG

カラスの突然変異体
021.JPG

巨大おたまじゃくしもどき
022.JPG

足のような尾ひれを持つ原始魚
028.JPG
大笑い!でも良い、もう少し
研究してオリジナルな絵を
織れるようになりたい♪♪
posted by ミチル at 23:24| 山梨 🌁| Comment(12) | ものづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする