2010年08月04日

無能・無益・ムカッぱら

 昨夜なんとなく元気がなかった
ガビ、夕べは心配なので枕もとに
箱を置いて寝たら朝、6時ちょっとに
ちぃちぃさえずりの声で目が覚めた。
箱を開けると大きく口を開け、餌を
ねだる。すぐ作って食べさせてやる。
夕べの感じはイヤな感じだったので
今朝はそんなことがあって一気に
嬉しくなった。それでも昨日、自分で
箱から出て、わたしの方を見てきれいな
声でさえずっていたことを考えると
元気がないように見えることは自分の
中で否定できなかった。

今日は野の子がガッコーでばたばた
過ごしていたが、あまり鳴かないが
2時間置きくらいに給餌をしていた。
これは2時ごろ、口をあけ餌をねだる。
ちぃちぃ小声で鳴く、やっぱり元気が
ないかなと思ったが指にしっかりと
つかまりすり餌もたくさん食べた。

100804_1343~01.jpg100804_1344~01.jpg
これが最後の写真になろうとは。
。。。。。。。。。。。。。。。。。
4時過ぎに野の子を迎えに行き、
他の子を家に送り、帰宅すると野の子が
ほら、鳴いてるよ、と言う。すぐ
餌を作って給餌機に入れ箱を開けたら
座ったままの姿勢で動かなくなって
いた。他の2羽よりは穏やかな
亡くなり方だったが、あれこれ
調べ良いとあったことをやってきた。
それでも死なせてしまったのは
完全に人災である。絶対不可能な
ことではなく、野鳥を育てることが
できる人がいるのだから、わたしが
できなかった、では済まされない
命への責任を感じる。そして
いつものように、ハラが立つ。

そう言えば4年前のちょうど今ごろ
野ウサギの子供を拾ったことが
あった。その時もあれこれ調べ
良いと思われるようにしたけど
助けることができなかった。

http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/22046991.html
読み返してみたら、まったく今と
同じ、失敗して終わることの
悔しさ、腹立たしさは今まさに
感じていることである。エールを
送ってくださった皆様、どうも
ありがとうございました。結局
3羽とも死なせてしまって
不甲斐ないわたしをお許しください。
posted by ミチル at 22:44| 山梨 ☀| Comment(16) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする