2010年08月02日

100802 削蹄

 今日は銀花の削蹄の日。野の子は
久しぶりにガッコーの日で7時過ぎに
起きた。自分のことは自分でできる
野の子はおっぽいといて、わたしは
まず赤ちゃんたちのお世話。何しろ
こんなですから!!!

100802_1232~01.jpg
すぐ餌を作って(ホームセンターで
完全雛食の粉末を売っている)
どんどん食べさせる。それから
お掃除の間、ちょっと出てて
もらう。

100802_1615~01.jpg
こんな小さな無力な命が自然の厳しい
掟とは言え、蛇に丸のみされるのを
黙って見ていられるものなのか。。。

そうこうしているうちに坂下さんが
いらした。急いで銀花をつないで
裏堀だけする。今日はせまいご飯場
でなく、ご飯場の前につないだ。
だって坂下さんがわきに入ろうと
するのを銀花はいつもどかないから

mini_100802_0851.jpg

前回言うことを聞かなくてジタバタ
して、坂下さんを困らせた銀花。

http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/146257207.html
今日は逆に左右が自由だったせいか
あまり緊張していない。下唇を
見ていたが、しまってはいるけど
きつく結んでいない。蹄は写真を
写しておけばよかったけど、かなり
いびつにゆがんでしまっていた。
脇にひびも入り、内側と外側の
硬い部分が分離して隙間ができて
しまっていた。かなり悪い状態だと
思っていたのだが見た目ほど
ゆがんではいないそう。そして
馬はたいてい乗るとそのような状態に
なることが多いそうだ。前回の時から
かなり長い距離を、毎日のように
乗ロバしていた。どこもかしこも
傾斜地だからそのせいだとばかり
思っていたので、とりあえずまた
銀花柵内の大工事にならなくて
良かった。

あまりジタバタもせず、前回のように
後ろ足を蹴りあげたりもしないで
30分くらいで無事終了。きれいに
なった蹄はまだ削蹄したばかりで
底が柔らかいから1週間くらいは
乗ロバは禁止。

100802_1034~02.jpg
まだ慣れないからいつもより
慎重に、こまたに歩くのが笑える。
このくらいなら放してお散歩に
行かれそう♪♪

散歩から戻るともう野の子の
迎えの時間。他にも乗せてきてと
頼まれていた子がいたので久しぶりに
プラドを運転したら緊張した。本当に
年齢が行くと日々重ねていないと
すぐ振り出しに戻ってしまう。

野鳥の育て方を調べていたら
動物性蛋白質を取るために
ドッグフードをたまにやると良いと
あったのでさっそく何粒かふやかして
あげてみた。ものすごくよく食べた。
でもこれはおやつ程度だそうだ。
夕方から一羽が元気がない。他の
2羽が大きく口を開けるのに
その子だけ2回開けなかった。
先ほど王さまがやった時も開けないと
言うので今わたしがくちばしを開けて
強制的に食べさせたけど。。。
せっかく蛇から助けたのだから
何とか全員そろって元気に育って
欲しい。

posted by ミチル at 22:30| 山梨 ☀| Comment(10) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする