2010年06月02日

久しぶりの村友

 今日は王さまが東京。わたしの実家の
そばの幼稚園で教室の日。なので散歩も
野原の先で戻る。犬たちはわたしが
連れていても王さまを見ると(ハラ・
バッグを見ると・笑)わき目もふらず
ついて行ってしまうから、王さまは
犬さらいだ。

100602_0852~0001.jpg
わたしだっておやつは持ってるけど
王さまみたいに散歩だかご飯だか
わからないほどあげないだけ!

小さな滝の先で地元の人が崖に
長い梯子を立てて竹を取っていた。
挨拶すると、あちらの家の工房を
お願いし、材料を発注してから
引っ越すことに決まり、工事の中止を
お願いしに行った棟梁と息子さん

http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/56138259.html
だった。わたしたちのことを覚えて
いてくださり、それどころか毎日
<早朝>うちの前を散歩していると
言う。動物がお好きなようで
すでに銀花ともナスとも仲良しに
なっていらっしゃるらしい!
びびりまくる犬たちを座り込み
なでてくださった息子さん。いちごは
嬉しくて今度は離れようとしない。
でも猪の話になった時、一方的に
野生動物を悪く言われるのは
嫌なのでわたしはいつもどう思われ
ようと、野生動物たちを擁護する側に
まわることにしている。

トラックが多いので銀花はただの散歩。
見通しの良い下に下ったが長い坂の
下で大きな首の長い重機で作業をして
いる。平静を装って普段通りに通り
過ぎると銀花はわたしの横で明らかに
びびって一瞬走り出しそうになったが
落ち着いてなだめたらすっとわたしの
後ろについた。通り過ぎて草を食べ
戻る時も重機が動いていたが今度は
耐えているのがわかる。かなり
通り過ぎてから立ち止まり、
しばらく見ていた。コワイよね〜。

100602_0940~0001.jpg

帰宅してさて、今日はちくちく
縫いものでもしようと思っていたら
村友からメール。一番仲良しの村友で
うちのめぐもいちごも彼女が保護して
くれた。彼女の家は野良猫やら野良犬
やら、野鳥まで、小さな保護区に
なっている。そんな恩人の彼女にも
わんわんわんわん!!ダイまで犬たちに
誘われてかわいい声でわんわんわん、
ふたりで大笑い!以前はしょっちゅう
お茶に来てたが仕事の都合や家の事情で
本当に久しぶり。のんびりおしゃべりを
して楽しかった。4時ごろ帰ったので
また続きのちくちくちくちく・・・
なんとなく、織った布にあれこれ
手を加えてインドのお土産品みたいな
小さなポーチを作った。

100602_1645~0001.jpg
きりがなく作業が続くような仕事が
好きである。だからいつもしつこく
やり過ぎて失敗するのだけど。

今日は部屋にいたらクサイ。すぐ
そばで大のかほりがする。見回しても
何もないのに。そうしたら椅子に座って
寝てためぐがプーッ、ププププー!!
アタマ上げて音がした自分のお尻を
見てるし!それが何度も繰り返して
おなかの調子が悪いのかなと以前
ゆりに買っておいたビオフェルミンを
やろうとしたら、みんな欲しい!↓

100602_2026~0003.jpg
猫のぽんまで一緒になって手を
出して大笑い!ほんとはあんまり
薬は飲ませたくないけどみんなに
1錠ずつあげた。もっと欲しそう!

おまけの写真↓
ネコ・バレーボールの選手になって
アタックする夢でも見ているの
だろうか?

100602_1902~0001.jpg

posted by ミチル at 22:02| 🌁| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする