2009年07月07日

ギリー・ポッチャリーと堅固の石

 犬たちの散歩ではトラックが来るとこのように道わきに
よける。めぐだけいつもフリーだから、トラックの音に
耳をすまして、遠くから聞こえてきたら素早く呼ぶ。ちゃんと
来る時もあれば〜、だらだらしてて来ない時もあるしぃ〜。
090707_0943~0001.jpg
そして、てんちゃん、リードを長くして行くことにしてから
わたしはもう、ほとんどぎっくり腰状態。あっちへぐいっ!
こっちへぐいっ!!てんちゃんは春さんの手作りご飯が良かったのか
全身女の子とは思えない、筋肉隆々、、、そしてわたし、贅肉
ぶるんぶるん・・・そんなてんちゃん、今日王さまが
下から放してもちゃんと玄関に行くよ、と言っても信じないので
今日はフンパツして、家に上がる道で放してみた。
ほ〜ら!誰よりも早く上がって行って、みんなを待ってるよ〜♪
090707_0949~0001.jpg
だけど、てんちゃんは午後わたしからこっぴどく叱られた。
それは、なにしろ無駄吠えがすごい。うちの元からいる
犬たちだって言えた義理じゃないけど、原因が(下を通る車とか
玄関に来た宅配便とか)立ち去ればやめる。
てんちゃんは意味もなく吠える、なにもなくてもずっと吠え続ける。
 春さんは犬たちに関して、犬に無理をさせないで接してきて
たから、てんちゃんの無駄吠えも叱っていなかったと思う。
でも、うちではやっぱり上のおじさまもいるし、お隣もふいを
ついて来るので、無駄吠えは困りもの。やっぱりやめてもらう
方向で行かないと共倒れになりかねない。

 ところで、銀花の散歩に出るときわたしはこのように小石を
ひとつ、ひろって手の中に持っていく。
090707_1021~0001.jpg
で、なにをするかと言うと、銀花が立ち止まり、太っているので
おなかとか背中とかかゆいとき、くいっと首をまげてかゆい場所に
ちょこんと口先を当てるだけでわたしを見つめ、わたしに
かいてと言うので。。。(爆笑)
090707_1020~0001.jpg
それがけっこう力を入れて、石のかどっこを使ってご〜りごり
かいても気持ちよさそうに頭をうなだれる。いつか、ずっと前
野村先生に風邪で点滴を打っていただくとき、先生がしきりに
「ロバは硬いなー、馬とは違うなー」とおっしゃりながら、
寒い時期だったにも関わらず、額に汗して点滴の針を打って
下さった光景を鮮明に覚えている。いつも手首が痛くなるほど
くしやブラシをかけているけど、なんだ、石が一番いいんじゃ〜ん(笑)

そんな銀花、8月の23日で(奇しくも先日亡くなった
春さんと同じ誕生日)6歳を迎える。ちょっとは女の子
らしくしてみようよ♪そこらにあった、トラノオをつけてみる。
090707_1025~0001.jpg

そして帰ってきたら久しぶりのお日様の下で放水〜♪
・・・セイケツは女の子のたしなみの第一歩のことよ!
090707_1055~0001.jpg
あらら、デコ・ニコちゃんが泣き出しちゃった?
090707_1019~0001.jpg

おまけの写真
犬たちのご褒美に使ってるビーフジャーキーがぽっけに
あったのでダイにあげてみたら、夢中で食べている。
好きだったんだね〜、またあげるよ。
090707_0951~0001.jpg
posted by ミチル at 22:56| ☁| Comment(4) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする