2009年05月18日

考えナシなゆり

 これは昨日の写真だけど、、、、、
yuria.jpgyurib.jpg
 道路の整備のせいで、堆積した土砂がかき出され
犬たちのちょうど良い水飲み場だった小さな沢は
水面まで1メートル以上になり、降りられなくなってしまった。
雨のあとはしばらく、岩から水が流れ小さな滝になっていた。
この先の野原でさんざん遊んだあと、犬たちは水が飲みたそう
だったけど、誰一人、滝の所まで行くやつはいなかった。
だが。。。
yuric.jpgyurid.jpg
行ったは良いけど、どうやって戻ろう?ほんとにゆりって
何も考えてない犬だな!見かねた野の子が助けに行ったが、
自力で戻ってきた。落ちたとしても水深はせいぜい40〜50センチ、
大きな土管を通って山の斜面に出られるから、次はダイビングしても
良いよ!
 
 だんだん暑い季節になって、水遊びが大好きなうちの犬たち、
でもこの道はどこにも降りられる沢も川もないね。もっと
暑くなったらまた車に乗って河原に行こう♪今日の日差しは夏のよう。
銀花は抜け毛と、ごろんごろんでバッチイので、ちょっとだけ
水浴びをさせた。今年初だなー。ホースを持つと逃げようと
するくせに、水をかけるとじ〜っとしてる。気持ち良いでしょ?
hatumizuabi.jpgasekoki.jpg
洗ったあと冷えないように着せるお洋服があるそうだけど、
銀花は持ってないので汗こきでよくぬぐってやる。
もっとも今日の日差しならすぐ乾いちゃったけど。

 今日の出来事は、子供部屋で暮らす5歳のぴみの耳の中が
がびがびしてることに昨日気がついたので、王さまが
獣医さんに連れて行った。もしか、耳だになどだと
うちみたいな多頭飼いは大変なことになる。診断の結果、
移る心配のない酵母菌ということ。うちの猫たちは拾った時
健康診断に連れて行くのだが、この、酵母菌という菌で
耳だにのようながびがびの耳の猫が何匹かいた。みんな
薬をつけてよくなったけど、たしかぴみも拾った時
そうだったんだった。今頃ぶり返すなんてどうしたんだろう。
でも耳だにじゃなくてよかった。もう少ししたら犬たちも
フィラリアの投薬が始まる。その前にてんちゃんはフィラリア
検査に行かなくちゃ。ここ何年か犬たちはもちろん、
(もとからほとんど獣医さん知らず・笑)猫たちも獣医さんに
連れて行かなくちゃ、と判断するような病気にならず助かる。
今年の冬もみんな風邪もひかなかった。やっぱりずぼらな
人間が飼ってると動物もずぼらになるのかしらん?(笑)

おまけの写真
16枚の文電がやっと完成した。でもやっぱり失敗〜。
どこがかというと、デザイン的に木の幹を伸ばしすぎた。
ぼちぼち展覧会に出せるようなもの織らなくちゃだなー。
16kansei (3).jpg
posted by ミチル at 21:49| ☔| Comment(6) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする