2009年05月16日

涙腺がゆるむ曲

 今日は第3土曜日で、整体の日。早起きしてみんなにご飯あげて
散歩行って、10時前に家を出た。それでも一本道が渋滞していて
11時に少し遅れてしまったけど、まだ誰も来ていなかった。
 先生に会うと、いろいろな心のうちの話ができる。でも
わたしの場合、背骨の状態からとっくの昔に、「頭は空っぽ、
おせっかい焼き、世の中で一番役に立たないタイプ」という
ダーティな部分をすっかり見抜かれているので(爆笑)
わたしが解決できないと思うような問題を抱えていても
まったく別の方向から光を当ててくださる。それに大人になっても
しっかり叱ってくださる先生でもある。ありがたいことだ。

 毎度おなじみ、家族そろって「食べ過ぎ」なのに、
なぜ、王さまは帰りに必ず、マクドナルドに寄るんだろう?
寄ればそれほどおなかが減ってなくても食べたくなるではないか!!

いつものホームセンターであれこれ、やつらのご飯やら
猫砂やら大人買いして帰宅すると3時過ぎ。犬たちにも
たまにはお土産。普段は牛の蹄だけど今日は牛皮のガム。
gazigazi1.jpggaziitigo.jpggaziten.jpg
↑てんちゃんなんか、白眼むいちゃって、必死の必死。
1秒でも早く食べないと取られちゃうと思ってるのかなー。
・・・否めない事実(笑)

 夕方の餌やりを早めに終えて、夕ご飯の支度までの1時間くらい
工房にいた。今わたしが一番かけるCDは大木トオルさん。
古いブルースの人で、たしか昔は山岸潤二さんなんかと
やってたのかなぁ。昔に聞いていたのは王さまで、うちに
LPがある。わたしは最近聞いてるけど何しろうまい。
うまいから心地よい。大木トオルさんはアメリカで唯一
認められたブルース歌手であり、また、日本でセラピー
ドッグを始められた草分け的な方だそうだ。その大木さんが
亡くなった愛犬ちろりにささげたブルースがこれ↓
tirori.jpg
セラピードッグにするのは保健所の、あと一日で殺される部屋に
いる子たちだそうである。このちろりも虐待されていたらしい。
ゆりと姿がだぶり、また歴代うちで亡くなった犬たちに
心がとんで、これを聞くとどうも涙腺がゆるむ。あ、鼻水も。

 つい、先日知り合いからメール。家の付近に野良犬がいる。
吠えるし噛まれる事故も怖いけど、犬に幸せになって
欲しい、ミチルさんならどうする?わたしは丁寧に狂犬病は
日本にはないし、野良犬にしたのは人間の責任なんだから拾って
やれないならせめて知らんふりをする、保健所には絶対相談は
しない、と送った。するとかつて妹が何もしてないのに
犬にかまれたことがある、噛まれることで大けがになる場合もある、
云々。わたしは犬が人を噛むのだって必ず理由があるし、
個人的ではなくても、犬、対人として、犬が噛まなくては
ならない事情は必ず人間が作っているのだ、と送った。
すると今度は蛇だって噛む、と来た。この時点でああ、ダマサレタ。
そして、自治会に相談してみます。。。自治会に相談したら、
中に犬嫌いな人は必ずいるから速効保健所に連絡だね。。。。。。

犬に幸せになってほしいんじゃなかったの?怖いなら最初から
野良犬がいて、怖くてしょうがない、どうしたらよいか、と
相談してくれれば別のアドバイスをした。結局自分の中では
どうするか決めていて、偽善な気持を満足させたいために
わたしにメールしてきただけではないか。
 動物が好きだろうと嫌いだろうと、怖かろうが怖くなかろうが
その人を判断する基準にはなり得ないし、動物が嫌い、怖いという
友達はたくさんいる。そうではない。許せなかったのは
偽善的な仏心の方だ。あなたと同じ価値観、感受性の方に相談すれば
よかったのに。この相談を受けたわたしは、あの野良犬は
どうなったかな、という思いをずっと持ち続けなくてはならない。
わたしがどんな気持ちで動物たちを飼っているかも知っているのに。
そう書き送って彼女のアドレスを受信拒否にした。
 ズルイことをされると、自分でもこんなにハラが立つのか、
と驚くほどハラが立つことに、おかげで気がついたけどね(爆笑)
posted by ミチル at 21:25| ☁| Comment(6) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする