2009年04月09日

馬たちの前髪

 今日もトラックが多い。すぐ上も昨日の工事の続きで
たくさん車が止まっている。それで下へ行くことにした。
何台もすれ違うトラック、テンちゃんハラバンドに両手に
ゆりいちごの王さまは無理なので、銀花を連れたわたしが
フリーのめぐ担当。トラックの音が遠くで聞こえると大声で呼ぶ。
めぐはすっとんで、というわけではないけど、一応近くに
来るのでトラックと競争のように焦るわたしは、すぐ
めぐの首輪をおさえ、もう一方には銀花のリードを短く持ち、
なるべく小さくまとまって3人でくっついて、トラックを
やり過ごす。トラックのおじさんたちもわかっているので
とっても減速してくれる。かつて、里にいたころ、県道を
歩いていたら大きなトラックにパニックになった銀花。
これも社会勉強だ。で、ひばの植林地でみんなで遊ばせる。
この下に見える部落が、秋山に来て最初に住んだあたり。
銀花も一緒にいたんだよ、覚えてる?
090409_0854~0002.jpg

 午後から馬たちに会いに行った。お昼過ぎだったけど
お向かいのおばちゃまが、馬たちにおからをあげてくださっていた。
今日のご飯は短く切ったわらに、おからを混ぜたものだった。
お食事中だったけど、わたしたちの姿を見ると寄ってくる馬たち。
小さい子は木曽馬の子供だそうだ。
090409_1404~0001.jpg090409_1409~0002.jpg
おばちゃまがずいぶんぶらしかけをしてくださったようで
持参したくしですいてもあまり毛が抜け落ちない。ところどころ
もう、下の黒い、梅太郎のいつもの毛の色が出てきていた。
090409_1407~0001.jpg
 では、お顔のマッサージ兼、ハンドブラッシングをして
あげましょうね♪♪
090409_1430~0001.jpg
気持ちよさそうにやらせてくれる梅太郎。ちょっと、前髪
あげてみましょうか。うちの銀花は普段自分でかけないところを
かいてやると、とっても気持ちよさがるので、同じように
してやったら梅太郎も気持ちよさそうに、よだれをたらし、
わたしの手に顔をあずけてくる。鼻筋はもちろんだけど、耳の付け根、
耳のさきっぽ、目の出っ張ってるところ、目がしら、頬骨のあたり、
おでこのたてがみの生え際、ほっぺた、つめにふけとかあかとか
つまって真っ黒になって、細かな毛がたくさん抜けた。わたしは
こういうことをするのが大好きなので、調子にのってごしごし
こすっていたら、白い粉で黒い顔が灰色っぽくなった。
 持って行った人参をふたりにあげて、また来週くるからね。

それから音二郎がいる厩へ。音二郎はやっぱり元気がない。
というか、会うたびに無気力になっている。今の音二郎を
春さんが見たら、きっと嘆くだろうと思ったら、動かせない
今の状態が本当に悲しくなった。今のわたしたちには
ぶらしかけと人参を持って行ってやることしかできない。
 今日は王さまがぶらしかけてくれるって。
090409_1446~0001.jpg
音二郎も前髪伸びたねー。ちょっとあげてみよう。
090409_1446~0002.jpg
↑こ、こいずみ元首相!?なぜ、ここに!?

090409_1447~0002.jpg
↑否!!よみがえったベートーベン!?(爆笑)

Mr小泉ベートーベン、王さまのくしかけはどうですか?
090409_1449~0002.jpg

 今日で春さんが亡くなった日から3か月が過ぎた。
わたしの頭のなかは、毎日、どうしたら馬たちを1日も早く
出してやることができるのか、そればかりがぐるぐる回っている。。。

 それからおじさまのお肉屋さんへまわった。おじさまも
だいぶお元気になられ、気力も戻ってこられたようだが
やっぱり話題は春さんのことばかり。違う話をしていても
おじさま、王さま、わたしがいたら、すべてが春さんの
思い出につながってしまう。。。馬たちの前髪が伸びたから
切っても良いですか、と伺うと、切ったらいけないと教えて
いただいた。どういう理由でかはおっしゃらなかったけれど
昔からの理由があるようだった。目にかかってうっとうしそうに
見えるけど、それは人間の側からの見方だものね。
しっぽの毛などもどうしても切るのなら特別なやり方で
すいてやるのが良いそうだ。聞いて良かった、来週は
はさみを持参しようと思っちゃった。
posted by ミチル at 22:30| ☔| Comment(6) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする