2009年02月26日

かわいい馬たち

 さきほど、昨日お知らせしたアンビリーバボーを見た。
ゆきこさんが死なせてはなるものか、という一途な思いだけで
助けたダイちゃんの命、そしてその命を、ゆきこさんは
夢をあきらめないこと、尋常ではないご努力で、さらに
輝かせてあげた。春さんが梅太郎を救い出した経緯とだぶって
家族と見たので涙をこらえるのに必死だった。そして決して
あきらめなかったゆきこさんの姿に、わたしも背中を押して
もらったような気がした。ゆきこさんとダイちゃんにありがとうと
言いたい。そしてこの、二人の物語を春さんにも見せたかったな。

 今日は王さまが行かないでわたしがスイミングへ送った。
いつものようにおじさまのお肉屋さんに寄ったけど、早々と
カーテンがしまっていた。すぐ近くのおじさまのお宅へ寄って、
昨夜作った大根の煮物と昆布の煮物を置いてきた。おじさまは
男だからそういうそぶりは見せないけど、春さんを失って
一番こたえているのは本当はおじさまだと思う。わたしたちの
顔を見てもしょうがないのだけど、毎週木曜日はおじさまの
お肉屋さんへ寄るようにしている。それから馬たちに会いに行った。
馬たちはお食事中。ワインのプラスチック製の、大きなワイン樽を
横半分に切った大きな飼い葉桶にはおいしそうな牧草と、おから、
麦、ふすまが入っている。寒くて馬たちの鼻息が煙を吹いて
いるように白い。
090226_1708~0001.jpg090226_1704~0002.jpg

梅太郎も音二郎もお食事中。音二郎の方はもう食べ終えたかな。
お食事真っ最中の梅太郎、それなのにいつになくおだやか。
普段なら食事中は近寄ったら、絶対怒るくせに。持って行った
にんじんをふたりに食べさせた。
090226_1706~0001.jpg
梅太郎は後方が気になるのか振り向いてばかりいる。ぐるっと
まわってみたけど別に何もない。ねずみでも出たのかな??
こんな間近で、なでなでして、にんじんをあげるわたしの手を、
気遣いしてそうっと受け取る。銀花より、良い子じゃ〜ん!!
090226_1707~0001.jpg090226_1707~0003.jpg

おまけの写真 
今年はどうしようか迷ったけどお雛様を出した。これ。
090226_1116~0002.jpg
そしてこれは、棚の上ブースで、あまりにおかしいかっこで
寝てる猫たちの写真を写そうと、棚に足をかけたとたん、
落っこちたわたしをびっくりして見下ろす猫ども(爆笑)
090226_1136~0001.jpg
くそ〜〜〜!!
posted by ミチル at 22:13| ☁| Comment(4) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする