2008年11月10日

銀花の削蹄

 猫(ちゃい)も、ジャーの上に寝て、ポットを枕にする
寒い朝・・・
081110_0936~0001.jpg
 今日は銀花の削蹄の日。装蹄師さんとしても、
ウェスタン乗馬の方でもかなり有名な、ウエストウインドランチの
坂下さんに来ていただく。今日はなんと、奥さまもご一緒。
奥さまのゆう子さんも日本で屈指の馬乗りの方。
ウエストウインドランチ↓
http://wind.ap.teacup.com/ranchblog/
(おふたりの動画があります、必見です!)
ゆう子さんの書かれている記事はわたしたち素人には
できないことでも、とってもわかりやすく、
素人が納得できる内容で書かれており、「ちょっと似たこと」は
できそうな気持になり、参考にさせていただいている。
馬を否定するのでなく、こういう時は人間の方でこうする、
というスタンスが読んでるだけで楽しい。
わたしはいつも非常な尊敬の念を持って読ませて
いただいているので、雲の上のようなゆう子さんに
なでなでしてもらってる銀花に、軽い嫉妬を覚える(爆笑)
081110_1136~0001.jpg
今日はすんなりこの場所に、自分から入ったのだが
まぁ暴れる暴れる!以前何かの本で、片足を固定していても
きかない馬だと片足になっても蹴りあげるから要注意と
読んだことがあったが、まさに「きかないロバ」なのね。。。
081110_1136~0002.jpg
 でも、そこはさすがなお二人である。やたらめったら
押さえるしか能のないわたしたちに、押さえる、または
ゆるめて褒める、きちんとしたタイミングを教えてくださる。
もう、いちいち、目からうろこ!
 緊張のかたまりと化した銀花は、寒いのに文字通り汗びっしょり、
首筋から汗が水滴になってしたたり落ちた。これは
暴れてるせいでなく、精神的に緊張してるからだそうである。
そして、緊張も時には必要とのことを教えていただいた。
うちみたいに、かわいいかわいいで、生活の中でメリハリを
つけてやらないと、馬(ロバ)は群れの生き物だからいつまで
たっても主を主と認めようとしない。。。ぜんぶ、うちだー!!(笑)
 馬とともに生きてこられた方たち。ロバとともに
これからも生きていこうとしているわたしたち。たくさんの
ことを教えていただいた。まだまだ足りない、そして
それをきちんと実行できないことには話にならない。
明日から、狭いけど、また追いロバしよう。

 汗をかいたのですぐお洋服を着せる。きれいにして
いただいた、かわいいロバの蹄。
081110_1301~0002.jpg

さっそく散歩に行く。今日のおともはめぐだけ。
のんちゃんは押さえなかったから好き?(笑)
削蹄していただくと2〜3日、小またというか、
歩き方がぎこちない。それがまたかわいい。
081110_1439~0001.jpg
坂下さんたちのお話に感化された王さま、
珍しく積極的、よし、さっそくおれさまが乗ってやろう。
081110_1455~0003.jpg
さっきの今だから、従順に歩く。でも王さまはいまいち
気が弱いなー。明日からはわたしが乗ってやるぜ、
待ってろよ、銀花!
posted by ミチル at 20:28| ☁| Comment(10) | ロバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする