2008年08月30日

感受性は許容範囲

世の中好き好き。この言葉が好きだ。みんな同じじゃ
コワイじゃないの。それに感受性は本当に人それぞれだと思う。
自分にとって受け入れれるものが「正しい」のではなく、
「合う」ということなのだろう。同じことがあっても
感じる心はそれぞれだ。世の中一般の常識とか、善悪とかに
縛られることはあっても本当は真っ白に自由なはずだ。
 
たとえば動物好きな人、そうでない人。そんなことは
わかりきったことで、別に動物が好きでない人も
友達にたくさんいるし、中には大好きな人もいる。ただ
動物好きだと話がしやすいだけ。それは嵐が好きなら
話が合うのと同じ(笑)その辺をよく誤解される。私が
大の動物擁護派、それ以外は許せん!と思っていたと
昔言われたことがある。それって私が未熟なだけですから。。。
動物が好きじゃないなんてのは友達になるのに全然
支障はない。許せないのは罪もない動物の命を
命と思ってない輩だけだ。知らないでする虐待も、ある。
 
かわいいかわいいと言いつつ、真夏の炎天下、庭に
平気でつながれていたりすると、相手を傷つけずに、
最良でなくても、相手のできそうな方法を
提案することにしている。そして何か頼まれたら
できる範囲でサポートするようにしている。
よそのうちのことだけど、でも私にできそうな
ことで、できることがあれば、動物って人間よりずっと
弱い命だから、強い人間が守ってやらなくては
ならないと思うのだ。今までいろいろいやな目にも
あったけど、自業自得だからしかたない。

むしろ、好きじゃない、嫌いと言ってた人がのっぴきならぬ
事情で引き受けざるを得なくなった動物に、いやいやでも
接しているうちに、惹かれるようになり、魅了されていく
過程は、最高に好きなシーンでもある。母方の亡くなった
叔父は、動物が大好きだった祖父母、兄弟姉妹の中で
ただひとり、動物が大嫌いなのが有名だった。ところが
ある日いとこが捨て犬を拾って来た。おじちゃんは
渋い顔をしながら仕方なく毎日散歩に連れて行った。
おじちゃんに言わせると猫よりもまだ犬なら良い、
と言っていたがおじちゃんはいつの間にか、おやつなし、
もちろん体罰一切なしですごいおりこうにしつけていてびっくりした。
相当な信頼関係がなければできないことだろう。その犬は
家族のだれよりもいつもおじちゃんにいつも寄り添うように
なった。それから今度はまたいとこが貰い手のない猫の
赤ん坊を貰って来た。おじちゃん、大丈夫???と
思ったら同じように猫にもぞっこんになっていた(笑)
それでもおじちゃんは動物は嫌いだ!と意地のように
言って私はいつも笑いをこらえていた。また
村友の一人は動物が大嫌いだ。というか、怖くて
見ただけで本当に鳥肌が立つ。でも、子どもたちは動物が
好きだからと、兎を飼い始めた。怖くて怖くてたまらないと
言いながら餌をあげたり世話をしている彼女を見ていると
私たちより彼女の方がずっとすごいと思う。そして
そいういう非常な困難を乗り越え、子どもたちのために
していることを子どもたちは見ているだろう。これが
本当の教育ではないか、と私は彼女を尊敬しつつ思っている。

 うちは・・・生まれた時から動物だらけだった。
子供は有無を言わせず動物に囲まれて育った。それが
良いことか悪いことかわからない。周りの人は
やさしい子に育つとかいろいろ褒めるけど必ずしも
そうとは思えない。うちの場合あまりに大変過ぎるから
野の子は大人になったらネコかイヌを一匹だけ飼いたいと
言っている。それに、親の方が熱心すぎるから
世話も思いのほかしないのだ。普段、猫たちはおとなしい
メスを4匹だけ、野の子の子供部屋で飼っているのだが
おとなしいからと部屋を猫仕様にしてなかったものだから
結構毎日ウンチもらしただのゲーしただの、部屋の主としては
嬉しいことばかりでもない。そこで・・・
080830_1228~0001.jpg080830_2052~0001.jpg
子供部屋の猫たちには専用のソファをおいているがどうしても
やっぱり、せまっこい場所が好きで棚の隙間に入って
寝て学用品にゲーされたり、毛だらけにされたり。。。
この猫ハウスを隅っこ大好きななに買ってきてみた。
棚には今王さまが扉を制作中だ。もっと早くやって
やるんだった。汚い、掃除しろと叱ってばかりいて
悪いことをした。自分たちはしっかり猫仕様にしてるのにね(笑)
080830_2051~0001.jpg
しつけ的には良くないらしいが、いつも椅子の
上で寝てるいちご。しつけが悪いけどかわいいから許す!(笑)
お前にも猫ハウス買ってこようか?

posted by ミチル at 23:20| ☔| Comment(15) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする