2008年08月21日

久しぶりの野の子

 12日から私の実家に泊まっていた野の子が、昨夜遅く
幸ちゃんと一緒に帰って来た。動物たちはうれしい。
今日はトラックが多く、犬たちの散歩のあと、銀花は
どうしようか迷ったが見通しの良い、下に下る方へ
連れて行った。犬たちと一緒に行かれないから
やっぱりロバだって、連れ出してやらなかったら
面白くないだろう。
080821_1127~0001.jpg
野の子にもかじらない。このあと野の子のほっぺたを
なめた。なんでかじらないんだろう。かじってみな!
(↓憑依・ヨーダにも注目!)
080821_1145~0001.jpg
腕に口を無理やり入れたら押し出すように顎を
動かした。いったい、どうしたんだ銀花!?野の子まで
また、風邪ひいて熱でもあるんじゃないの?と、言う(笑)

 お昼を食べすぎて荷物運びに行くつもりがなかなか
動けない。動けなくなるまで食べるなという声が・・・
和室でごろごろしてたらダイが珍しく出てきた。
すぐ、扉を閉める!小屋に入れないと、ダイは
私のそばにきた。それもめっちゃ、近距離。
不安そうに大口をあけている。でも、小屋に入れない→
不安→私のそばにいる、は、もしかしたら少しでも、
私を信用してくれてるってこと?
080821_1303~0001.jpg
野の子が寝転がると・・・
080821_1314~0001.jpg
あ〜らら!ポケットから何か取り出したよ!
080821_1307~0002.jpg
おねえちゃん、毛づくろいしてあげるね♪
080821_1310~0001.jpg
拾ったばかりの子供だった時、ダイはしょっちゅう
こうして野の子と遊んでいた。去年の夏の自由研究は
カラスの研究だったくらいだ。ダイは過去のことを
覚えているのだろうか。

 2時頃になって、やっと重たい尻をあげて、前オーナーが
オサレに窓際においていた、籐の椅子とテーブルを
軽トラに乗せてあちらへ運んだ。ちょうどけんちゃんたちも
来ていて、お仕事真っ最中。客間のイス一客と、
外回りの荷物を少しだけ積んで、キャンバスを
もらってくれるというのでこちらに一緒に戻った。
ついでなので、先日整体の先生のおうちからもらってきた
布団も引っ張り出して持って行ってもらった。
 そんなこと言ってる場合じゃないんだけどおぉぉ、
普段なら年に数度しか会えないけんちゃんとさとこちゃんに
こんなに頻繁に会えて嬉しいなー!!

今日で夏休みはおしまい。明日からまた時間にしばられる
生活に戻る。でも・・・うちの場合その方が良いような
気がするような気が、しないでもない(笑)
posted by ミチル at 21:27| ☁| Comment(14) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする