2008年08月19日

銀花の思い出

 お盆休みも終わり、今日から幸ちゃんもお仕事。
野の子もいないし、昨日までの賑やかな日常から
いきなり、一人の時間になる。お仕事な幸ちゃんは
銀花の散歩までは付き合ってくれないというので
トラックが来てないみたいだし、犬たちと一緒に
連れ出した。この風景、なつかしいな。でも今日は
おやつは煮干しじゃなくてジャーキーだから
銀花は食べられないね。明日出られるようなら
unikenさんからいただいた煮干しを持って行こう♪
080819_1020~0001.jpg
一度に行くにはこれで限界。チャッピーはこのあと
私が一人で連れて行った。うるさい連中がいなくて
なんだか嬉しそうだな。
080819_1040~0001.jpg

 犬たちも猫たちも、銀花もダイも、うちに来る前は
どんな生活をしてたんだろう。下の春さんのコメントを
読んだ時、銀花がうちに来たころのことを思い出した。
ストレスを与えないよう、気を使って接していたら
1週間後突然、豹変して私はぼろをとる熊手を持ったまま
銀花に柵の隅っこに押しやられた。以後、かむける君と
化し、今のようになるまで、にそれはそれは苦労をした。
あの、うちに来た時のしょんぼりしたような、けなげな
銀花に対してでも、馬を知っている春さんやゆーじさんなら
絶対、同じことにはならなかっただろう。やたら厳しく
力で抑えつけて上下関係を教えるだけがやり方ではない。
 どちらがボスか、理解させつつ、友達でいることは
できる。それはうちのめぐたちが、きちんとした
お勉強を教わったにも関わらず、今だに大石先生が
大大大好きなことを見てもわかる。昔は力を行使し、
力づくで痛い思いをさせながら、犬を従わせることが
主流だったのではないか。今でもそれがしつけと信じてる
人は大勢いると思うけど(ゲンの飼い主なんかそりゃ
ひどいもんだった。堂々と公言していたもの)
私の周囲には一人もいない。

 結局その後の銀花は(今も継続中・笑)人間には
かなわないんだよ、ということを、引きロバをすることから
理解させて行った。今も忘れもしない、真夏の暑い午後、
春さんが銀花を2時間も柵の中で追い回してくれて
(追い回すというより、銀花を逃がさないように円を
描いてぐるぐるまわった)その間絶対かじらせない、
止まらせない、円から逃がさない。そして終了直後
なんと、リードをつけさせて頭を下げて春さんの後に
したがって庭を歩いた時は本当にびっくりした。
春さんは銀花に主導権を渡さず、主導権は人間の側に
あることを教えてくれたんだと思う。
 それから少しずつ銀花は私たちの言うことを聞くようになり
今に至っているが、最初の失敗がこんな苦労を産んだ。
今までどれだけ銀花にかじら、けられ、あざになったことか。
今なら笑い話だけど本当に苦労した(大爆笑)だけど、
その時の、何でもないことでもできなかったことがひとつずつ、
できるようになった喜びは何物にも代えがたかった。
いつも手探りで、銀花の状態を見ながら、春さんや
ゆーじさんに相談に乗ってもらった。めぐの場合も
そうだったけど、スイッチが入ってひとつ理解し始めると、
副産物のように、教えてもいないことまで改善されていた
ことがたびたびある。動物を飼うことは楽しいことだ、と
心から思う。

ビーママはあれだけ頭が良い子だし、これから人間と
友達になれることをゆっくりでも理解し、その中で
家族の関係を察知さえすれば、すごく良い犬になるだろう。
がんばれ、チョコちゃん!!

今日も暑かった。午後雷がなって少しだけ降ったけど
すぐやんじゃった。日中の猫はダレダレ。
名づけて「暑い日のアン・チョビー」
080819_1302~0001.jpg080819_1303~0001.jpg080819_1303~0002.jpg



posted by ミチル at 23:29| ☔| Comment(12) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする