2008年08月13日

うれしかったこと3つ

 いつものお盆休みでロバ師匠のゆーじさんが
泊まりにきた。今回は本当に何もおかまいできないけど
それでも来てくれた。おもてなしもできず、心苦しいが
やっぱり顔を見たら嬉しい。ちょうど銀花の牧草が
なくなり、いつもの春駒屋さんのおうちまで取りに行く
ことに。途中で昨日のママビーの顔を見に村友の家による。
骨っこを渡したら、あんな顔して私には触らせて
くれなかったから気になっていたのだが、今日はもう、
熱烈歓迎、一色。さらにゆーじさんにこの通り。
080813_1452~0001.jpg
ゆーじさんは馬の人だから、右足はもしもの時の
逃げる用意。
080813_1449~0001.jpg
ところがママビーのおててがちゃっかり、阻止(笑)
080813_1448~0001.jpg
昨日のあの威嚇はなんだったんだ、と思うくらいの
ニコニコ笑顔、初対面にはなつきにくいはずが
ゆーじさんに最初からべたべた。この子は2年も
放浪し、この子の中では人間は利用できるか利用できないか
(害を与えないか与えるか)のどちらかしかいなかったのだろう。
今、村友の家に1か月ちょっと、暮らし、少しずつ人間は
友達にもなれることを学んでいるんだなと思った。
ママビーの気持ちが伝わってきてなんだか嬉しくなった。
こんな笑顔、いつも気持ちを楽にしていいんだよ。
これからお前が会うだろう人間は、みんなお前をいっぱい
愛することしかないんだよ。

 ひどい夕立ちだったがすぐやんでしまった。気温は
幾分下がったがまだ暑い。帰宅してから幸ちゃんが唐突と
銀花を散歩に連れ出そうと言い出した。だって、坂のところに
手すりつけてないじゃん。え?誰がそんなこと言ったの?
もう、腹がたつ、回遊魚め!!(笑)今日はゆーじさんも
いるし安心だな!
080813_1712~0001.jpg080813_1724~0001.jpg
銀花うれしいね!ほとんど1年ぶりだものね!久しぶりの
散歩に銀花は緊張気味。歩いているうちにいろいろなことを
思い出した。隙をみつけてどこかしらちまっとかじろうと
しながら歩いていたのに、今日は全然そぶりもなく、
ぐいぐい引っ張りもしない。ほーでとまり、顔を向けて
草を食べさせたりしながら、従順に歩いた。途中、車と数回
すれ違ったけど、落ち着いてやり過ごせた。そうだよね、
こうやって銀花とめぐと私の3人で、毎日お散歩行って
たんだよね。本当は楽しかったのは私の方かもしれない!
posted by ミチル at 22:58| ☁| Comment(8) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする