2008年06月29日

捨て犬地域

 子犬たちのことがあったり、すごい久しぶりに都内に
出てクラス会があったり、なんとなくあわただしかった。
 子犬たちは朝一で連絡が来て、全員里親さんが決まり、
本当にほっとした。こんなことは、多分周りを見回せば
日常茶飯事で、今回友達が救ってくれた子犬たちは
めちゃくちゃ運が良かったのだと思うと、心の底から
切なくなる。助けてやりたい命はたくさんある。しかし
全部が全部、救われるわけではない。友達の住んでいる
村のはずれの部落は常時と言ってよいほど捨て犬がいる。
それも、みんな何だか立派な犬が多い。友達が
前々回、飼ってくれたのは珍しい猟犬の、何とかという
日本ではまだ珍しい種類の犬だった。(すみません、
ワスレマシタ)この子はまるで誘拐されたように
消えてしまい、散々探したが足跡ひとつ見つからなかった。
次は年はとっていたが、大きな白い紀州犬だった。
 
今回の子犬たちのお父さんの犬も立派な甲斐犬で
私は一度友達の家で会ったことがあった。控えめで
さくらちゃんがふざけても全然怒らず、食客になって
いたが、さくらちゃんが食べ終わるのを待って食べていた。
そんなデキの良い犬をなぜ、捨てるのか。デキの悪い犬たちに
苦労してる者としてはそのことから、理解できない(笑)
そしてそんな、良い子はカンタンに捕獲檻につかまって
しまうそうだ。捨てた人は犬のことはもちろん、
人間のことも、まったく考えていない大バカヤローだ。

 子犬たちは決まった。残ったのはお母さんのビーグル。
今友達の家につないでくれているという。昨夜子犬たちを
連れてくるのに、一家が寝床にしていたお寺の床下に
子犬2匹がもぐってしまい、捕まえることが出来ず
困っているとお母さん犬が連れ出してきたそうだ。
お母さん犬は友達を信じてそういう行動にでたのだと
思うとけなげで必死さが伝わってくるような気がした。
そしてお母さん犬も相当頭が良いのではないだろうか。
その犬には里親が見つかっていない。大人のビーグルのメス、
誰かいたら、教えてください。写真が来たらまた貼ります。

 そんな、世間の風も知らず、うちの犬たちはこんな
080629_1808~0001.jpg
後ろの方でぺと、ミー太が様子を見てる。
実はテーブルの上にチーズたっぷりのパンが
乗っているのでした(笑)
080629_1807~0001.jpg



posted by ミチル at 22:22| ☔| Comment(6) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決まったそうです!

子犬たち4ひきとも里親さんが決まったそうです!皆さんありがとうございました。あとはお母さん犬です。また写真もらったらはりますので大人のめすのビーグルですがどなたかいらしたらよろしくお願いします。
posted by ミチル at 12:53| ☔| Comment(8) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

里親募集の子犬たち

帰りの電車の中で保護してくれている友達から
写メールが届いた。新聞に載せたら里親さんが
見つかり、遠くから引き取りに来たという。
黒い子の写真がないから先の写真で一匹だけ
写っていた子がもらわれていったらしい。
明日、譲渡会に連れて行ってくれるそうだ。
残った子たちにも優しい里親さんが見つかりますように。
この子だけ女の子↓
200806281816000.jpg
後の3匹は男の子だそうです。引き続き、
こちらでもどなたかいらしたらよろしくお願いします。
200806281859000.jpg200806281916000.jpg200806281930000.jpg
こちらでも引き続き、どなたか、この子たちを
救ってやれる方がいらっしゃればご連絡お願いいたします。
近隣でしたらお届けいたします。


posted by ミチル at 01:07| ☔| Comment(2) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラス会

今日。。って昨日になっちゃったけど、久しぶりに
都内に出た。さて、どうやって行こうか。まずは日本橋。
高島屋で私たちの仏像彫刻の先生の展覧会を見に行く。
 夕方からは新宿の高層ビルで高校の時のクラス会。
場所が2ヶ所ということは、車での移動は大変だ。
で、幸ちゃんの実家まで車で行ってそこからは
バスと電車を利用。普段バスはもちろん電車も
乗ることがないので、東京駅に着いた時点ですでに
疲れる。東京の人は田舎に住んでる人たちより
ずっとたくさん歩いているんだなあと思った。

展覧会場では久しぶりに先生にお目にかかり、
すばらしい作品にしばしうっとり・・・工房が完成したら
また彫刻もやりたくなってきた。それから少し、
銀座を歩いて例のパンを買って、新宿に向かった。

新宿は私は昔からなじみのない町で、世話役の友達が
親切丁寧に地図や行き方をメールで送ってくれたのに
全然わからない!おまわりさんに2回も聞いてやっと
到着した。デザインの先生がこのたび
アメリカに永住することになり、その送別会もかねて
いたのだが、当時30代後半だった先生方も60後半。
油絵科を目指していた私は、めっぽうデザインが
苦手で、とてもデキの悪い生徒だった。先生、忘れたかな?

 久々に会う、友達もあの頃を髣髴させるもやっぱり・・・
みんな、立派なおばさんだ。長く会ってなくても
若い頃、はじもへったくれもなく、3年間、ともに過ごした
友達とは、30年の壁が一瞬で消える。お店の一番奥の、
大きなテーブルの何と、うるさかったことか。
遠いので一足先においとましたが、本当に楽しかった。
次はいつ会えるかな。。。そして、先生、
アメリカ行ってもどうぞお元気で!
080628a.jpg

11時近く、帰宅すると、銀花の遠吠えは山々に
響き渡り、犬たちの熱烈歓迎にリビングの扉が
あけられない!みんな、ご飯を多めにあげて出たけど
おなかが減ったよね。すぐご飯をあげて、トイレを
掃除して、ただいま!長い時間お留守番ありがとう。
ダイは今、私の背中のところでシャツを持ち上げて
お肉をつついております、痛いからやめて〜!
posted by ミチル at 00:59| ☔| Comment(4) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする