2008年06月12日

やっと終わった親子レク

 先日風邪を引いた猫、つる君とピー太郎。獣医さんへ
行って、早く回復したかに見えたピー太がまたぶり返し、
昨日も今日も、獣医さん通い。目がぐちゃぐちゃで
食欲がない。抗生剤でなく、抵抗力を高めるインターフェロンの
注射を打ってもらってきた。誰かしら具合が悪いと
一日、何をやっていても気にかかる。早く良くなってくれ。

 そんな中、今日は午後から学校。小学校最後の
親子レクがあり、私と幸ちゃんは、工作の講師を
引き受けていたので、準備を整えて行って来た。
なんでそんなこと言うのかなーといつも思うが、
「子供たちのやりたいことを、子供たちに考えさせて
やらせてやりたい」親が多いので工作だけでも
時間がかかるのに、さらにゼリー作りやら
お好み焼き作りやら。。。全体の行事があるたび、
基本的な考え方が私ひとり、ひどく違っていることを
実感する。子供のために、がどこか違って感じる。
 そもそも、仲良しの親たちと、個人的に
お付き合いすることはあっても、全体的にかかわりを
持つのは最低限にしたいとなぜ思わないのか不思議だ。
それでも、かたくなに1人で反対してきて、恒例の
「6年生は親子総出の、一泊のキャンプ」が阻止できたことは
良くも悪くもひとつの前例を作ることはできたと思う。
休日に親も子も全員そろって一泊キャンプ・・・
なにが楽しいのかさっぱりわからない!当然夜は
お父さんたちのお酒も入るのだろう。

先生たちだって大変だし、そもそも、事前の実踏も
なしに、大人数でよそへ出かける危機感がカイムなのには
私も母もいつも驚いている。これだけ物騒な世の中で
何かあった時の責任問題とか、誰も考えないのが
不思議でしょうがない。それだけのんびりしたところ
なのだろうが、昨今、のんびりした場所だって
事件は起きる時には起きるではないか。
なにはともあれ、頼まれたすりガラス作りは
親も子も、楽しんでもらえたようで、肩の荷が下りた。
080612_1431~0002.jpg

無事終えてどっとくたびれて5時ごろ帰宅。雨は
上がって、犬たちがじ〜っと顔を見ている。仕方ないので
散歩に連れ出した。今日はチャッピーも、私ひとりだったけど
みんなと一緒に連れて行った。めぐも、ほら、ちゃあんと
無視してくれる。
080611_0915~0001.jpg



posted by ミチル at 23:41| ☔| Comment(12) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする