2008年04月21日

篭城攻めの小さなけもの

080419_2216~0001-0001.jpg080421_2052~0001-0001.jpg

 今日も大工のおじさんたちが3人で来て朝早くから工房の
仕事をしている。やっと水曜日が建前になるのだそうだ。あちらの
家の建前の時のように、酒盛りなどにしないで、ちょっとした
折り詰めとお酒を渡しておしまいにしようと思う。急だったが
いつも銀花と散歩に降りた料亭に電話して、人数分の折り詰めを頼んだ。
つい、この間建前したばかりなのにねーと言われる。ほんとにそうだよ!!

あちらの家は建前を終えてから半年たっても放置され、結局
引越しができたのは、壁が青いシートで家屋自体半分しか
出来てない状態で、建前から1年以上たってからだった。
こちらは予定では5月の末には完成することになっている。
 家なんて一生のうち何度も建てるものではないのだろうけど
もう、いい加減うんざりしている。だからさっと決めてさっと
入れるマンションとかいいな〜と、時々真剣に思う。ロバも
室内で飼って良くて、においとかもうるさく言われないマンション、
どこかないですかー?(笑)

幸ちゃんは午前中からあちらの家のゴミ出しに行った。
ミチルは来ないの?と言うので、だって、私、行きたくないよと答えたら
何子供みたいなこと言ってんだと怒られた。だから言った、
コドモだも〜ん。。。「二度ワラシ」という言葉があるではないか。(爆笑)
で、ほとんど10ヶ月ぶりに髪の毛を切りに行って来た。髪をブラシで
とかすのが異常にキライなので、ひどい状態になっていた。
後ろ頭にはレゲエのおっさん様の毛の塊まで出来ていた。
 どうせ、また何ヶ月も行かれないんだし、これから暑くなるから
ちょっと短めにしてもらった。家族にはいつも不評だけど
自分的には人が寄ってこなさそうで、変わり者と見られそうで
ヒジョーに気に入っている(爆笑)

午後帰宅しておじさんたちにお茶を出していたら幸ちゃんが
帰ってきた。あちらの家の床一面、ひどく汚れていて、なんだろうと
調べていたら、薪ストーブの脇に蒔き入れに使っていたケースの中に
小さなけものが寝ていたという。床一面の汚れはウンチ。前々回行った時、
忘れ物をとりに入った野の子がきちんと扉を閉めなくて、10センチくらい
開いていたので前回行った時、幸ちゃんがきちんと閉めて鍵をかけたそうである。
ということは、ずっと閉じ込められていたわけだ。衰弱していたようで、
幸ちゃんを見てもさっと逃げず、箒で追って外に出したという。
いたちかテンではないかとのことだが、台所ではせっけんがかじられて
いたらしい。食べるものは何もなかったのでかわいそうなことをした。
今頃やっと、外に出れて体力が回復してると良いのだが。。。
posted by ミチル at 21:57| ☁| Comment(2) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする