2008年04月19日

なつかしい河原

0804kawa 048.JPG0804kawa 043.JPG0804kawa 019.JPG

 起きたら床にピンク色のスポンジ?何か、おもちゃの切れ端の
ようなものが落ちている。近くで見て手にとって見ても何だか
わからない。爪あとだの、かじりあとだの、さんざん痛めつけられて
放置されていた。うちの猫たちは食器洗い用のスポンジが
大好きなのでどこからか持って来たのか知らん??でもうちに
こんなスポンジあったっけ?

リビングに降りてわかった。それは昨日町で買ってきたドーナツの。。。
変わり果てた姿だった。箱の中に残ったものを見ると、引っかかれたり
かじられたり、中身のチキンだけ抜き出されているものもあった。
・・・不覚だ。テーブルにおいたままだったのは。だけどまだ残っていたから
良しとしよう。で、猫たちの食べ残したドーナツをみんなで食べた(爆笑)

最近早寝の犬たちをちゃんとチェックして、深夜になると猫たちが
み〜んな居間に下りてくるようになった。犬も猫もみんな仲良く
雑居暮らしが理想だから嬉しいことだけど、猫たちのいたずらを
考慮していなかった。あちらの家のキッチンは猫たちのおかげで、
築15年くらい風貌になっていた。こちらでは猫たちが来なかったので
徹底した猫対策を施していないのだ。居間に降りると床にはさらに、
いろんなものが散在している。コンセントから引かれ、コードがこんがらがってる
携帯の充電器、そして幸ちゃんの携帯は、無残にも電池パックがはずれ、
それぞれ別々の場所に転がっている。犬たちもまぬけだなー。
これだけ猫たちが好き勝手に暴れても、寝てたんかい!
。。。まぁいいけどね。

 少しお日さまが顔を出したので今日は以前よく遊びに行った広い
河原まで行ってみた。この家とあちらの家は林道を通れば
村道に降りずにつながっている。あちらの家から20分くらい
奥に入ったなつかしい河原。周辺も自然林なので美しく、
春も秋もここに来るのが楽しみだった。今日は逆側から行ったわけだ。
川幅の割りに水深が30cmくらいしかないので流れが非常におだやかで
小魚が泳ぐかわいらしい小川は先の台風でか、形相がすっかり変わっていた。

大きな岩が転がり、増水した時に流された木が引っかかったまま
あちらこちらに点在し、一面に生えていた葦はすっかり消えて、
密生していた雑木もほとんど流されたりなぎ倒されていた。
川の形態が変わったせいか流れも急になり、全然違う河原になっていて驚いた。
だけど犬たちにとっては久しぶりの川遊び。大喜びでじゃぶじゃぶ入って、
水しぶきをあげて走り回っていた。
いつの日か、この河原にまた銀花も連れてきてやりたいなー。
 
posted by ミチル at 23:03| ☁| Comment(6) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする