2008年04月13日

霧の散歩

080413_1241~0001-0001.jpg080413_1244~0001-0001.jpg

 予定のない、日曜日。曇り空だったが、犬たちを車に乗せて
トンネルの方に散歩に連れて行った。トンネルの手前に車を止めて
歩き出す。めぐは野の子だけだと心細くて、私を待っている。
めぐといちごがすっとんできた。しかし、ゆりがなかなか来ない。
手前に沢があるのでそこで水を飲んでいた。何度も名前を呼ぶ。
トンネルの中で大声を出すと巨大浴場のように、よく響く。ところが
来ない。とうとうトンネルを出てしまったがゆりは来ない。

呼んでも来ないやつなんか、おいてっちゃお。はじめ後ろを
気にしていためぐもいちごももう、まったく気にもしてない。
どんどん、先に行って今日はとうとう、道が終わるところまで来た。
トンネルから1、5〜2キロくらいだろう。この先は出来てない。
というか、うわさによると、予算が下りないから出来ないらしい。
ここまで作るのにいったいいくら使ったんだろうなー。大金かけて
良い、犬の散歩コースを作っていただきありがとうございます。

道は途中から砂利道になり、さらに行くと山に突入。そこからは
杉の間にうっそうとした細い山道が続く。甲州街道につながる
予定だった道は、ここで限界に達したらしい。少し先に行ってみる。
 見晴らしの良い場所でもあるかなと思ったが今日は霧が立ち込めて
風景どころか100m先も見えない。早々に引き返して
歩き始めたらゆりが走ってきた。もう、おばか!一本道だから
迷うことはないけど、今までどこで何をしてたんだろう。
全身ずぶぬれだ。ゆり!と呼んで煮干を口に入れてやったが
私たちを通り過ぎて山道に入っていった。いったいなに??
みんなが歩いた道を行ってみないと気がすまないのかな。

のんびり歩いて戻るといきなりトンネルが口をあけていた。
霧で見えなかったのだ。ずっと先を歩いていた幸ちゃんがいないので
車を通り過ぎてもう少し下まで歩いた。いい加減行ったところで
もしか車に戻ってるかも、と引き返すと幸ちゃんがいちごと後ろから来た。
今日の散歩はみんなでばらばら。さらにめぐは、どうしても
車に乗りたくない。そばまで来てもまた離れてしまう。
なら、下まで車を追ってこさせようか。あまりスピードを出すと
かわいそうだからとゆっくり発進。来る来る!胸のお肉を
ぷるんぷるん揺らしながら走ってついてくる。途中でちょっと
かわいそうになって私も車から降りた。一緒に行ってやろう。
 めぐは先に行ってしまう車と私の顔を交互に見ている。車を追うが
私がのんびり歩いているので戻ってくる。でも、これ以上は
村道に出ちゃうからもうダメだなー。なんとかだましだましして
乗せて窓を全開にして、私が抱きかかえて帰ってきた。もちろん
上着もズボンめぐのよだれで雨にぬれたよう。すぐ着替える。
犬用よだれかけはないかー?まだ吐かなかったからいいけど
同じ、しょっちゅう車に乗せてなくてもゆりもいちごも全然平気なのに。
いばりん坊のめぐは。。。車にめっぽう弱い。

2時間以上うろうろして、帰ってきて居間に入ると犬たちはばたん!と
寝て行き倒れ状態。たくさん運動したから特別に大きいチーズを
みんなにあげた。
posted by ミチル at 21:03| ☔| Comment(4) | 山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする