2008年03月27日

犬たちとののこ

080327_1008~0002.jpg080327_1032~0001.jpg080327_1030~0001.jpg

今日も幸ちゃんは仕事だ。もっとも工房があれば家でする仕事が、
場所がないので東京まで行かなくてはならなかった。
窯の仕事だったので早朝から、帰宅は9時ごろ。もう一度
来週行かないと終わらないという。交通費も高いし、ガソリンだって
泣けちゃうね。。。

なので今日も野の子と私ですごす。明日友達が5人も泊まる
ことになっているので今日、彼女は必死で45枚もある宿題の
プリントを終えた。子供というのは面白いもので親に似ない部分の
方が大きいように思う。もっとも似て欲しくないなと思うところは・・・激似(笑)
うちの子は親たちがこんなアウトサイダーなのを見て、極力
普通、まとも、に振舞っている。それはでも、本当の姿なのかもしれない。
 でも、子育てって親に似なければ似ないほど大成功ではないだろうか。
親と同じことをするというのも考えものだと思う。
たとえば私たちが絵を描いているから絵を描かせたいか、否、
それこそ親の押し付けになるだろう。せっかくの環境が、とか
そんなことはどうだって良いじゃないか。好きなことは自分で道を
切り開けば良いのですよ。ただし、一点だけ譲れない部分、それは
命あるものを大切にすること。

犬たちはそんな野の子に、私たち大人と同じように接する。
でも、やっぱり、どこか見抜いていて馬鹿にしているようなそぶりも
たまに見せる。従ってるふりをしていて、実は野の子はごまかせることを
知っているのではないか。犬たちの方が一枚上手かも。

 散歩から戻り、ゆりと銀花が柵ごしに鼻をくっつけているので
ゆりだけ銀花と遊ばせた。この前、前足とんをされ、私のまたの間に
隠れていたのに、ゆりはすっかり忘れている。めぐだったら絶対
覚えている。これはゆりがおばかさんなのかもしれないけど
そんなマイペースなゆりがまた、かわいい。長所や短所って案外
こんなもんじゃないだろうか。この前叱られたのにまた一緒に
水を飲んだりして愉快な犬だ。今日は銀花がゆりをなめていた。
posted by ミチル at 22:54| ☔| Comment(14) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする