2008年03月24日

ぼーっととしてるようだけど

080324_1425~0002-0002.jpg080324_1428~0001-0001-0001.jpg080324_1443~0002-0001-0001-0001.jpg

朝から雨降り。今日からのはずの工房工事は当然中止。
寒くてストーブつけっぱなし。灯油代がカナシイ・・・
午後から雨も上がったのでやっと犬たちを連れ出した。
今日はいつもの奥の産廃場でなく、家の手前の、引っ越したばかりのころ、
よく行っていた杉やヒノキの苗が植えてある開けた方へ。そのころ、
ここで犬たちを放すといちごとゆりは道に出て、呼び止めるのも無視して
どんどん下って行ってしまったが、産廃場の方で毎日放してやって、
おやつでオイデがだいぶできるようになって来たので、ふたりとも
私たちの声の届かない方にも、道路にも行かなかった。
まだまだ信用できないけど進歩したと思ったら嬉しかった。
めぐは先生について一緒にお勉強をしたことで、
人間に寄る犬になったからふたりよりは信用できる。
めぐに比べたら、ゆりいちごはまだまだ野生児。

久しぶりの場所や不慣れな場所で、真っ先に探検するのはいつもゆりだ。
普段はぼんやりして、産廃場ではおやつほしさに幸ちゃんに
くっついてばかりいていちごやめぐと走り回ることもしないのに
今日は一人でどんどん谷を降りていく。後ろにいちごを従えて。
走り回るわけではなく、下を向いて何かのにおいを追っているみたい。
藪に入って探検するのはいいんだけど、もうダニがいるから
帰ってから私はローガンヌになって、30分くらいダニ探しをする。
今日もシャーペンの芯の先くらいのダニが10匹以上ついていた。

 散歩から戻って退屈してる銀花と遊んだ。犬たちは地面が
ぬかるんでさらに足が汚れるので今日は銀花柵は立ち入り禁止。
銀花は私をかじりたい。うつむいていたかと思うと、急に顔をふりふり、
大きく口をあけて歯を見せて私にせまる。さんざんかじられたおかげで
こちらも難なくかわせるのだが、銀花は私に触れることができないと
自分のおなかや足をかじってみたりする。そしてこちらにお尻を
向けてとことこ逃げ出すしぐさをする。もしかしたらこれは
銀花の遊びなのかなとも思う。かじることはいけないことだから
叱るけど、気を抜いて立っていてもせいぜい服をひっぱるくらいだ。

わざと銀花の前に背中を向けてしゃがむと、背中に口を押し付けて
かじる場所を探している。背中に力を入れているとかじれないから
上着の隙間に鼻先を入れて首をなめる。変なろば!
銀花の気持ちはわかったりわからなかったり。
でも確実にわかるのはろばって・・・気まぐれ。
そして、同じくらい。。隊長も気まぐれ(笑)
posted by ミチル at 22:20| ☔| Comment(6) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする