2008年03月31日

ゆ、ゆ、雪〜!

080331_1018~0001.jpg080331_1011~0001.jpg

寒くて目が覚めた。と、言っても寝てる間にカケショ〜ネ被害に
あったわけでなく、昨夜2枚しか布団をかけなかったのだった。

雨降りだ。銀花のご飯をあげて、猫たち犬たちと順番にあげる。
犬たちはお散歩行かれそうにないので少なめに。幸ちゃんは
用事があって、富士が嶺に出かけた。ずっと、行かなくてはと
思っていたお世話になったもと、不動産屋さんのおじさま。
12月に一度行ったらお留守でそのままになってしまっていた。
おじさまも買いたいとおっしゃっていた、私たちが購入するつもりでいた、
日獣医前の土地の資料をお渡ししたかった。
 国土調査が済んでいなかったため、散々調べて隣地の立会いのあと、
一歩、手前で立会いがしてもらえなくなり、諦めたところにここが
急浮上したのだった。その時集めた資料や、法務局の書類など
すっかり全部お渡しすることができた。おじさまは数年かけて
購入したいのだそうである。あの土地は数年かけなくちゃ無理だよね。。。

おじさまはもと田舎の土地専門の不動産屋さんをやっていらしたそうで
何冊かその方面の専門のご本も出しておられた。土地のことで、
資料を見ていただいていろいろアドバイスしていただいた日、
まさか、またアキヤマに住み続けることになるなんて、夢にも思わなかった。

これから先もまた、いつでも相談に乗るよと快く言ってくださって
幸ちゃんは夕方暗くなってから帰宅した。これから先、私たちが
不動産のことでお世話になることは・・・何年後のことだろう。。。

 富士が嶺は今でも好きな土地である。広々とした空と、ゆったり
広がる草原、牧場のにおい。日陰なんかどこにもない。
しかし「雪が降ってたぞ」と幸ちゃんが帰るなり言った。
なに言ってんのぉ!?こっちだって降ったぜ、ぼた雪が。。。
すぐやんで良かった。

午後になってお日さまが顔を出したので一人で犬たちを散歩に
連れ出した。足もおなかもどろんこになっちゃったけど良いんです!
部屋の中で水溜りができるよりはね!

写真は今朝の銀花。雨で外に出られず、ごはんをがつがつ食べた。
posted by ミチル at 23:31| ☁| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

東京は桜が満開

080330_1852~0001.jpg080330_1852~0002.jpg

今日は今日とて、野の子が私の実家に泊まりに行くので送って行った。
まずは幸ちゃんの実家へ。野の子は3歳までそれぞれの実家で
週に3日見てもらっていたので必ず通信簿を見せに行くことにしている。
 小さいころおばあちゃんとケッコンする、と言っていたおばあちゃんは
野の子が一年生になる前に亡くなった。おばあちゃんがいたら
でかくなった野の子にびっくりするだろうと思いながらお線香をあげる。
うちの子に良いところがあるとすれば祖父母たちの影響が大きい。
人間、無償の愛情をかけられたら悪い方向には行かないと思う。
動物ももちろんそうだろう。わがままになるとか、身勝手になるとか
それは愛情のかけかたが、それを言わせるだけの中途半端なだけだろう。
  あ、私にはできません!キッパリ(爆笑)

私の実家に行く前に父から頼まれていた携帯を買っていく。
 かつて私と毎日メールのやり取りをしていたが、あちらの
家に移ってからパソコンが使えなくなり父とのメールのやり取りも
終わってしまった。パソコンももう、壊れてしまったとかで
全然使わなくなってしまっていた。母は数年前から携帯を使って
私とメールのやり取りをしているが、父も欲しいそうなので
お年寄り向きなんかじゃなく、ワンセグが見れる最新型のを選んだ。
 まったく、初めてだが父は機械類が好きなので取り説を見ながら
何とかなるのではないかと、今日はメールアドレスだけ決めて
渡して来た。で、帰りの車の中からさっそくメールを送ったんだけど・・・
まだ、返事来ず。父とまたメールができたら楽しいと思う。

東京は桜が満開だ。生憎の天気で午後から雨が降り出したが
お天気ならお花見日和だっただろう。こちらはまだまだだが
東京に近づくにつれて山にぽつんぽつんと咲いている。
この家の裏の土手に大きな桜がある。それが隣の家との
境界線になってるらしいが咲いたら見事だろうなと思う。

写真は先ほどの猫たちの夕飯。こちらもなかなに圧巻だなー(笑)
posted by ミチル at 23:06| ☁| Comment(4) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

春季合宿終了

008na.jpg080327_1036~0002.jpg

春季、宿題やっつけ合宿←ウソ、無法地帯な2日間が無事終了した。
昨夜は夜中の4時過ぎまで大騒ぎ。ゲームをやったりこのパソコンで
ユーチューブを見たり、もう・・・好きにしてください。
夜中の12時過ぎてからほんのちょぼっと宿題をやってみたりする(笑)
こちらの方がさすがに眠くなって、幸ちゃんはヒキョーにも
7人もの子供たちを私に任せてさっさと寝た。犬たちは狭くなった上、
テンションの下がらない大人数に、部屋を占領されてうろたえていたが
すぐ慣れた。犬を怖がる子が一人いたのでめぐから目を離さないように
していたが昨夜のうちにその子にも頭をなでさせていた。

 今朝は寝坊するのかな〜、とこちらも寝坊していたら、8時に
起き出した男子2名。ずっとウィーをやっていたらしい。
10時ごろから犬たちの散歩に行って午後からは子供たちを遊びに
連れて行った。この人数だからお金のかからないところね。で、結局
銀花の牧草や塩を時々買いに行く、神奈川の愛甲郡にある
牧場に連れて行く。ゲーム三昧だったから広々とした場所で
さぞや暴れまわるだろうと思っているとみんな動かない。さらに
動物臭に涙目になる子までいて、牧場特製のジェラードだけ食べさせて
早々に退却。動物臭が、好き嫌い以前にまったくダメなようで
オエッとかなってる。人それぞれだけど、楽しめるところで
楽しめないのは気の毒に思えてくる。子供時代は苦手なことが少ない
方が良いに決まっている。

牧場にもロバがいて、それがまた良い子。うちの銀花で慣れてれば
たいていのロバも馬もどうってこたぁない。みんな良い子に見える(笑)
そんなおとなしい、性格も良い子たちが観光牧場なんて、いつ、
どこへやられるかわからないところで飼われていて気の毒になってくる。
そっくり返った蹄や短い尻尾は正視に耐えない。。。
家畜とペットの差は大きい。

 それから今度は毎年夏の花火とクリスマスの巨大ツリーを見に行く
宮が瀬に行った。牧場から30分くらいだ。下の広場に降りて鬼ごっこが
始まった。めぐを連れてくれば良かったなー。ここでは息が切れるほど
走り回り、ご飯を食べさせて順繰りに降ろしながら8時過ぎ帰宅。
子供たちは車の中でうとうとしている。さすがに精も根も尽き果てた?(笑)

待ちかねたみんなにすぐ、ご飯をあげた。きかん坊でも少々できが悪くて
もやっぱりうちの子が一番かわいいね。動物たち、おつかれさま!

牧場では菜の花が満開。うちの周辺は梅が満開。


posted by ミチル at 22:31| ☁| Comment(10) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

…圧巻

080329_0123~0001.jpg080328_1919~0001.jpg080328_1922~0002.jpg5人の予定が6人に

犬たちも…たじたじ(笑)

まだまだ夜は長い

そしてみんなの腹ペコあおむしには♪
posted by ミチル at 21:08| ☔| Comment(4) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

犬たちとののこ

080327_1008~0002.jpg080327_1032~0001.jpg080327_1030~0001.jpg

今日も幸ちゃんは仕事だ。もっとも工房があれば家でする仕事が、
場所がないので東京まで行かなくてはならなかった。
窯の仕事だったので早朝から、帰宅は9時ごろ。もう一度
来週行かないと終わらないという。交通費も高いし、ガソリンだって
泣けちゃうね。。。

なので今日も野の子と私ですごす。明日友達が5人も泊まる
ことになっているので今日、彼女は必死で45枚もある宿題の
プリントを終えた。子供というのは面白いもので親に似ない部分の
方が大きいように思う。もっとも似て欲しくないなと思うところは・・・激似(笑)
うちの子は親たちがこんなアウトサイダーなのを見て、極力
普通、まとも、に振舞っている。それはでも、本当の姿なのかもしれない。
 でも、子育てって親に似なければ似ないほど大成功ではないだろうか。
親と同じことをするというのも考えものだと思う。
たとえば私たちが絵を描いているから絵を描かせたいか、否、
それこそ親の押し付けになるだろう。せっかくの環境が、とか
そんなことはどうだって良いじゃないか。好きなことは自分で道を
切り開けば良いのですよ。ただし、一点だけ譲れない部分、それは
命あるものを大切にすること。

犬たちはそんな野の子に、私たち大人と同じように接する。
でも、やっぱり、どこか見抜いていて馬鹿にしているようなそぶりも
たまに見せる。従ってるふりをしていて、実は野の子はごまかせることを
知っているのではないか。犬たちの方が一枚上手かも。

 散歩から戻り、ゆりと銀花が柵ごしに鼻をくっつけているので
ゆりだけ銀花と遊ばせた。この前、前足とんをされ、私のまたの間に
隠れていたのに、ゆりはすっかり忘れている。めぐだったら絶対
覚えている。これはゆりがおばかさんなのかもしれないけど
そんなマイペースなゆりがまた、かわいい。長所や短所って案外
こんなもんじゃないだろうか。この前叱られたのにまた一緒に
水を飲んだりして愉快な犬だ。今日は銀花がゆりをなめていた。
posted by ミチル at 22:54| ☔| Comment(14) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

春休み

080326_1030~0001.jpg080324_1440~0002.jpg

今日から野の子は春休み。朝から工房の仕事が始まって
どっちみち寝坊はできない。昨日の朝は幸ちゃんの布団が
ほぼ、全滅。シャツにまでかけていただいたらしく、シャツも洗濯。
で、今朝は私の左足が冷たい。こちらは明け方、誰かが私の足元に
吐いたらしい。もう、何でもアリですから〜!で、シーツと布団を洗濯。

今日は幸ちゃんが仕事だったので野の子と2人で犬たちの散歩に行った。
大きなトラックが来た。あわてて犬たちを呼ぶとみんなぞろぞろ、
一列になって戻ってきた。犬たちの姿に気がついてのろのろ走って
くれていたので助かった。大きな声ですみませ〜んと叫んだ。

動物たちの世話はあちらにいた時と同じだけど、散歩は銀花を連れて
行ってやれないので一度でおしまい。部屋の掃除だってあちらより
ずっと短時間で終わる。

また子供たちがあさってから大勢泊まりに来るというので
野の子は朝から必死で宿題をやっつけている。最高学年ともなると
春休も宿題がごっちゃり出るんですな。お気の毒さま。しかしまぁ
子供の仕事は勉強と遊びだから、片手落ちでは体も頭も不健康に
育ってしまうのだろう。もっともうちは家の手伝いをたくさん
やらせるのだが。

ついつい、野の子は叱ってばかり、動物たちには無条件で目じりが
ゆるむダメダメ母親、これこそ片手落ちというものか(笑)

銀花も犬たちも工事の音や外の気配に慣れたようで今日は
おとなしい。おじさんたちにお茶の時、犬たちがいるけど良ければ
上がってくださいと言っても。。。誰も上がって来てくれない。
外は午後から冷たい風が吹いてお茶だけおいて部屋に入るのが
なんとなくしのびない。

工房は昨日きちんと測量して、木で周辺を囲った。今日はその内側に
また測量して、ミニユンボで溝を掘っていた。きっと、その溝に
コンクリを流して基礎を作るんだと思う。

ダイの場所から外がよく見える。ダイは人の姿に興奮してか
一日中・・・吠えていた(爆笑)おじさんたちも気がついて
笑っている。うちには番犬が5匹いるみたいだ。
posted by ミチル at 22:43| ☔| Comment(6) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

工房工事

080325_1739~0001-0001.jpg080325_1007~0002-0001.jpg080325_1154~0001-0001.jpg

昨日からの約束も雨に流れ、やっと今日から始まった。
朝9時過ぎ、おじさんたちが2人やってきた。1人はなんと、
よくうちに遊びに来る野の子の友達のお父さん。大工さんなのだ。
この村は異様に大工さんが多い。(土建屋さんは言うに及ばず)
あっちもこっちも大工さんだらけだが、うちの予算では
なかなか引き受けてくれなかったらしい。

犬たちの散歩に出ようとしてたらちょうど来た。幸ちゃんは
めぐもつなぐと言ったが私はつながず、いつもどおりで行こうと言った。
外に飛び出しても別におじさんたちに飛び掛ってかみつくわけじゃないし
吠えるかもしれないけど、こういう時こそ、こちらの命令に素直に
従えるチャンスではないか(笑)で、めぐはいつものように
畑に走り出たが遠巻きにして道にすぐ、降りた。後はちゃんと
私たちのそばに来て何も問題は起きなかった。帰りも家の近くで
ツケをさせながら階段を上がって家に上がったが吠えるわけでもなし。

外の音で、部屋の中からは今日は一日ひっきりなしに吠えていたが
私に怒られるのはわかっているらしく、一吠えすると上目遣いで
私の顔を見るのがおかしい。悪いと思ってるけどやっちゃうんだよねー
みたいな感じ?そりゃ、人間だってそうだよ。ただ、吠える必要の
ない時は、少なくとも私が吠えなくていいんだよ、と言った時くらいは
静かにしてることを覚えてくれたら嬉しいなー。

銀花もミニユンボやらいろいろな機械の音、間近に見知らぬ人で
ちょっと緊張気味だった。何度も柵で遊んでやったがおじさんたちが
そばで作業してると野菜を食べてる口も半開きにしてじ〜〜〜っと
見ている。最近当たり前だけど全然銀花に乗ってない。今なら
背中は三角木馬じゃないし、冬毛でふかふかだし乗り心地が
良いんだがな。

工房は傾斜地でトイレの浄化槽をひとつで済ますために一番高いところ、
後ろの土手部分にくっつけて建つ。この家と並ぶわけだが、畑部分の前に
駐車場からの道をつけてもらう予定だ。段差までは直せないが
そうしたら、駐車場をぐるっと回って銀花を外に連れ出せるようになる。

 犬の散歩から帰って幸ちゃんが外に言っておじさんたちと打ち合わせを
していた。私は掃除を始めたら呼ばれていよいよ、畑の作物を
引っこ抜かなくてはならない。たまねぎや大根、かき菜、小松菜、
キャベツに長ネギ、ニンジンはすでにすっかり銀花にあげたけど
このままもうしばらくすれば立派になっておいしく食べられる
野菜を小さいまま、引っこ抜くのも嫌な作業だ。食べれるものは
今日も夕飯で食べて、後は外に広げてある。お日様に乾かして
もう、みんな銀花用だな。丹精こめた野菜なのに、前オーナー
ごめんなさい!
posted by ミチル at 23:47| ☔| Comment(2) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

ぼーっととしてるようだけど

080324_1425~0002-0002.jpg080324_1428~0001-0001-0001.jpg080324_1443~0002-0001-0001-0001.jpg

朝から雨降り。今日からのはずの工房工事は当然中止。
寒くてストーブつけっぱなし。灯油代がカナシイ・・・
午後から雨も上がったのでやっと犬たちを連れ出した。
今日はいつもの奥の産廃場でなく、家の手前の、引っ越したばかりのころ、
よく行っていた杉やヒノキの苗が植えてある開けた方へ。そのころ、
ここで犬たちを放すといちごとゆりは道に出て、呼び止めるのも無視して
どんどん下って行ってしまったが、産廃場の方で毎日放してやって、
おやつでオイデがだいぶできるようになって来たので、ふたりとも
私たちの声の届かない方にも、道路にも行かなかった。
まだまだ信用できないけど進歩したと思ったら嬉しかった。
めぐは先生について一緒にお勉強をしたことで、
人間に寄る犬になったからふたりよりは信用できる。
めぐに比べたら、ゆりいちごはまだまだ野生児。

久しぶりの場所や不慣れな場所で、真っ先に探検するのはいつもゆりだ。
普段はぼんやりして、産廃場ではおやつほしさに幸ちゃんに
くっついてばかりいていちごやめぐと走り回ることもしないのに
今日は一人でどんどん谷を降りていく。後ろにいちごを従えて。
走り回るわけではなく、下を向いて何かのにおいを追っているみたい。
藪に入って探検するのはいいんだけど、もうダニがいるから
帰ってから私はローガンヌになって、30分くらいダニ探しをする。
今日もシャーペンの芯の先くらいのダニが10匹以上ついていた。

 散歩から戻って退屈してる銀花と遊んだ。犬たちは地面が
ぬかるんでさらに足が汚れるので今日は銀花柵は立ち入り禁止。
銀花は私をかじりたい。うつむいていたかと思うと、急に顔をふりふり、
大きく口をあけて歯を見せて私にせまる。さんざんかじられたおかげで
こちらも難なくかわせるのだが、銀花は私に触れることができないと
自分のおなかや足をかじってみたりする。そしてこちらにお尻を
向けてとことこ逃げ出すしぐさをする。もしかしたらこれは
銀花の遊びなのかなとも思う。かじることはいけないことだから
叱るけど、気を抜いて立っていてもせいぜい服をひっぱるくらいだ。

わざと銀花の前に背中を向けてしゃがむと、背中に口を押し付けて
かじる場所を探している。背中に力を入れているとかじれないから
上着の隙間に鼻先を入れて首をなめる。変なろば!
銀花の気持ちはわかったりわからなかったり。
でも確実にわかるのはろばって・・・気まぐれ。
そして、同じくらい。。隊長も気まぐれ(笑)
posted by ミチル at 22:20| ☔| Comment(6) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

またおるすばーん

080323_2224~0002.jpg080323_2224~0001.jpg

昨日に続いて今日も出かけて暗くなってから戻った。こうして
こちらの家でも留守をできるようになったのは、嬉しいことだ。
そのかわり、家の前に車を止めるともう、みなさん、大ハッスル。
犬たち、わんわんわんわんわんわん、銀花ぼ〜ぼ〜ぼ〜ぼえ〜(笑)

 すぐご飯をあげて、掃除機をかけて、日曜日も終わってしまった。
明日あさって学校で後は春休みになる。早起きもあと2日の辛抱だ。

一日だけ来て水道管の位置を確かめただけでぱたっと止まってしまった、
工房の建築も明日からはじめると、別荘管理のおじさんから電話をもらった。
なんでもいいから、早く建ててくれ。。。

昨日義父に聞いたら大工さんが一人だとしても1ヶ月はかからない
程度の工事だそうである。家を建てることに関して私たちは
とことん、運がないみたい。一生借家暮らしでいいやと、ずっと
思っていたけど動物たちとのことを考えるとそうも行かないから
何とかがんばらなくては。(注・メンタル面 笑)

誰もが何かしら不満を持ちながら暮らしていると思う。
だけど、いつの日か、本当に理想的な住まいに住むことが
できるのだろうか。そんなことを夢見ていたらいけないのだろうか。

理想はひとつ、隣人を気にしないで暮らせるところ。あちらの
家はそのつもりで建てたのにたったの2年で夢が消えた。
その理想を再び叶えられるとしても最低10年は無理だろう。

最近、冗談で海外移住も考えたりしている。オーストラリアとか、
ニュージーランドとか、カナダとか。スケールのでかい土地で
暮らしたいなー。考える間もなく無理な話だけど、想像するのは
自由だし。。。もちろん、動物たち全員連れてね。

 ・・・と、夢はさておき、家はまだまだ落ち着かないが
かなり、「我が家のにおい(臭い)」になった、と思う。
猫たちも先日幸ちゃんが作った加圧緩和住宅に、昨夜は
たけし、しげる、ミー太と、顔の方で寝ない組が入って寝ていた。
おかげで布団をずり上げるのも軽かったような気がする。
だけど朝起きたら全員私のベッドで寝ていた。
まぁ、いいんだけどね。。。

写真は先ほど写したダイちゃん。ほぼ、完全にお手覚えました!
お手が何を意味するか、しっかり理解しているようです。うちの
犬たちは一人もできません!(笑)
posted by ミチル at 23:01| ☔| Comment(8) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

お墓参り

080317_0955~0001.jpg080317_0955~0003.jpg080317_0957~0001.jpg

予定通り、お墓参りに行って来た。いつも最初による八王子の
父方の祖父母のお墓は高速降りてみたものの、16号がめちゃくちゃ
渋滞で諦めてまた高速に乗った。調布で降りてまずは多磨霊園。
母方の祖父母と、数年前なくなった親戚のおじちゃんが眠っている。

子供のころ、共働きだったのでほとんどおじいちゃんっ子で育った。
小学校の入学式から授業参観から全部おじいちゃんが来てくれた。
廃物利用が得意なのは多分祖父のおかげだ。おじいちゃんは
今なら警察沙汰になりそうだけど、拾って来たものを改造して
何かの役に立てるのが大得意だった。何しろ何でも作る、
創意工夫の達人で東京なのに、お風呂はおじいちゃんが
コンクリと土を混ぜて作ったまあるい五右衛門風呂、もちろん薪。
そして当時としてはまだ誰も使ってなかった、屋根の上に水をあげて
暖める装置も自分で作ってお風呂の蛇口をひねるとぬるいお湯が出た。
多趣味で友達も多く、一緒にいてほんとに楽しいおじいちゃんだった。
祖母の方は厳格な人だったが、当時としては珍しく女学校を出ていて
お花にお茶、和裁と家には毎日お弟子さんがたくさん習いに来ていた。
そして2人とも、命あるものを徹底的に大切にした人だった。

 うちにはもう、傾いてぼろぼろの水屋がある。ほとんど棚として
役に立っていないが、おじいちゃんとおばあちゃんが
結婚した時に買ったという。私たちが古いものが好きなこともあり
昭和の終わりに相次いで亡くなった後、本家で捨てるものを
いろいろもらって来た。おばあちゃんが使っていた昔の鏡も
鏡部分ははずしてしまったが、引き出し部分はアクセサリー入れにしている。

 今回、どうしようか迷っている着尺機も父方の祖母が使っていたものだ。
でも、これはもう、今回工房が建ってもせまいし、分解して、一部で
何かとって置けるようなものを幸ちゃんに作ってもらってお別れしようかと
考えている。祖父母の思い出の品は、なかなかお別れも難しい。

それから深大寺の幸ちゃんの実家に車を置いてお義母さんのお墓へ。
義弟たちが来たようできれいにお花があがっていたので
お義母さんのお姉さん、つまり幸ちゃんのおばちゃんのお墓に
買って来たお花をあげた。暖かい良い季節になって深大寺もめちゃ混み。
懐かしい道を、そば饅頭など買い食いしながらぶらぶら戻った。
紅梅の梅が満開だ。桜が開きかけている。木々の芽もふいている。
ハシブトカラスが口に何かくわえて高い木の、小さな洞に隠した。
東京はすっかり春だ。

それから私の実家に寄って赤いまんまるなお月さまが東の空から
上がって来た時、家に着いた。みんなお留守番ご苦労さま。良い子に
してたかなー。

写真は銀花三態。ぜひ、鼻部分を目に見立ててご覧ください。
・・・ヨーダに見えませんか?(爆笑)
posted by ミチル at 22:34| ☔| Comment(8) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

加圧装置緩和マンション

080321_1859~0001.jpg080321_1855~0003.jpg

 こちらは本日が小学校の卒業式だった。在校生は全員参加で早帰り。
明日は休みだし、子供たちが大勢遊びに来た。みんなで犬たちを
かまったり、ゲームをやったりトランプをやったりで大騒ぎ。
みんな、息が吸えないほど笑い転げている。見てるこちらまで
なんだかわからないけど大笑い。

夕ご飯はカレー限定。それから3組に分かれてお風呂に入った。、
女の子が4人で2組、男の子が一人だからうちの幸ちゃんと一緒に入る(爆笑)
明日の予定がなければお泊りでも良かったけどまだ寒いし布団が
足りない。それに明日は我が家のお墓参りだ。10時過ぎ、それぞれの
家に送って行った。

 金曜日、家にいる幸ちゃんは普段なら工房にこもって自分の仕事を
している。が、ご存知仕事ができない。しかし、やっぱり遊んでいては
いかんと思うのか、せっせと新たな細工を作っている。本日はこれ。

ちょっと、も・だ〜んな、猫ハウス。でもね、ほんとはね、これで
少し、夜の重圧を緩和するのが目的だったり(笑)私は数日前から
頑強が自慢の腰が痛くてからだが右にかしいでいる。ぎっくり腰ではないが、
一歩手前かもしれない。先週、あちらの家であたしゃ絶対いやだよ!と
言ったのに、めちゃくちゃ重たい加工機という、鉄の塊みたいな機械を
2人で持ち上げて、数メートル移動したのだ。多分これが決定打。
以来寝返りをうつのにひやひやである。腰痛ってほとんどなったことないのだが、
寝てる姿勢が一番辛いかも。しかも、移動式加圧装置(たまに水漏れアリ)は、
順調に稼動している。

 猫たちの寝場所はふかふかの毛皮を入れてせっかく作ってやった
テレビ置き場だったらしい、壁に開いた穴倉はあまりお気に召さないようで、
もっぱら棚の上に作った座布団つきの陽だまりである。でもこちらが就寝すると
やはり人恋しいのか、否!人間湯たんぽを利用したいのか、ぞろぞろと
行列を作って(ほんとに行列を作る! 笑)ベッドに上がってくる。

先ほど見たらほら、こ〜んなに満員。私のベッドより、こっちの方が
良い布団が入れてあるんだよ、こっちの方がいいでしょう?ね!?
posted by ミチル at 23:18| ☔| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

おひっこし

080316_1234~0001.jpg080316_1234~0002.jpg

 去年も書いたような気がするけど、高校生の時、1年下の後輩が
たったの18歳で亡くなってしまった。以来毎年、この時期になると
八王子にあるお墓に会いに行っていたが、あっという間に30年が
経過した。去年の4月、くみちゃんのお母さんが山中の我が家に
遊びにいらしてくださったこともあり、今日はくみちゃんの
お墓のお引越しの法要に呼んでいただいた。都内に引っ越されたので
お墓も近い場所に移すのだそうである。確かに都内から八王子じゃ
頻繁に来ることも難しいだろう。30年間慣れた場所でも、家族の
そばにいられる方が嬉しいよね、くみちゃん。

お身内だけの会なのに、お声をかけていただき、ずうずうしくも
野の子と2人で参加。でも、八王子のお墓には、これで行くことも
なくなると思うと、感慨深いものがある。そしてあれ以来久しぶりに
お目にかかったくみちゃんのおねえさんと弟さん。もう、お子様方も
大学生らしい。私はどうも、時間の経過の認識が自分の中できちんと
できなくて、30年という、膨大な時間もまったくないに等しい。
私は高校3年生で、くみちゃんとはいつも馬鹿騒ぎしている。
声も、ピアノをやっててきれいな指も全部全部、目の前に鮮明に浮かぶ。

ある意味執念深いのだと思う。そして、人生一番楽しい時に
友達の命が消えるということが、いまだに納得できないのだと、
今日気がついた。ぜんぜん、くみちゃんを卒業はできない。
思い出せば涙があふれる。笑いながら思い出話をしていても、
声が上ずってくる。

衣装ケースに入れてある、写真の山からあのころの写真を探し出して
今日、くみちゃんのお母さんに差し上げた。私の手元になくなって
しまったけどくみちゃんのおうちにあった方が写真も嬉しいだろう。

雨の中、野の子の希望で電車とバスを利用してでかけた。帰りは
八王子までバスで出て、ぶらぶらしてきたのだが、八王子じだい
ぜんぜん知らない町なので駅ビルのそごうの中を行ったり来たりして
ひとつも買い物しないで帰ってきた。エスカレーターに乗っている時のこと、
2人で並んでいるといきなり、若い女の子がすごいけんまくて
「じゃまなんだけど、どいてもらえます!!?」といきなり、
後ろからどなりつけられた。びっくりして開いた口もふさがらない。

さっと避けるとブーツの音も高らかに、人の間を縫ってどっすんどっすん
上がっていく。我に返って「親のしつけがわかるね」と野の子に言ったら
聞こえたようでわざわざ立ち止まってすごい形相でにらみつけた。
私はお返しに、思い切りにっこり笑った。でも、これはやっぱり、
口の利き方に気をつけなさい、と注意した方が良かったのかもしれない。
とっさのことであっけに取られたが時間がたつとだんだん彼女が気の毒になった。

何があったか知らないけど、他人にあんな口をきくというのはやはり、
お里が知れる。まだ20代そこそこに見受けたが、おそらく、親から
たいした愛情ももらえずに育ったのだろうと思う。人間の美しさってすべて
たしなみだと思う。どんなに着飾っても内面の美しさがなければ
台無しだ。そして、たしなみは親が示し、愛情を注がないと
身につかないと思う。帰りの電車の中で、あの女の子うちにくれば
犬たちと一緒にいっぱいかわいがってあげるのにね、と野の子に言ったら
いや〜な顔をしていた。30年たっても、愛される女の子、
一瞬ふれあった縁だけでも嫌な気分になる子、人間いろいろだなー。

 ハイ、・・・私も十分、気をつけたいと思います(笑)
posted by ミチル at 21:12| ☔| Comment(18) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

血だらけ

080319_1654~0001-0001.jpg080319_2047~0001-0001.jpg080319_2049~0002.jpg

・・・と、物騒なタイトルにしてしまったが、たいしたことはありません、
前もって(笑)ことの発端は散歩でのことだった。いつものように
かつて産廃場所だった、開けた場所に行って犬たちを放してやった。
犬たちはたいてい、めぐといちごがつるんで走り回り、一番メタボな
ゆりはおやつを持ってる幸ちゃんにまとわりつき、走らない。

なので、私が促す。つまり一緒にちょっと、駆け回ったりする。
ゆりのエンジンがかかって走り出せばころころと、よく転がる玉のように
急な坂を駆け下り、うんしょどっこらしょとまた駆け上って来る。

 今日はまるで警察犬のように、何かのにおいをたどっていた。
そこへ、めぐが突撃。めぐはいちごやゆりに遠くからどっどっどっどと
かけてきて体当たりを楽しんでいる。それが彼女の遊びへの誘いなのだ。
それでいつもならまた駆け出すのだが、今日はよっぽど気になるにおいなのか
頭もあげず、熱心ににおいを追っていた。めぐは横入りしてゆりが
一心に検査してる場所を横取りしてしまった。ゆりは諦めて私たちの方へ
戻ってくる。めぐはだいぶ熱心にくんかくんかしていたが呼んだら
とことこ戻ってきた。ら!口が血だらけ!!本人も何しろ初めてだから
気になってぺろぺろ口のまわりをなめている。半端でない血にこちらも
ちょっとびっくりしたが、口をあけて調べてみるとどうやら舌の先に傷がある。
口が血だらけな以外はいつものように走ったり山に入ったりしながら家に着く。
まだ血がとまらない。

大丈夫かなぁと私は何度も幸ちゃんに言った。大丈夫だろとテキトーな返事。
道路に血をしたたらせながらも、元気に帰り道を飛び跳ねるめぐを
何度も呼び止めて口を見た。見ても何にもならないだけど。キャンっと
悲鳴をあげたわけでもないし、獣、たとえば冬眠中の蛇をかまって噛まれた
とかではないと思う。舌の先にほんのちょっこっと傷があるだけ(写真参照)

そして幸ちゃんが言う、ミチルが気にしてるとそれがめぐに伝わって
余計血が止まらなくなるだろう。そりゃ、もっともだ。
 部屋に入っていつものように水を飲んでおやつも食べている。
騒がずに様子を見ていたらまもなく血も止まった。ガラスでもなめたのかしらん。

 一応心配は心配だったので目をはなさないようにしたけど夕飯も
あっという間に食べきっていちごのご飯を盗み食い。
大丈夫そうで良かった。

写真はなんちゃってテリントン・タッチでぐにゃぐにゃになったゆり(爆笑)
ちょっと、色っぽく、なくもない?

posted by ミチル at 23:48| ☔| Comment(8) | 犬たちのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

最終おしっこ処理

080318_1016~0001-0001.jpg080318_1016~0002-0001.jpg080318_1018~0001-0002.jpg

 暖かくなってそろそろ羽虫が出てきた。これは銀花の周辺に限らない。
犬たちの散歩に行っても道中、メマトイが顔の周りをうっとうしく
飛び回っている。しかし、そこはやはり動物の多頭飼いの別荘暮らしは
気を使う。銀花小屋の臭気は、先日ネットで調べて家畜小屋や家畜の
糞尿に直接吹きかけるというバイオ消臭剤を購入し、毎日掃除した後の
小屋の床にしゅっしゅと吹きかけているが、家畜臭はやはり家畜臭で
夜、窓をあけたら牧場の臭いがする。私たちにはむしろ、良い香りだが
今度は気楽なお山の中の一軒家ではないので、やはり気を使う。

糞尿の臭いはやはり、どんな消臭剤も大して効かないそうである。
一番有効なのはこまめに掃除することだそうだ。

で!最終手段、銀花のおしっこをペットシーツで吸うということを
はじめた。銀花のおしっこ場は小屋の中と、外の堆肥コンポの脇と
決まっている。外はすぐ土にしみ込み独特のアンモニア臭はないが、
小屋の中はゴムマットをしいているので上に敷いた籾殻に吸い込むだけ。
籾殻はこまめにコンポに捨てているがそれでもすぐ水溜りができる。
  
ゴムマットをはがしたとして、小屋の中で乾かないしおしっこで地面が
ぬかるんだら最悪。なので、ゴムマットははがさない方向に決定。
おしっこもしたばかりだと臭わないのだ。時間が経過するとあの、
アンモニア臭になる。なので、朝、昼、夕方、気がついた時ちょこちょこ
ペットシーツを持って小屋のおしっこを吸い取ってしまう。
本当は水洗いできたら一番良いのだが小屋の中は水を流せない。

 それでも牧場の臭いはやっぱりする。これからどんどん気温が上がるが
これ以上、打つ手はない。もしか、隣の人が来たら、先手を打って、
夏場でどうしても臭気が出ますが、努力してますのでお許しくださいと
言いに行こうかな。猫たちのカケションや、犬たちの馬鹿騒ぎなんざ、
人さまに気を使うことに比べたらぜんぜんどうってこたぁない。
春になって嬉しいけど、、、そんなことを考えるとちょっと憂鬱になってくる。
posted by ミチル at 22:16| ☔| Comment(8) | ペット ロバ  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

爆尿屋敷

080317_1540~0001.jpg080317_1536~0002.jpg

肌寒い一日だった。昨日まで浮かれた気分で、少し冬物をしまって
薄手のものでも出そうかと思ったけどやめた。とは言っても
やっぱり3月だ。痛いような冷たい風はもう吹かないと思う。
2階の窓をあけると裏の土手が目の前に見える。そこになんと
春蘭が、花を開いている。でも直滑降な土手だから登れないなー。

前オーナーが精魂こめた庭の木々にも小さな芽がついた。
葉が出れば名前がわかりそうだ。冬の間、固いつぼみだった沈丁花も
ほころんで、庭中が香っている。ヒイラギナンテンも黄色いお菓子みたいな
花をつけた。顔を近づけてみたらすずらんの香りがした。
 そこいらじゅう、自然に出てきたのか植えたのか、水仙がつぼみを日増しに
膨らませている。銀花柵ぎりぎりにもあって、銀花ははみ出てきた
葉っぱをむしって食べてしまう。水仙って確か毒なんじゃなかったっけ?
今日は少しぼろがゆるかったな。

あちらの家では猫たちの空中庭園がテーブルの真上を通っていて
食事中に味噌汁めがけて落下してくるやつや、毛が落ちてすごかったので
苦肉の策で、ご存知テーブル自体に屋根をつけていた。こちらは
猫通路は通っていないが華厳の滝被害が尋常でない。なので客人には
せまいけど、ロフト部分の屋根の下の位置にすわってもらっていた。
2名限定なので家族3人で私だけはみ出して華厳の滝直下位置。
テーブルは何度拭いても猫の毛だらけ。

そこでまた、幸ちゃんが細工してロフト部分にはみ出す形で屋根、でなく、
猫たちの遊び場を拡張した。真ん中でたてにとまっているだけだが、
猫たちの体重なら大丈夫だという。これで華厳の滝被害は何とか回避できる。
猫たちも少し遊び場が広くなってバトルがおさまると良いのだけど。

寝室の窓のカーテンは今日全部洗ってもう、つけないことにしました!(笑)


posted by ミチル at 22:42| ☔| Comment(4) | 猫たちのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

うぐいす

080316_1410~0002-0001.jpg080316_1535~0001-0001.jpg080316_1235~0001-0001.jpg

 春の日差しの日曜日。動物たちもなんとなく、のんびりしている。
午後からあちらの家に行った。家の土地はこの先も、友達が別荘に使って
くれるので借りておくが、銀花小屋と柵のあった方は地主が別なので
4月になったら返さなくてはならない。柵も小屋もないが、やはり荷物が
散乱している。少しでも片付けようと、燃やせるものは銀花の柵のあった
ところでどんどん燃やす。あれから何ヶ月もたって、引越しもして
生活は一新されたような気分になっているけど、実はまだまだ荷物の山。

しかし、それらの荷物は工房ができない限りこちらに持ってくることは
できない。前回行った時はまだまだ30センチくらい、雪が残っていた。
さすがにとけて、今年初めての鶯の声を聞いた。家の中に入るとやっぱり
悲しい。この、リビングで、子供部屋で、階段で、どんなに楽しく過ごしたか。
私は本当はもう、あっちの家には行きたくないよと幸ちゃんに言うと
馬鹿いってんじゃないよ、片付けどうすんだとプチ叱られる。
幸ちゃんは私よりずっとドライで実務的なことを考えるタイプ。だからこそ、
。。。片付くんだな(爆笑)

普通のごみに出せない大きなごみを軽トラに山積みして部屋の中のごみ出しをして
先に帰ってきた。庭の荷物の山から救い出した絹糸だけ、持って帰ってきた。
あの日の夜まで織っていた金属製の機は全体的にぐにゃりと曲がり、なおしようがない。
そうこうとおさと、織っていた途中のものだけはずしてえいやっと軽トラに乗せた。

 崩れた斜面には、12月の段階でやることが決まったという、斜面に
植物の種の入ったネットみたいのをかける工事が進んでいた。(写真参照)
コンクリートで全体を覆う工事をしてくれたのなら、問題なく住めたと思う。
でも予算が100万ちょっとの、草をはやす工事では、この前みたいな大きな
台風にどれだけ耐えられるのかなぁと思う。。。やっぱりここには住めない。

 たった2年だけどすべてが懐かしく、いとおしい。道脇の一本一本の木にさえ
自分でも驚くほど愛着を持っている。このブログをやっていて良かったと思う。
仲良しになった木々、草花、大きな岩、お前たちのことは死ぬまで
忘れないよ。

帰宅すると、別荘の管理のおじさんが来た。あの日(大安の火曜日)に
ちょこっと来てそれ以来ぽっかりあいている。予算がないので、安価にするため
苦労をさせてしまっているのだが、早くお願いしますねと重ねてお願いした。
 土台を作るにも、工房予定地の畑は高くなっているのでコンクリートを入れるのに
駐車場部分に土を入れて畑と同じ高さにするという。その業者を連れて
見に来たそうである。業者さんに挨拶をすると、あちらの家の、料亭のずっと
手前に土地を借りた業者で、役場で塩カルをもらう手続きの仕方や、
部落長さんに伝えてあげたりしたのを覚えていてくれた。

ただ、たんに私たち自身がこちらに来た当初知り合いもなく、
わからないことだらけで困ったことが多々あったので、おせっかいしたのだったが
人には良くしておくもんだ、とあらためて思った。人間どこでどう、縁が
つながるか、わからないもんだね。
posted by ミチル at 22:04| ☔| Comment(4) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

ダイのことば

080315_1657~0002a.jpg080315_1434~0002a.jpg080315_1432~0001.jpg

 ダイと遊んだ。ダイはツルピカでものすごくつやが良い。
ぼちゃんと、水桶に飛び込むとまさしく、カラスの濡れ羽色。
ダイははしぼそなのでしゃがれ声だ。きれいに澄んだ声ははしぶと、
だみ声ははしぼそ。朝、小屋にかけてある毛布をはずすと必ず
ぐるるるる〜っと一度鳴く。甘えてる時はだみ声でおしゃべりする。
 最近その鳴き声以外に、くちばしをぱちっと鳴らすのと、
人間の舌打ちのような音を出す。どちらも何かの合図のように聞こえる。
私がまねして同じような音を出すと一瞬動きが止まる。

犬たちの真似には、最近カカカカカカカとまるで、人が笑ってるみたいな
声も出す。これは何だろう。ダイの発する鳴き声の意味がわかったら
楽しいだろうな。最近、不機嫌な時、つつく以外にくちばしで
思い切りつまむことも覚えた。指先など、これをやられるとめちゃ痛い。
だけど、たいていは知らんふりして、ちっとも痛くないよ、何やってんの〜
みたいなそぶりで通す。銀花に対しても、平気な顔で無視する時と
こらっと叱る時とあって、ダイも同じだ。明らかに私に対して
痛みを与えようとやる時には、イタイイタイイタイと連発してダイの
くちばしをおさえてやる。カラスもロバも気まぐれだけど、付き合うと
こんな面白い生き物はいないと思う。

 午後からはまた、めぐを連れて買い物に行った。今日は遠い方の
ホームセンター。相変わらずよだれは壊れた蛇口のごとく。しかし
行きはなんとかがぼっとしないで着いた。着いた。。。のに、車から
なかなか降りてこない。3人でなだめすかしてやっと、降りてきたら
今度はリードをぐいぐいひっぱる。はじめにドッグランに連れて行って
おしっこさせて、水を飲ませた。いざ、出陣。やっとこカートに乗って
今日はすぐレジに行かないでしばらく店内をさまよった。通りかかる
大勢がまたしても、カワイイと絶句し、立ち止まるので、野の子と顔を
見合わせてしまう。めぐはでかいこともあるけど、なんとなく人の気を
引く犬らしい。顔の造作自体は決してカワイイ類ではないと思う。

 今日はカートを押す手に震えは伝わってこなかった(笑)
こちらの店の方が店内が広く、通路も倍くらいあるので
めぐには良いのかもしれない。買い物を終えてドッグカフェに寄った。
カートの上で眼が泳ぎ、目の前にご馳走が来ても気もそぞろ。
今日は犬用、サツマイモモンブラン。ほんの一口で420円なり。

みんなにお土産を買って、暗くなってから帰宅した。車を止めてから
めぐを放してやると畑の方にすっとんで上がっていった。
月明かりに大きなめぐのシルエットが美しい、と思った。めぐ、お前は
ドッグカフェより、野山を駆け回ってる方が似合ってるね。
・・・でも、また行こうね!
posted by ミチル at 22:12| ☔| Comment(8) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

春の雨

080314_1337~0001-0001.jpg080314_0948~0002-0001-0001.jpg080313_0922~0001-0001.jpg

犬の散歩に出たら雨が降り出した。ぽつぽつ、暖かい雨は道脇の
でっかい雪のかたまりもとかす。犬たちを呼んで尾根の方に下ってみる。
 めぐがおしっこかけた春蘭は、どうなっただろう。まさか枯れては
いないだろうな。あったあった、小さなつぼみをつけて、誰も
見てないのに咲かせる日を待っている。ここなら誰にも見つからないから
おしっこかけられる心配はあっても持ち去られることはないだろう。
もう少し春めいたらかわいい花を、見に来よう。

家に着くころには雨は本格的に降ってきた。なのに、銀花はちゃんと
お出迎え。背中がぬれている。ロバがぬれるとウールのにおいがする。
雨の中、幸ちゃんは外で木を燃やし始めた。こちらは薪ストーブがないから
何か作業をした後の木っ端は、結構な量になっていた。上のおじさまも
いないし、今なら庭で火燃ししても誰にも迷惑はかけない。
 
それから雨の中、前オーナーがベランダと一緒に後から増築したという
物置と、物置の隣の大きな犬小屋を壊し始めた。はじめこの家を見に来た時、
大きな小屋だったので真ん中をぶち抜いて銀花の小屋にしようかと
思っていたのだが、一部はコンクリが打ってあるが奥のほうはコンパネで
高床式になっているので無理だとわかった。そこには引っ越すつもりで
運び込んでしまった大月の台地の荷物をやたらめったら詰め込んである。

その、犬小屋部分の方は銀花柵と隣接しているので、銀花の牧草置き場に
したい。壁部分のコンパネを取り外し、受け取って私は畑部分の火燃ししてる
場所まで運んだ。その時畑の泥でコンクリートの階段でこけた。
銀花は柵の中で作業を見ていたが明らかに固まっていた。なんだか最近、
私は銀花の前でこけるのがとっても恥ずかしい。

作業は小一時間で終わり、犬小屋、前オーナーの立派な柴犬の
寝場所だったところは銀花のキッチンになった。牧草は玄関の扉の
脇においてあるので運ぼうと思ったら重過ぎて運べなかった。
もう少し食べて減ったら持って行こう。

少しずつ使いにくかったところが改善されて自分たちの家に
なって行く。狭いながらも楽しい我が家♪ 
 うそ!ご存知、クッサイ我が家でした(笑)


posted by ミチル at 22:54| ☔| Comment(2) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

おかえり

href="https://akiyamakoubou.up.seesaa.net/ginka/080313_2122~0001.jpg" target="_blank">080313_2122~0001.jpg080313_2122~0002.jpg080313_2123~0001.jpg080313_2121~0001.jpg

 予定通り、朝一でつる君を獣医さんに連れて行った。夕方遅くなって
麻酔が覚めたころ迎えに行き、昨日シウツしたココちゃんと一緒に
連れて帰ってきた。ふたりとも元気でご飯もたくさん食べる。

ココはあの、家が破壊されたドタバタ真っ最中に、幸ちゃんが拾った。
その日のうちに、手伝いに来てくれていた春駒屋さんが連れ帰ってくれた。
その間ずっと、めぐのあこがれの、やさしい犬のこんぱるちゃんが
お世話をしてくれていたそうだ。手元に戻ってからまた数日後、
さたろを迎えに行き、今度はsutemaru先生のおうちに連れて行った。
 やさしい方々に幼少時代をお世話してもらって、5ヶ月ちかく
離れていたのでどうなるか、心配だったがおかげさまで良い子に育ち、
人間が大好きな猫になり、帰って来た日から私たちにもすりすりしてくれた。

しかも、めちゃくちゃおてんばさんである。暴れまわるつる君に
最後までついていけるのはココちゃんしか、いない。若猫ぽぺぴ連も
途中で棄権するほど、つる君は運動神経が良い。それでもココは人の姿を見れば
足元に飛んで来て抱っこをせがんむ。人間大好き猫になって良かったと
思っていたら昨日獣医さんで、先生の手にみついたらしい!

先生に様子を話し、診ていただいたが元気で異常もなさそうで
ワクチン接種もしてもらってきた。

写真を見るとなんだか、つる君の目がすわっている。去勢手術したのに
漢(オトコ)になったみたい!(笑)



posted by ミチル at 22:35| 🌁| Comment(8) | 猫たちのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

仁義無き戦い

080312_0840~0001.jpg080312_0920~0002.jpg080312_0840~0002.jpg

昨夜もはげしい、たけし VS Q太郎のバトル。前まではたけしの方が
優勢だったのに、最近ではQに追い詰められて、頭を低くし、逃げ出す
すきを伺っているたけしの姿に、なんだか、ココロが痛い。

Qは何にもしてなくても、たけしがそばに来ただけでうなり声をあげ、
それはまるで壊れたバイクのごとく、叫び声に近い。想像を絶す猫シャウト。
夜中やられるとこの家はやたら外に音が漏れるのでさらに、住みにくくなることは必至だ。
 幸い上のおじさまもとなりの人も今のところ来てないけど、これから
暖かになったら隣の人だってちょこちょこ来るのではあるまいか。

以前はこんなはげしいバトルは週に数回あるかないかだった。今は
一日何度もやっている。つる君が微妙に男の子になってその証を(つまり
カケション)毎日、懸命に示していることも関係があるのだろうか。

ベッドを用意して布団を押入れから出したらとたんにたけしがイヤなかっこうをした。
あっ!!と、思った瞬間、すでに水溜りが・・・直前までQに追いかけられて
いたのだ。やれやれと、布団を部屋から出して、ベッドにもぐりこむと
ベッドの下にかくれたたけしをわざわざQが追ってきて絶叫している。
本当にものすごい声だ。すると、さっと白い影が飛び出した。
この声にたまりかねたのか、影の番長、しげるがQの顔すれすれの
ところで三白眼になって低くうなっている。Qはしげるも敵視していたが
一度、トイレでこてんぱんにやられて体中う○ちだらけにされたことがあり、
以来なんとなく、遠慮しているそぶりがあった。もしかして、しげるが
Qを叱ってくれているのかも、と思って私は静かに見ていた。と、その時
今度は私の目の前を黒いブッタイが飛んで行き、2匹の間に炸裂した。

振り向くと、寝ていたはずの幸ちゃんがあまりのうるささに腹立ち紛れに
スリッパを投げたのだった。私はものすごく、腹がたち、思わず幸ちゃんの
太ももを叩いた、思い切り!(爆笑)

毎日がこんなである。Qはだまってれば何も起きないのに、わざわざ近寄って
けんかを売るようなことばかりしている。今まではそれでも弱っちかったから
逃げて終わりだったけど、最近は頭角を現してきたので何とかしないといけない。
ほんとうはQのようなタイプは一匹で飼ってもらえたら幸せになれたんだと思う。

暑くなって夜窓をあけて寝るようになったらこんなシャウトされたら
ロバの鳴き声が、さらに悪者になるだろう。何とかしなくちゃ。。。

それ以外のカケショ〜ネ問題では、今日、ここちゃんがヒニンシウツに
行った。まだ鼻がぐしゅぐしゅなので事情を説明し、後は先生にお任せした。
一泊入院で、無理をお願いして明日はいよいよつる君だ。これで
カケショ〜ネと、仁義無きバトルが少し収まると良いのだけれど。。。

 朝起きるとすぐ、またつる君が私のなけなしの布団にカケションした。
本日の洗濯布団、3枚なり。もう、洗濯しすぎて四隅が擦り切れて
ぼろぼろだ。でも買いなおす気持ちはもちろん、ナイ(爆笑)

写真は、こんなのニュースで見たことありませんか?カナダの漁港に現れて
車に寄りかかって車を壊しちゃった巨大セイウチみたいなQ太郎、
いつの間にかちゃっかりチャッピーのご飯を一緒に食べてるぽん、
ヒニンシウツに行った今朝のここちゃん。私の指をしゃぶっている。




posted by ミチル at 23:08| 🌁| Comment(6) | 猫たちのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

春が来た

080311_1022~0001.jpg080311_0952~0001.jpg

 とうとう、ももひきを、脱いだ。それは、厚めのタイツ、などという
おしゃれなものでなく、2日くらいはいているとひざがぽっこり
出てくる正真正銘のももひき。。。(爆笑)だけど脱ぐと寒い感じがする。
3ヶ月ちかく毎日はいていたからももひきが肌の一部になっていた。

木々の芽がふくらみ、山全体が赤くなっている。花粉も飛んでいるのだろうか。
手の届くところの杉の花をゆすってみたが煙は出なかったけど。
小鳥たちが楽しそうにおしゃべりしている。向かいの山とこちらの山で、
ぎゃっぎゃっぎゃ、びょょょーっと掛け合い合戦のように、よくしゃべる鳥たちだ。

今日は早めに犬たちの散歩に行ったので、案の定工事車両と何台もすれ違った。
めぐだけフリーなのでとっさに呼ぶ。カーブのところでトラックからは
こちらが見えないので減速してくれない。思わず、道の向こうにいる
めぐにマテと、声をかけたらめぐは道の途中まで来てそこで座ってしまった。
トラックの運転手さんが気がついて笑っている。めぐを引き寄せ、頭をさげて、
やりすごした。

雨が降ったあと、小さな小さな沢ができるところからいつものように、
めぐは山に駆け上がった。いつもは姿が見えるのに今日は奥の方に行ってしまった。
 すると突然、キジが飛び立った。一羽、しばらく、間が開いてもう一羽。
次の瞬間めぐの姿が見えた。またキジを追いかけたんだなー。ダメだよ〜、
キジなんかいらないよ〜と叫んでいたら、またトラックが来た。とっさに
スワレと叫んだら、ずっと遠くの、小さな姿のめぐはちゃんと座っている。
普段はこんなに言うこと聞かないのに、こっちが危険を感じて叫ぶと
ちゃんとわかるのかなぁと思った。

今日は大安なのだ。そして、管理のおじさんに今日から工房の工事に
入るので、塩と酒と米を用意しておくように言われていた。約束の時間に
管理のおじさんでなく、おじさんの下で仕事をしているなじみのおじさんが
ゆんぼに乗ってがががががと道を上がってきた。図面を見ながら
メジャーで計ったおおよその場所に木杭を打つ。その杭の根元に、
東から順に、四隅、真ん中、幸ちゃんが塩、私が米、おじさんが酒をまいた。
あちらの家の工房はこんなことしなかった。だから土砂崩れに合っちゃったんだと
つぶやくと、おじさんが木を切っちまったからだよ、と何気なく言う。

来週あたりから本格的に工事が始まる。今度の工房は絶対崩れませんように。
前オーナーが丹精こめた畑の作物が少し残っている。6月に収穫できるという
たまねぎ、ニンジン、小松菜、キャベツ等。。ミニユンボがたまねぎの上を
通るので申し訳ない気持ちでひっこぬいた。玉はほとんどできてなくて
ただの短めのねぎだ。ニンジンは全部ぬいたけど10センチくらいしかない。
銀花が欲しそうにしてるので持って行くとねぎもむしゃむしゃ食べた。
ねぎを食べた直後のろばに顔をなめられるのはあんまり嬉しくないことだ。

部屋にあがると犬たちが外の物音にわんわんわんわんわんわんわんわん、
うるさい。写真はスワレ、マテさせられている、いつになく、神妙な
顔つきのめぐ。
posted by ミチル at 22:21| 🌁| Comment(14) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

あそんであげるよ

080310_1505~0001.jpg080310_2039~0001.jpg

 敬愛するボブ・ディランの古い曲にハードレインがある。
名曲だと思う。今朝、あたりはもやで真っ白、そんな中、空から
まっすぐな、銀の棒みたいな雨が地面を叩いていた。夜のうちに
ベランダに出してしまった洗濯物を取り込みながら思わず口ずさんだ。

こちらに移ってこんな雨降りは初めてだ。前の道は前オーナーが
言っていたとおり、上からの水が流れている。今朝は銀花も鳴かず、
犬たちもさわがない。雨降りだと、諦めているのだろう。
あちらにいたら、これだけ激しい雨が降れば、崩れはしないとは
思いつつ、やっぱり私は怖い思いをしていたかもしれない。

ところが午後になると青空がのぞき、雨はぴたりとやんだ。
朝一で確定申告に行った幸ちゃんが、ちょうど帰ってきたので犬たちを
散歩に連れ出した。犬たちも朝ごはんを食べても、いつものように
騒がず、諦めて昼寝していたが、リードを持つともう、大騒ぎ。
そんな時だけ、めぐは飛びつく。めぐが後ろから飛びつくと私でも
よろめく。玄関でまだだよ、と言うと、ちゃんと降りないでみんな
待っている。その代わり、靴を履いていいよと言うと弾丸のごとく
庭に飛び出す。いちごとゆりは伸縮リードだがめいっぱいのところまで
行っておしっこだ。

銀花も顔をのぞかせた。チップは調子が良い。敷いたところは
当たり前だがぜんぜんぬかるんでいない。ただし、たったの軽トラ
1杯分の廃材チップがいつまでもつか、だ。

散歩から戻り、犬たちの足は珍しく雑巾で拭いた。めぐは覚えていて
銀花みたいに足をちょんちょんと触ると自分で足をあげる。馬みたいな犬(笑)
犬たちを部屋に入れて待ちわびてる銀花と遊んだ。私をかじりたい。
だけどかじらせない。こちらもフェイントを使って後ろを向いて
銀花が忍び寄ったらとぼけて突然振り向く。銀花のあわてようは
何度繰り返しても笑える。そんなあせるようなこと、しようと思ってたの?(笑)
追いかけたり追いかけられたり、犬たちがいたらもっと面白いけど
部屋の掃除は1度でたくさんだ。

部屋に上がって今度はしばらくダイと遊んだ。扉を開けておいても
工房で暮らしていた時のように、気楽に出て来れない。腰をかがめて
じっと様子を伺い、遠くで音がしたらそれだけでひっこんでしまう。
カラスは本当に注意深い生き物だ。いつかsutemaru先生が、カラスが
ペットにならなかった理由がある、とおっしゃっていたのがわかるような
気がする。それでもしらんふりしていたらこそこそ出てきてばあ〜っと
飛んでぼたっと落ち、荷物の山の上でしばらくお山の大将をやっていた。
いそいそと小屋に戻ってからはミルワームをたくさん食べた。

写真はお山の大将ダイと、ついに発見された未確認生命体!(笑)
posted by ミチル at 22:11| ☁| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

朝寝坊

080309_1951~0001.jpg080309_1119~0001.jpg

うちの家族は誰も早起きのものがいない。誰かに起こされなければ
お昼過ぎまで普通に寝ている。これはいかんとは思いつつ、一向に
改められない。平日は嫌でも7時過ぎに起きるので土日は寝てないと
ソンな気分に、3人ともなるので、そんな中一番に起きたものは
一日王様気分でいばっていられる。で、今日は私が起きた、10時過ぎに(爆笑)

幸ちゃんはあれ以来なんだかんだ行って和室で寝ている。ッル〜〜〜イ!!!
昨日の夜、あんまり見事にネコが、タイルのように隙間なく、私のベッドに
はりついて、写真を写そうと思ったけど、肩と腕しか身動きが取れなかった。
今夜は携帯を持って寝よう。

 朝寝坊の日は犬たちは待ちわび、銀花は気配を察しさっそく、吠える。
まずは銀花ご飯。夜のうちにふやかしておいたヘイキューブにふすまを入れて
外に出ると玄関に荷物がおいてある。中を見ると、ネコの草と、高齢猫用のおやつが
入っていた。誰が持ってきてくれたんだろう?いずれにしても親しくしてる
村友たちは休日の午前中我が家に来る人はいないから、、、でも、うちが
ここに引っ越したことを知ってる人。。。誰だろう??

のんびりした日曜日、幸ちゃんは昨日買って来た冷凍庫の台を作り、
冷凍庫は使えるようになった。さっそく、豚のモツを買ってきて
犬たちのご飯をたくさん煮た。若犬衆にはほんの、ぽっちり、
だってこれはチャッピーに作ってあげたんだから。さたろにもいつも
レバーを煮てやっていたことを思い出した。あれから半月、私の
アタマは少しはまともになったのだろうか。
posted by ミチル at 22:18| ☁| Comment(8) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

かいもの

080308_2041~0002-0001.jpg080308_2038~0001-0001.jpg

ものすご〜〜〜く久しぶりに、コストコへ行ってきた。こちらの家の冷凍庫は
小さいのでわざわざ行くのも考え物だったけど、結局今後のことを考えて
コストコで超特価の冷凍庫を買うことにした。どのくらい安かったか、と言うと、
100リットル横開きの縦型で2万円以下だった。これでこれからは
お肉とか買いだめしてチャッピーのご飯だけでも作ってやれる。

お昼過ぎに出て、帰ってきたら暗くなっていた。片道どうしても1時間半。
行きは私が運転して幸ちゃんは横でずっとipodを聞いている。なんか、、、腹立つ。
携帯音楽プレーヤーは、若い人たちはぜんぜん普通に使っている。いちおう、
どこへ行くにも持っては行くがあれを耳につけたまま、買い物も、
町を歩くこともなんとなく、はばかれてできない私たちは結局持って行って
持って帰ってくるだけだ。だから家の仕事が終わって夜、パソコンを開いたときだけ
コタツの上において、聞いたりする。でもそれなら普通のコンポとかで
良いような気がするし(笑)もしかして、ipodを上手に使えるか使えないかが
若者と年寄りの分かれ道ではないだろうか。車のスピーカーに飛ばす装置も
あるようだが、2人で音楽の趣味が違うのでそれもきっと。。。バトル必至。

コストコに行くとどうしてもひとつが大きいので山積みの荷物となる。
いつもは皆さんのドライフード、ペットシーツがメインだったのだが
ネコのドライは同じものばかりでなく、いろいろな種類をあげるように
sutemaru先生から教わったのでいくら安くて安全でももう、デカ袋は
買わなかった。その代わり、ネコ缶と1,5kgのドライフードを3つにした。
こんなの、すぐ食べちゃうけど。。

荷物運びを考えなかったことを、家についてから思い出した。
駐車場に車を入れて、畑を通ってそれぞれ2往復して何とか運んだ。
こんなにたくさんあっても何日分かな〜。食いしん坊一家だから
食材はあっという間になくなるのは動物、ヒト、変わりなし(笑)

みんな良い子でお留守番ができた。銀花は待っていたようで
車が上がっていくとぼえ〜っと吠えている。荷物を入れてすぐ
馬着を着せてご飯を持っていくと、嬉しいのか突然爆走し始めた。
私の直前まで来て頭をフリフリして、急転回してまた、走り出す。
後ろ足蹴り上げながら。こんな時うっかりスキを見せるとちまっと
かじって逃げる。しゃがんでいると前足をはねて飛びつこうとする。
銀花の行動は大型草食動物として、問題ありかもしれないけど、悪意が
あるようには思えない。その行動はまるっきり犬と同じだ。
。。。変なロバ。
posted by ミチル at 22:49| ☔| Comment(6) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

うらぎりもの

080307_1244~0001.jpg080307_1011~0001.jpg080307_1245~0001-0001.jpg

とうとう、昨夜、多少熱っぽかったらしい幸ちゃんはネコ部屋を出て
和室で寝た。和室にはピアノがあり、パソコンがあり、鳥たちがいる。
つまり、ネコやイヌの被害を受けたら困るものたちの住まいなわけで
今はそんなわけで行き場所のない荷物やお菓子なども置かれたりしているのだが
いずれは客間になる予定の部屋だ。中央に掘りごたつがあり、使える
パソコンはauのカードにつないでいるノートなのでコタツに入って
これも書いている。和室で、コタツに入ってテレビを見ながらなごむ習慣が
うちにはないので正直、和室は使いずらい。

そんな和室、荷物避難場所に、幸ちゃんは2階から布団を担いできてしいた。
裏切り者〜!と、ココロの中で叫びつつ、私は一人でネコ部屋に上がった。
猫たちは待っていてほぼ、全員が足元に寄ってくる。トイレを替えて
掃除機をかけて折りたたみベッドをいつものように設置。しかし今日は
隣がないから布団が床にずり落ちる。猫たちはいつもと違うのに
ちょっと戸惑い、しかし遠慮容赦なく、たった一つの私のベッドに
おしくらまんじゅう。それでもカケショ〜ネされなかったので熟睡した。

今日は一転、和室で寝ただけあって、元気になった王様はパソコンの
まわりに棚などこしらえていた。和室はちょっと片付いて、
押入れの上にかかっていた、この家のために前オーナーの知り合いが
贈ったという書も玄関に出してあった。素人の私たちではあるが
なんとなく好きになれない書であった。その、はずして気持ちよくなった
壁には、ピアノを弾く時明るいように、ゼットライトが取り付けられていた。

今日は午前中は良いお天気で犬たちと散歩していると汗が出るくらいだったのに
午後から曇ってきて夕方またちょこっと雪が降った。今日も平和、やっと週末。。。
幸ちゃんは今夜もまたここで寝るんだろうな〜。くそ〜

そうそう、ダイは先日から教えている「お手」が何を意味するか、
すっかり理解したようで、ちょんちょん、と足を触って
「お手」と言うと90パーセントの確立で私の手に足を乗せるようになった。
うちの犬たちは誰もできないのになー。次は「おかわり」教えてみようっと。
ダイはいつも私たちから食べ物をもらって、ご褒美は、と言うと
とりあえず、甘いささやきと、なでなでな〜でが一番喜ぶようである(笑)
posted by ミチル at 23:19| ☔| Comment(6) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

でっかい牧草

080306_1426~0001.jpg080306_1424~0001.jpg

銀花のオーツを、買出しに行く春さんに一緒に買ってきてもらった。
幸ちゃんは朝から風邪気味とか、言っていたが昼過ぎ取りに行った。
しかし、これ、どうやってこの、高台の家に運び込むんだろう?
あちらの家ならネコにつんだり、何とか駐車場から銀花小屋まで運べたけど。
雪が消えた畑の向こうの駐車場に車を入れ、90リットルの
ポリ袋を用意して、いくつかに分けて畑を通って玄関前の銀花の牧草ボックスに
運んだ。がっちり圧縮してあって、10センチくらいの厚みにわけようとしても
硬くて途中でくずれてしまう。で、車の中には大量の牧草がちらばって、
ミニチュアホースなら1日車で暮らせるくらい(笑)

めぐにはさんざんがぼっと吐かれ、おまけに毛だらけ、
ガソリンの値段が下がらなかったら燃費の良い軽に買い替えも
考えているがこんな車、下取りにも出せない。なんだかいつも
車を買って、あとあとのことを考えてきれいに使うのはせいぜい2ヶ月、
その後はさっさと諦めて乗りつぶす方に回るのは、ひとえに私が
だらしない女だからです。

大きな牧草ボックスをあちらから持ってきた。いっぱいになって
ふたがしまらないけど、銀花は1ヶ月くらいで食べてしまう。
もうじき、食欲が落ちてくるがまだまだ旺盛。散歩に行かれないので
庭に生えてる草をむしりとって食べさせてやる。今日は遅ればせながら
フキノトウ発見。銀花はこの時期のフキノトウを喜んで食べる。

暖かい柵で今日はゆりと一緒に遊んだ。ゆりはちょっとぼんやりしてるので
めぐよりは相手になる。私もまじって一緒においかけっこをしたらこけた。
転ぶ時は立て直せるかな、どうかな、あ、ダメだったというのが
パターンだと思う。気がついたら私は転んで空を仰ぎ、銀花のあごが見えた。
乗ロバでもなく、何にもしてないのに足元に転がってる飼い主を
銀花は明らかに馬鹿にしていた。そういう時の銀花の気持ちは
100パーセント、わかる!(笑)
posted by ミチル at 22:33| ☀| Comment(2) | ペット ロバ  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

いいのか、これで!?

080305_1303~0002.jpg080305_1304~0001.jpg080305_1305~0001.jpg

夕べ少しうとうとして寝返りを打ったら足が冷たかった。
なるほど、昨夜は少し雪が降り久々に冷えた。しかし、これは…違う。
布団が。。。足元が。。。湖になっているらしかった。
私は無意識に、一番上の布団を外側に三角に折り返し、起き出さずに
そのまま、朝まで寝た。結局朝一で洗濯布団は3枚、つまり全滅。
シーツはもう、あまりに猫たちに爪を立てられぼろぼろになっていたので
洗濯しないで捨てることにした。毎日毎日カケションされて
寝室を和室にしようか、と幸ちゃんと話した。それか思い切って
居間で、寝る時折りたたみベッド広げて犬たちと寝ようか。
だけどそうしたら、普段居間に来られない猫たちと一緒にすごす
時間がなくなってしまう。毎日毎日、洗濯しながらやっぱり
猫部屋で寝るんだろうなー。

3月に入ったことだし、獣医さんに連絡して、来週、つる君とここの
ヒニンシウツの予約をとった。2人ともまた鼻がぐしゅぐしゅしてるけど、
めちゃくちゃ元気に飛び回っている。これで少し、激しいかけしょん合戦が
おさまれば良いのだけれど。猫のかけしょんは独特のにおいがする。
つる君に連鎖反応して、たけしも今日は2回、華厳の滝を降らせ
下で爆睡していためぐみを直撃。めぐは災難。

今日はついにミー太郎までが居間に下りてきた。小心者だけど案外びびらず、
ゆりに鼻をつけて挨拶などしている。ゆりの方が明らかに、でっかいミー太に
戸惑っているのがおかしかった。お客さんが来ればわんわんうるさいけど
居間は平和な空間だ。

夕方犬たちがベランダの方を向いてけたたましく吠えている。
のぞいてみると、派手なベストを着たテッポーブチのおっさんがふたり。
黒光りするライフルを肩にかけて、家のすぐ前の藪を捜索している。
めぐ、いちご、チャッピー、ゆり、吠えろ吠えろ!
そして!おっちゃんたちが踏み込んで歩き回っているあたりは
うちの犬たちのウ○チがたくさん投げてあるんだよね。
悪いけど、絶対踏んだなー(爆笑)
posted by ミチル at 22:04| ☀| Comment(6) | 犬と猫のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

愉快なダイ

080304_1517~0001.jpg080304_1309~0001.jpg

火曜日はピアノが復活し、教えに来てくれる友達には1日も早く、
ちゃんと稼げる仕事が見つかって欲しいし、子供たちにはいつまでもピアノを
教えて欲しいし。。。あの日以来、うちにはあまり人が来なくなった。
あちらの家の時は何があるかわからないので、家に人が集まって
来ないようにしていた。こちらになってからは私の中の鍵が外れて
しょっちゅう、子供は遊びに来る。にぎやかになってうるさいけど
やっぱり子供たちの笑い声がげらげら聞こえるのは楽しいと思う。

ピアノは和室にあり、和室にはダイとピッチがいる。
ダイはうち中で一番人見知りが激しい。それはやはりカラスだからだと思うが
はっきりと、家族以外に警戒する。毎日私が遊ぶにも、大きな動きや突然の
大声には一瞬パニックになる。だからダイにはいつもやさしィィィく声を
かけて、そおっと手を出す。そうすれば頭を下げて体中なでさせてくれるし
最近は私がおでこやほっぺにチュ〜をするのも許してくれる。
そして今、私はダイにお手を教えている!足だけは長く触られるのが
キライのようだがちょこんと触って「お手」と言って、私の手のひらに
ダイが足を乗せる状況を作ってやる。それで乗せたらう〜〜〜んとほめる。
ほめたり、愛情を持って話しかけるのは犬よりも猫よりもロバよりも、
カラスは敏感にわかるみたいな気がする。

今日はずっと扉を開けておいたが出てこない。一瞬出たと思ったら
不器用に部屋の中を羽ばたいてすぐ、戻ってしまう。そしてティッシュやら
缶のふたやらミルワームやら入った水桶で水浴びだ。

ピアノが始まるとダイも歌っている。カラスは頭が良いから先週一度の
同じ状況で危険がないとわかったのだろう。やさしい声だ。アーとかウーとか
ワンワンとか、ずっと鳴いている。今日は一瞬猫の声も聞いたような
気がする。犬鳴きは卒業、次はいよいよ猫鳴き?できたら盛りのついた
つる君のだみ声じゃなくて、やさしくみゃあ〜と鳴いてくださいな♪
posted by ミチル at 22:52| ☀| Comment(6) | カラスのダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チップ敷きました

080303_1530~0001.jpg080303_1307~0001.jpg080303_1211~0001.jpg080303_1159~0001.jpg

久々の重労働にキーボードを打つ手が重い。急に幸ちゃんが
チップをもらいに行こうと言い出した。軽トラにあおりもついてないよ?
と、思っていたら働き者の王様はすでにコンパネを寸法に切って
はめ込めばよいようにしてあった。掃除を中断して、軽トラに乗り込む。
家から20分くらいのところ、ちょっと目立たない山の上に
廃材の粉砕場があった。先日、別荘の管理のおじさんが工房のことで
来た時、地元の産業に明るいおじさんに私はしっかり、チップのことを
聞いていた。もっとしっかりしている幸ちゃんはその後すぐ、その場所を
探し当てて、ただでもらえる算段をつけてあった。

あちこちプレハブが建っていろいろな種類のチップというか、
粉砕した木屑が山積みになっている。ここは林業でなく、
家などを壊した廃材を受け入れ、それを粉砕しているらしい。
業種としては、受け入れることでお金が入り、チップにしたものを
お金に換えることはしていないらしく、これからもいつでも
下さると言う。電話もしないで行ったのでしばらく待たされるが
軽トラのあおりを立てた荷台いっぱい、ショベルカーでたったの
2杯だったけど、山盛りに積んでもらった。

タダ、は嫌なので途中で買って行った日本酒を渡した。これは
牧場に敷かない方がいいよ、畑だなー。牧場に敷くならあっちの倉庫に
もっと大きいのがあるからそっちを持っていけば良いよ。。。って
今、言われても〜!!確かに細かくて、しかも湿っていてすでに堆肥に近いような。。
しかしこんなに山積みにいただいちゃって、またいつでもくださるのなら
今回はこれで良いことにする。

準備として、あまりにぬかるみがひどかったので友達にアドバイスを
受けて私は土嚢袋を大量に購入した。これにつめて巨大・立体タイルのごとく、
敷き詰める予定でいた。しかし銀花柵までは最低階段8段、山盛りのぬれたチップ。
袋に詰める前にすでに私は気絶している。幸ちゃんは軽トラを銀花柵の前の、
駐車場に上がるスロープに止めた。私は銀花の小屋からいつも間食用の干草を入れている
大きなバケツを持ってきた。軽トラの荷台のチップの山から銀花柵まで高さ1メートル。
幸ちゃんがバケツにチップを入れて頭上に持ち上げる、私は柵の中から手を伸ばし
バケツにつけたロープをひっぱりあげる、この作業を延々と繰り返す。
何も考えない、考えたらそのとたん力が出なくなるから(笑)

銀花は興味津々、そして。。。いかんっ!銀花は腐った木が好物だったんだった!!
このことをすっかり忘れていた。案の定、鼻をつけ臭いを嗅ぐだけでなく、
口を動かしている。あああ。。。たくさん食べなくて良かった。

昼過ぎ、やっと荷台が空になる。それから今度は山にしたチップを
フォークでばらまき、特に傾斜のきついところにたくさん入れた。
厚さで10〜15センチくらいにはなったと思う。これでどのくらい持つか。

まぁまた、行けばいつでももらえるけど。。。この作業をするには
かなり、覚悟がいる。郵便屋さんが来た。何やってるの?と柵の中を覗き込む。
そしてひとこと、…大変だね、人間より手がかかるね。そうですってば!
みなさん、ロバなんか飼っちゃだめですよー(笑)
posted by ミチル at 00:14| ☀| Comment(8) | ペット ロバ  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

がんばるめぐ

080302_1459~0001.jpg080302_1457~0001.jpg080302_1520~0001.jpg080302_1551~0001.jpg

穏やかな陽気の日曜日。それでも犬たちを連れて道の奥に進むと
まだまだ氷河時代。凍結した道はつるつるで犬もこける。
先に、もとは谷を埋めた産廃の場所だがちょっと開けた場所があるので
犬たちの散歩はいつもそこに行く。そこでいちごとゆりも放してやる。
脇が山の背になっているのでそこまで下っていくと山の中に入り、
とても散歩コースにはならないが、犬たちは道なき道を嬉しそうに
つるんで駆け回る。急な斜面は松林になっていて、春蘭のちょっとした
群生があり、咲くころが楽しみだ。すぐいなくなるゆりといちごも
おやつに釣られてか、こちらの家に移ってからは行方不明になることもなく
呼べばすぐ戻ってくる。まだまだなじみの土地ではないからだろうか。

暖かくなり、あちらの家では3月頭に考えられないことだが少し
窓やサッシを開けて空気を入れ替えたくなる。しかしこの家は
すべてサッシで、外壁も木じゃないからあちらの家のように外から直接
丈夫なステンレス製の網を張ることができない。そこでまた幸ちゃんが細工して
破かれるのが目に見えてる網戸を守るために、丈夫な網を張った木枠を
こしらえて窓枠にはめ込んだ。これで直接網戸に触れることができないから
破かれる心配はない。リビングのベランダに出入りする大きなサッシも
こちらは考えて、あちらの家の台所とリビングの間につけていた網の扉を持ってきて
不恰好だけど犬たちが網戸をひっかかないように、サッシの前につけた。
我が家は歴代いたずらものばかりで、こんな細工をしておかないと
脱走したり、やぶいたりするので人間の方はいつも不自由になるけど仕方ない。

午後になって工事が終わったのでまためぐを連れて猫缶とペットシーツを
買いに行った。この前お買い物デビューした同じ店だが近くの方なので
ドッグカフェがない。ドッグカフェがある方は小一時間かかるので
車酔いするめぐには近い方に行くことにした。めぐは自分から車に
乗り込んでくるようには、なった。しかし、店に着き、駐車場に
止めても降りてこようとしない。何とかなだめすかして自分から降りてきたが
震えが止まらない(笑)店に入ってカートに乗せるのもだっこ。
帰りはちょっとだけ寄り道して人間の食料品も買い物にまわった。
めぐは車の中で幸ちゃんとお留守番。おりこうだったのでご褒美に
焼き鳥を買ってきてあげたのに。。。緊張極まってか、食べない(笑)

時間にして車に乗っているのは片道30分足らずだけどやはり帰り、
がぼっと吐いた。休憩と、めぐのお楽しみに公園に着くほんの少し前だった。
まだまだ、ドライブドッグには程遠いけど自分から車に乗れるように
なったのは偉いね。今回も何人かの見知らぬ人から注目の的だった。
ほかにもカートに乗ってる犬はたくさんいたのに、なんでめぐが
こんなに注目されるんだろう?やっぱり、大きな図体でびくびくしてるのが
面白いんだろうなー。・・・飼い主も面白いもの!(笑)

posted by ミチル at 22:41| ☀| Comment(8) | 犬と猫のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

ちょっとお留守番ね

080222_1020~0001.jpg080222_1020~0002.jpg

皆さんのお世話を終えて、大慌てでしたくして甲府に映画を見に行ってきた。
巷で話題のライラの冒険。年甲斐もなく、私は野の子より、ファンタジーが好きだ。
面白かった。もっとも、全然映画通じゃないのでとりあえず、見ればみんな面白い。

どこにもよらず、明るいうちに家についた。みんないたずらもなく、
おりこうにお留守番ができた。小一時間でもでかけて、リビングに入るには
ちょっと覚悟がいる。なぜかというと、うちの犬たちはしつけが悪くて
みんなで飛びつくからだ。めぐはトレーナーの先生に来ていただいて
お勉強をした犬だけど、飛びついたらいけないと教わったんだけど・・・
やっぱり、うちの家族は犬が飛びつかないと物足りない。
幸ちゃんなんか、いやがるめぐの両手を持って、飛びつき方まで教えている(笑)

暖かくて今夜は銀花に馬着を着せていない。まだまだ油断できない当地の春。
だけど山の上の家ならこの季節に昼間でもストーブをつけないなんて絶対考えられない。
こちらの家は、夕方になってもつけずにいられる日がある。ってことは
夏は暑いのかな〜。3月に入り、もう、雪だけはご勘弁願いたい。
posted by ミチル at 22:52| ☀| Comment(8) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする