2008年02月21日

給湯器その後

080221_1531~0001-0001.jpg080221_0956~0002-0001.jpg080221_0937~0002-0001.jpg

午前中、ご近所の別荘のおいチャンご夫妻が遊びに来てくださった。
お二方とも、我が家のワンワンワンンワンワンワンワンワンな
犬たちがぜんぜん平気なのでこちらも気安い。実はなかなか、ここまで
気安く、私たちはお客さまをお迎えできないのが現実。
だって・・・ワンワンワンワンワンワンワンワンワン・・・
・・・ウレショ〜ネがもれなくついてくるしね(笑)
な、中、楽しく歓談などしていると、給湯器の修理の方がいらした。
やっと静かになったらまたしてもワンワンワンワンワンワンワン・・・

給湯器は温度センサーがいかれていたそうで、部品さえあれば
交換ができるそうだ。が、13年前のもので、部品の保管期間は8年間だと言う。
そしてもしか、全国中さがして部品があったとして、その交換だけでも
5〜6万はかかるんだそうだ。これはやはり買い換えだなー。

ところが何ともラッキーなことにおいチャンご夫妻の本宅で、
つい先日買い換えたという、しかも半額近い値段で。
息子さんがネットで探してくれたというところを教わりすぐ連絡してみる。
やはり激安。30万くらいのが工事費用込みで20万あればお釣りが来る。

しかし、見積もりから設置まで1週間くらい見てくださいと言われる。
とは言っても夕方さっそく、手配してくれて見積もりが来た。
メーカーが変わるので室外機だけでなく、室内のコントロールパネルも
交換しなくてはならないそうで、なんだか大掛かりになりそう。

犬たちを見張るのでいっぱいなところ、働き者の猫のぽんは
業者のおじさんの、いちいち後をつけて、お風呂場から玄関から行ったり
来たり忙しい。お道具から、スリッパまでも詳細ににおいチェック。
風呂のふたを開ければ一緒にのぞいている。幸い業者さんも動物は
ダメな人じゃなかったみたいで良かったけど恥ずかしいのはこちらだ。
風呂桶に落ちるからあぶないよ〜とか言われてるぽん太。
一度落ちてしまえ〜!(笑)

posted by ミチル at 23:03| ☀| Comment(8) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする