2008年02月08日

憧れのサラサラ堆肥

080208_1041~0001-0001.jpg080208_1502~0001-0001.jpg080207_1535~0001-0001.jpg

よく晴れたが寒い一日だった。幸ちゃんはとうとう、石油のバーナーを
持ち出して、駐車場の前のスロープのがちがちに凍ったところを
何時間もかけて溶かしはじめた。駐車場まで何とか車が上がれるように
雪かきしても上の道からとけて流れた雪がそのままの形でがちがちに
凍ってしまう。傾斜地というのは本当に不便きわまりない。

今日の荷物運びは私はお休みをいただいて、全面犬トイレと化した
ベランダを片付けていた。風が吹くとペットシーツがみんな
飛んでしまうので大きな針金の網をペットシーツの上に乗せてみたが
犬たちはちゃんと用を足してくれた。隣の畑部分に工房が建ったら
また網で囲って犬たちをちょこっと出してやれるようにしたい。
 幸ちゃんは銀花のコンポスターを運んできた。27日から
暮らし始めてちょうどコンポがひとつ満杯になった。
そういえば昨夜、ガスが出なくなりガス屋さんに電話してボンベを
運んでもらった。どちらもほぼ2週間が限界ということだ。

コンポは今度は銀花に転がされないよう、シャベルで土を少し掘って
土台をしっかり固めるように設置した。しかしぜんぜん堆肥になんか
なってない。今までぼろを入れたコンポがさらっさらの堆肥になった
ためしはただの一度もない。こちらは日当たりもそこそこ良いのに。
裏にあった枯葉を少し入れて水をかけてみた。今までは特大のごみバケツに
丈夫なガラ捨て袋を入れてどんどんぼろを入れては地主のおじいちゃんの
畑に持っていっていた。今回はこれだけろば!ろば?ろば!?がいるとね…と
管理のおじさんに釘を刺されているから今はまだしも、夏場の臭気とか
気をつけなくてはならない。銀花は朝少しおなかがゆるめだったが
夕方には直っていた。柵はどろんどろんだから一日何度でも裏堀をする。
たまにテッピがかつんとあたり小さな小石がうずもれていることがある。
これで去年の夏は足が痛くなったのだ。ぐりぐり掘り出すがまた入ってしまう。
雪の季節が終わらないと装丁師さん呼べないなぁ。

やっと週末で明日は寝坊できる。またお天気が荒れるそうだが
お願いだから降りませんように!


posted by ミチル at 20:30| ☀| Comment(13) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする