2008年02月29日

面白い銀花とゆり

080229_1006~0002.jpg080229_1006~0001.jpg

昨日はまたしても急な出費を覚悟して、気持ちがへこんだ。
いや、へこんだ本当の理由は、動物がらみのクレーム・前身だったのかも
しれない。そうだ、まだ文句が来たわけではないし、あれこれと、
一度しか会った事のない隣人の人となりを勝手に想像して、それだけで
もうへこむ。スポーツ選手だったら、きっと「メンタル面が弱い」に
なるんだろう。

昨夜auのやっとこ1メガ出るかでないかのネットをつないで検索しまくる。
考えていた強力脱臭機は結局室内用でどんなに強力と言ってもロバ臭に
比べたらたかがしれてる。そもそも、銀花小屋にたとえ高価な高性能の
ものをおいたとしても、もって一年くらいではあるまいか。角度を変えて
家畜用と検索かけたら出てくる出てくる。それは、機械や装置ではなく、
微生物や自然界の物質などを利用した消臭剤、もしくは脱臭剤。
ペットと家畜の違いが値段と量に、非常に現れている(笑)
鶏舎とか牛舎、さらに直接糞尿にスプレーなんていうのは、スプレーの
大掛かりな機械まである。こっちを最初に調べたらよかった。
たくさん、ある。どれにしたら良いのか迷うくらい。問題はアンモニア臭だから
アンモニア臭に対してちゃんと実験結果の出ているいくつかをしぼって
一番小さい1リットルというのがあったのでそれを注文してみた。
どのくらい効くものか。今日あたり、暖かで嬉しいけどさっそく羽虫が
飛び始めた。山の上の家ならぜんっぜん、気にしなくてよかったのにな〜。

犬たちの散歩からもどり、私はいつも部屋に上がらずそのまま
銀花柵でボロや小石を拾う。犬たちが遊びたがるようになったので
今日は3匹とも入れてやる。離れて見ていると銀花は
遊びたいみたいで近寄ってぱっと方向転換して走り出す。しかし
犬たちは銀花がぱっと動いた時すでにびびって逃げるから銀花はいつも
取り残されてしまう。いちごが低い姿勢で銀花の顔の近くで吠えた。
いちごも遊びたくなったらしい。しかし銀花が走り出すと犬たちは
いっせいに隅っこで石拾いしてる私の、背後にまとまる。

やっぱり面白い犬はゆりだ。ちょっと、反応が遅い。ボロが欲しくて
まるで漫画みたいに前足で必死に掘っている。そこに銀花が来ても
ぜんぜん気がつかない。マイペースという言葉がぴったりのゆり。
そして銀花の水を、遠慮なく飲む。ほかの犬たちは銀花が近寄って
来ると銀花に譲るのに。銀花はゆりのお尻をちょっとさわった。
まるで私の水よ!と言ってるみたい。それでも動かないゆり。
2度目、同じように銀花はゆりのお尻を鼻先でちょっと押したがやはり
ゆりは動じない。銀花はもう、あったまきた!みたいに前足をどんっとした。
やっと、おもむろにゆりがバケツから頭を上げるとゆりを押しのけて
銀花はやっと水を飲んだ。
posted by ミチル at 23:04| ☀| Comment(2) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

にほひ

080228_0819~0001-0001.jpg080228_0820~0001-0001.jpg

寝ている間に頭にカケションされても、起き出さない隣人は
やっかいものだと、自分でも思う。銀花柵を庭ぎりぎりに作り、
たまに来る隣の別荘のことは書いたと思う。

今日、工房のことで管理のおじさんが来て、話の合間にちょろっと
隣の人にロバの臭いが来ないかどうか、聞かれたと言う。
 ここに入る時、隣はめったに来ないし、来てもすぐに帰ってしまうから、
半永住の上の家のことばかり言われた。上のうちのおじさまは先日奥様と、
この犬だらけ猫だらけの我が家に来てくださり、昨日は銀花に
大量のニンジンを持ってきてくださったり、それなりに動物好きのようだ。
そこですっかり安心していたのだが、すぐ脇の人はそういう話を管理人に
出すということはやはり、動物があまり好きでもなく、動物臭は
もちろん嫌なんだと思う。何か言われてからでは遅い。

ここ数年辛苦をなめて、ぺこぺこするばかりではいけない、と思うようになった。
臭くなんかないですよ、ととぼけることもできる。しかしそれは
ある程度努力をしてからの話だ。動物に関わるクレームには一番参る。
こういうことには金輪際関わりたくないから建てたあちらの家は
今日幸ちゃんが水を完全に止めて電気温水器もスイッチを落とした。

強力脱臭機を買って小屋に取り付けようかどうしようか、迷っている。
もう、あっちもこっちも出て行くばかりでちょっと、悲しいけど
人間の勝手でここに決めたのだから、何があってもみんなを守らなくてはと思う。

そんな気持ちを知ってか知らずか、銀花は今日は甘えて
柵に入れば後追いして鼻先を押し付けてくる。のびのびになっていた
蹄も今日、やっと装蹄師さんに連絡した。
posted by ミチル at 21:24| ☀| Comment(8) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

かんべんしてくれませんでした

080227_0957~0002.jpg080227_1000~0001.jpg080227_0955~0001.jpg

またしても、明け方。。。美容院でホットコンディショナーか何か、
頭に注がれているような、心地よさだった。。。。。な、わけない!!
それは切ないかほりただよう、カケショ〜ネ、ついに寝ている人の頭に
かけやがったか!

。。。覚醒しないまま、腕を伸ばして犯人の猫を追い払った。
その時の身の詰まったさわり心地はタケシだと思ったけど
つる君だってこのごろなかなかにでかい。うちの猫たちで
カケショ〜ネ部門はタケシとつる君の2名だ。
悲しい性で眠くても無意識に手についた水分の臭いを嗅ぐ。
。。。ク、クサイ!!切なく、むせっかえる例のかほり。
しかし、眠いから。。定時まで寝た(爆笑)
7時の目覚ましにぐずぐず起き出し洗面所に直行。前オーナーは
シャワーつきの洗面台を置いていってくれたから助かった。
だけど今日一日ほんわか、かほるカケショ〜ネ。

これはもう、シウツだな〜。去勢シウツ済みのタケシはたいてい、
Qちゃんとやり合ったあと、勝っても負けても自己主張するように
しゃ〜〜〜っと、気持ちよさそうにあちこちかけている。
つる君は、かつてのぴーたのように、ふいをついてちょろちょろかける。
2人の相乗効果で、カケショ〜ネ合戦が激化している困った我が家。

知る由もない、カラスのダイは朝からレッスンに打ち込み、
晴れた庭で銀花は砂浴びしている。犬たちを散歩に連れ出し
銀花が寄ってきたのでそのまま、めぐとゆりを銀花の柵に入れて
しばらく一緒に遊んだ。だけど犬たちは銀花ボロ狙い。
ムツゴロウさんの本に寄ると、馬糞は犬にとって健康的な発酵食品らしい。
そうは言っても、その口でわたしの顔をぺろんぺろん、熱心に
なめて欲しくはないな。銀花は犬たちに顔を近づけそっとにおいを
かいでいる。なんだか嬉しそう。誘うように走り出すが犬たちは
ボロ探しに夢中。またお散歩一緒に行こうね。
posted by ミチル at 21:54| ☀| Comment(8) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

もう、かんべんしてください!

080226_1145~0001-0001.jpg080226_1232~0001-0001.jpg080226_1231~0001-0001.jpg

耳元で、高速の電車が走るような激しい音がして目が覚めた。
リニアの夢でも見ていたのだろうか。否、違う。何とつる君が
私の枕に前足をかけた状態で枕もとのふすまに思い切りかけしょんを
している音だった。私の全身でくまなく作動してる移動式加圧装置を
跳ね飛ばし、すばやく起き上がったので被害はふすまの壁だけ。
飛び散ったのはこの際気にしないでふすまだけふいてまた夢の中。
こういうことをされるといくら私でも熟睡はむずかしい。手の届く範囲に
つる君がいないと気になって深く眠れない。と、思ったがしっかり
7時まで寝た。

今度は幸ちゃんがあわてている。あ〜らら!同じく、まくらを
立ち台にしてのかけしょん、ならびに、あちらは布団が全滅。
私はこのような不測の事態に備え、真冬でも布団はすべて
洗えるように、薄手の夏用ダウンを2枚にキャンプ用の封筒型
シェラフを1枚使っている。少々寒い時はタオルケットを数枚使用する。
ところが幸ちゃんはうちの洗濯機には入らない厚手の毛布に、しっかりした
つくりの敷布団を使っているのだ。なので、敷布団と厚手の毛布は
諦めることに。。。洗濯することを(爆笑)

おかげで今日はベランダいっぱい洗濯布団がはためく。幸い、夕方には
乾いたけどもう、ほんと、これはイジメではないだろうかと、時々思う。

今日は先日申し込んだ給湯器の交換が来た。先週見積もりに来てくれた
同じ人で、動物が好きでうちの犬たちがわんわん吠えても座って犬たちの
目線になってかまっている。ゆりはずうずうしくもちょっこりひざに
前足を乗せてお顔などなめている。イチゴもわんわん吠えながらしっぽフリフリ、
ウレショ〜ネしやしないか、どきどきする。めぐはゆりイチゴの様子を
見て少しだまるがそれでも近づこうとはしない。

おかしいのはゆりで口いっぱいに大きなほねっこをくわえて何度も
おにいちゃんに、見せに行く。おにいちゃんの前にごろんと落として
おにいちゃんが洗面所に行ってしまうと、またくわえて戻って来る。
猫のぽんたは今日は人物チェック。どこに行くにもつけまわし、
ところかまわず、すりすり甘えて仕事の邪魔をする。犬たちは
スワレがとりあえずできるからどうしてもダメな時は座らせることが
できるけど猫のぽんたはこんな時、どこかに閉じ込める以外方法がない。

夕方からピアノがあった。友達が仕事ができなくなってしまい、
またしばらく来てもらえることになった。子供たちは大喜び。
ピアノを子供部屋から和室に移した。事前に少し私が弾いて和室暮らしの
ダイがピアノの音にびっくりしないようにしておいたつもりだったけど。。。
ピアノが始まるとダイはずっとがぁ〜がぁ〜鳴きっぱなし。
そして今日は珍しく夜になってから犬鳴きのレッスンをしていた。
気のせいか、日増しにうまくなっているような気がする(笑)
posted by ミチル at 22:29| ☁| Comment(2) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

ボリュームアップで♪



聞こえるかなー!
posted by ミチル at 17:14| ☀| Comment(8) | カラスのダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

暖かい日差し

080224_1150~0001.jpg080223_1008~0001.jpg

昨夜は未明に強風が吹いて山の尾根に近いこの家は風の音が
遠くから近づいてくるのがわかる。びゅぅぅぅぅううううう、
ばらんばらん、と屋根に何か落ちてくる音がした。今朝見てみると
銀花の運動場に松ぼっくりがいくつも落ちていた。今日は
日中はぽかぽかで春みたいな陽気だった。洗濯物を取り込みながら
ひょいっと見たら銀花が運動場で寝ている。これは珍しい!
だいぶ平らになったから転がる心配もなさそうだ。運動場も
お天気が続いて乾いていて、銀花も私も嬉しい。

今朝早く別荘管理のおじさんが来た。こっちの人たちの朝は
とんでもなく早い。8時過ぎにと約束しても7時半には来る。
朝にからっきし弱い私たちに朝一の約束ほど緊張感がみなぎるものはない(笑)

雪の季節も峠を越したと思われ、いよいよ隣の畑に工房を建てようと思う。
昨日幸ちゃんが近くの木工工場で、プレカットという、
材木の刻みをコンピューターでやってくれるところに頼みに行った。
刻みが終われば後は全部幸ちゃんが作るつもりでいたからだ。
ところが、森林組合に入っていない個人の注文は受けてくれず
プレカットを頼むとしたら森林組合に入っている材木屋から
材木を仕入れなくてはならないという。しかも。。。お高い。

話し合ってもう、すっかり、全部、別荘管理のおじさんに丸投げすることに
なった。この家は別荘地で、契約書には増築や改造をする時は
個人でやるか、おじさんの工務店以外のところに頼むと罰金と書かれている。
悲しきかな、別荘暮らし。。。おじさんにお願いしても、私たちの手元の
予算でできるのかはわからない。お義父さんに書いてもらった図面を持って
おじさんに相談に行った。手持ち予算で受けてもらえるかは
まだわからない。なんたって、虎の子の保険金でこの家を買ってしまった
のだから、私たち懐具合なんて誰だって想像できるだろう。

母屋の荷物は半分だと思う。まだ半分の荷物はいまだにあちらの庭に
出しっぱなしでそれらの行き場所は工房しかない。工房がなければ
話にも仕事にもならない。うまく行けば近々工事が始まり、何とか
5月ごろには完成すると・・・良いのだけれど・・
posted by ミチル at 21:51| ☀| Comment(2) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

お買い物でびゅ〜

080223_1501~0001.jpg080223_1524~0002.jpg080223_1525~0003.jpgmino.jpg080223_1550~0001.jpg

ペットシーツならびに猫缶、ダイのミルワームがなくなったので
買い物に出かけた。先日いらしたおいチャンご夫妻には給湯器だけでなく
実はドッグカフェのある、ホームセンターも教えていただいていた。
これはもう、めぐを連れて行くしかない!散歩に行ってしっかり
排泄させてかられっつらご〜!めぐは車はからっきしダメなのだが
sutemaru先生のおうちから帰ってくる時、助手席でずっと抱いていたら
一度も吐かなかった。車酔いする犬はたびたび乗せて慣らせるしか
ないらしい。ペットシーツを大量に持ち込んで口元から壊れた蛇口のごとく
滴るよだれをキャッチ。店までは小一時間だった。少し慣れると
よだれの量も減るのだが店につく寸前足元にがぼっと吐いた。
あああ・・・

めぐは本当に箱入りで、社会と接触させてこなかったのは私たち
飼い主の責任だ。sutemaru先生のおうちではお散歩行くのも
大変だったらしい。いつもお世話してくださったSさんに
べったり寄り添って帰ることばかり考えていたそうである。
それは、普段山の中を自由に歩いて、帰るのはいやいや
していたことからは想像もつかなかったが、家族以外の動物や人間と
接点が少なかったのでめぐにしたらすべてが未知の世界で怖かったのだろうと
思う。ついたあだ名がベンチ犬。帰ろう帰ろうとするのをSさんが
少しでも日光浴をさせてくださるために先を歩こうとしないめぐを、
ベンチでずっと抱きかかえていてくださったからである。

これではいけない。私はめぐが帰ってきた当初、これからはできるだけ
街中にも連れ歩こうと思ったのだった。やっと今日実現できた。

嫌いな車に乗って見知らぬ場所、そして始めてのカート。
店内では緊張して固まって、ほかの犬に会っても吠える余裕などないめぐ。
見知らぬ人から声をかけられても吠えるなんてとんでもない、目線は
ひたすら周囲を観察。とんでもないことに、数人のすれ違った人が
足を止め、「かわい〜〜!!」とおっしゃる。。。それはただたんに、
でかい犬だからのような気が、私はした。

思いのほかおとなしく、はじめ予想していたように、カートから
飛び降りることもなく、会う人ごとに吠え立てることもなく、
ぶじ、買い物終了。そして、、、初めてのドッグカフェ。店内にあるので
カートに乗ったまま、連れて行った。がんばったご褒美に、
ふんぱつして、手作りドッグ・チーズケーキを食べさせてやったが
気もそぞろ。本日はめぐの大変な、社会勉強の一日だった。

「めぐ、また行く?」
「え〜!!いやだよ〜!」

と、言っていそうないなさそうな。。。
まぁ、写真を見て笑ってくだされ!



posted by ミチル at 19:00| ☀| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

猫の日

b080222_0959~0002-0001.jpga080222_0959~0001-0001.jpg080222_1018~0001-0001.jpg

2月22日、にゃんにゃんにゃんの猫の日にふさわしく、朝からまたしても
布団の洗濯だ。これはつる君。昨夜折りたたみベッドを準備して
押入れから掛け布団を出して敷いた。さて、ともぐりこんで
布団を顔元まで引っ張ったら。。。顔につめたい水がかかった(笑)

押入れから布団を出した時乗っていたのはつる君だった。
去年の夏拾ったつる君にも春が来て、「例の声」と「尻尾を壁に向けて
ぴんと立てて小刻みにプルプル」する、あのポーズの季節。手っ取り早く
キョセイシウツをしたいが、まだ完全に風邪がぬけていなくて
鼻がぐしゅぐしゅしている。拾った時も地肌が見えないくらい蚤に
たかられ、がりがりだったつる君。元気は激元気だが、もうちょっと
健康を回復してからシウツと思っているのでひたすらガマン(笑)

猫たちは、ぽんはまったく犬たちを意に介せず、あちらの家にいた時と
同じようにリビングをねぐらにしている。犬たちのおやつの時は
いつの間にか混じっているし、犬たちをおしっこにベランダに出す時も
うっかりすると一緒に出て犬たちの排泄物の臭いチェックなどしている。
ぽんにつられて最近ぺもやってくるようになった。後ちょっとで
ここちゃんやぴーも、降りて来そうだ。こちらの家は階下に下りる
階段を猫たちは使えないのでどうなるかと思ったが動物たちの適応力は
人間の心配事を払拭してくれている。当初心配していたスーパーばあちゃん、
狩りの名手チャッピーの部屋にも平気でぽんは入って行き
チャッピーのご飯を横からのぞいたりするので大丈夫かなと思ったが
チャッピーはちゃんと狩りの対象かどうか、わかっているらしく
時々なめてやっている。理想としてはもう、どっちみちかけしょん屋敷だから、
犬も猫もみんな同居できればなと思う。

今日も暖かくて助かった。あちらの家ではどんなに日が当たっても
考えられなかった「日中ストーブなし」がこちらではできる。
そして洗濯物も朝一でベランダに干すとお昼には乾いている。
それなのに、なぜか電気代が異常に高くて驚いた。こちらは電気温水器を
使っていないのに同じくらいかそれ以上に高い。ひとつひとつの電球が
全オーナーはお金持ちだったからエコとかまったく考えないで
つけてあるからかもしれない。いずれにせよ、こんな電気代じゃ、
夜逃げも現実化(爆)

暮らし始めると良いところ、困るところ、いろいろ出てくるけど
動物たちが元気で、毎日笑わせてくれて、どこで暮らしても
幸せを感じる。今朝はダイの日増しに上達する犬鳴きに
いちごがとうとうだまされて大騒ぎ。いちご、ばかだね〜、
あれ、お前の鳴き声...そっくりじゃん!!(笑)
posted by ミチル at 21:27| ☀| Comment(6) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

給湯器その後

080221_1531~0001-0001.jpg080221_0956~0002-0001.jpg080221_0937~0002-0001.jpg

午前中、ご近所の別荘のおいチャンご夫妻が遊びに来てくださった。
お二方とも、我が家のワンワンワンンワンワンワンワンワンな
犬たちがぜんぜん平気なのでこちらも気安い。実はなかなか、ここまで
気安く、私たちはお客さまをお迎えできないのが現実。
だって・・・ワンワンワンワンワンワンワンワンワン・・・
・・・ウレショ〜ネがもれなくついてくるしね(笑)
な、中、楽しく歓談などしていると、給湯器の修理の方がいらした。
やっと静かになったらまたしてもワンワンワンワンワンワンワン・・・

給湯器は温度センサーがいかれていたそうで、部品さえあれば
交換ができるそうだ。が、13年前のもので、部品の保管期間は8年間だと言う。
そしてもしか、全国中さがして部品があったとして、その交換だけでも
5〜6万はかかるんだそうだ。これはやはり買い換えだなー。

ところが何ともラッキーなことにおいチャンご夫妻の本宅で、
つい先日買い換えたという、しかも半額近い値段で。
息子さんがネットで探してくれたというところを教わりすぐ連絡してみる。
やはり激安。30万くらいのが工事費用込みで20万あればお釣りが来る。

しかし、見積もりから設置まで1週間くらい見てくださいと言われる。
とは言っても夕方さっそく、手配してくれて見積もりが来た。
メーカーが変わるので室外機だけでなく、室内のコントロールパネルも
交換しなくてはならないそうで、なんだか大掛かりになりそう。

犬たちを見張るのでいっぱいなところ、働き者の猫のぽんは
業者のおじさんの、いちいち後をつけて、お風呂場から玄関から行ったり
来たり忙しい。お道具から、スリッパまでも詳細ににおいチェック。
風呂のふたを開ければ一緒にのぞいている。幸い業者さんも動物は
ダメな人じゃなかったみたいで良かったけど恥ずかしいのはこちらだ。
風呂桶に落ちるからあぶないよ〜とか言われてるぽん太。
一度落ちてしまえ〜!(笑)

posted by ミチル at 23:03| ☀| Comment(8) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

洗い物の多い家

080220_1531~0001-0001.jpg080216_1239~0001.jpg080215_1002~0003.jpg

家中のどこのお湯も出なかったが、暖かい一日で助かった。
ボイラーの修理は今日はどうしても予定がいっぱいだそうで
明日来てもらえることになった。お湯がでないから氷のように
冷たい水で、一日の大半を普段は嫌いなゴム手袋をしていた。

洗い物が多い。朝夕ご飯には猫犬カラスろば、みんなの食器を
ごしごし洗う。中でもダイのたらいに至っては何度水を替えても
きりがない。だって・・・カラスって何でもかんでも水に入れちゃうんだもん。
ハシボソカラスは清流のある場所にしか住めないそうだがうちのダイは
新聞紙やら食べかけのソーセージやら缶のふたやらさらに
ンチやらのにごったきったない水でも平気で水浴びするって。。。
「ダイ、お前はハシボソカラス、だったよねぇ?」と言ってみる(笑)

さらに本日も盛況な華厳の滝の後始末やら、犬たちの足跡やら、
何か洗っている時間が多いことにあらためて気がついた。もっとも、
散歩から帰ってどろだらけの犬たちの足くらい、洗えば良いの?(笑)

よいお天気が続いて銀花柵も出入り口付近と手前の柵の下を残して
だいぶ乾いて来た。だからせっせと小石を拾った。
先日幸ちゃんが平らにしてくれたのが良かったのかも
しれない。銀花は幸ちゃんにはどうしても裏堀をさせないらしい。
私だって、実は、命がけだ(爆笑)もっと命がけは馬着を着せる時だけど
一応ホーで止まろうとすることが本日、わかった。まず、首元を
そろえて背中にかけ、すぐ口にニンジンをつっこむ。これは
ご褒美、ならびに、かじりよけである(笑)だからなるべく、
ニンジンを大きく切る。

そんな銀花だけど今日はとても甘えてずっと私の後をつけていた。
いつもなら絶対かじるチャンスをうかがっているけど今日は
静かにそっと、顔を私のおなかやお尻に押し付ける。背後にせまる
銀花に私はいつものようにどきどきしたけど拍子抜け。たまに
こんな日もある。そしてやたら手や顔をなめる。それは一勝負後の馬着を
着せた後もそうだった。やっぱり甘えられるとかわいいものだ。

posted by ミチル at 23:11| ☀| Comment(4) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

あしたがコワい

080218_1321~0002.jpg080219_1642~0001-0001.jpg

午後から久しぶりの友達が来た。子供がピアノを教えてもらっていた
友達だ。諸事情から勤めに出ることになり、うちの子供のピアノも
中断してしまっている。彼女はプロではなく、音楽教師だったという
お母さんからがっちりピアノをやらされていた人で、指使いだの、
練習曲だのでなく、子供たちが弾きたい流行歌なども簡単に弾けるよう
アレンジしてくれて、うちの子も一緒に習っている子も、それを弾けるように
なりたいから何も言わなくても夢中で毎日弾いていた。

なんだってそうだけど、技術的な発展は好奇心や本人の自発性の
上になければ特に子供の場合、まったく意味がないと私は思っている。
どんなに立派なえらい先生がもっともなことを言っても
子供の目がきらきらしてなければにせものだと思う。
野の子はきびしくないレッスンのおかげで今もピアノが大好きだ。
私は子供のころ鍵盤楽器には苦しめられた思い出しかないので
何よりも大好きなことが増えたことが親としても嬉しい。

犬たちは彼女を覚えていてめちゃくちゃ飛びついて大歓迎。
彼女は多分さほど動物が好きそうではないが、動物たちは
その、プラマイ0の、静かな気配が好きなんだと思う。

今、お風呂に入っていたら風呂が壊れた。突然お湯が出なくなった。
すぐ電話して明日見に来てくれるそうだが、14年前のものだから
もしかして、買い替えとか言われたらどうしよう・・・
安易にヤフオクで落とそうと考えるのが私だが、幸ちゃんが言うには
取り付けだけに来てくれる業者はこの辺にはいないとのこと。
買ったら30万えんくらいするんだそうだ。きゃあぁぁぁ〜!!


posted by ミチル at 23:26| ☀| Comment(12) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

時と場所を選ばない犬ハッスル

080218_1457~0001.jpg080218_1308~0002.jpg080218_1308~0001.jpg

懲りずにまたリフォームした。というのも、床のニス塗りを分厚く
何度もしたはずなのに、うちの悪犬たちの大暴れには
まったく無駄な抵抗で、あっという間に犬たちの爪で浮き上がり
でこぼこのぺらぺらになってしまった。いくら見てくれは良くても
合板はこんなものなのだろう。

私ははじめからビニールを敷こうよ、と提案してたのにうちの
働き者の王様は嫌だと言っていた。で、結局今日ビニールの床材を
買ってきて敷いた。エンドレスな引越しと言っても一番生活する
リビングはだいぶ荷物が増えてとりあえず、落ち着いている。
それらの荷物をどけて敷いたので時間も手間も倍かかった。
それでも働き者の王様は何でもできるから助かる。こんなことでも
業者に頼んだらそこそこの代金を払わなくてはならないだろうから。

うちの犬たちはお客さんがあると、必ずと言ってよいほど
その、お客さんのわざわざ足元でじゃれっこをする。
なれた人たちはひょいっと足を上げるのが見ていておかしい。
そして犬たちは、どうして仕事を始めるとじゃれっこをはじめるんだろう?
超至近距離で。さらに四つんばいになってる人のおなかの
せまいところにわざわざ入ってきて顔がくっつきそうな
ところからじ〜っと人の顔を見る。特に、ゆり(笑)

なんだかんだお昼からはじめてすっかり終わったのは夕方近く。
これで掃除も楽だし犬たちは爪が立つから滑らなくて良いと思う。
これさえも破壊されたら今度はいよいよ、コンパネを敷き詰めるんだ
そうです。
posted by ミチル at 22:15| ☀| Comment(4) | 犬たちのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

u-tubeの訳

今、お友達からメールをいただき、バドワイザーの
けなげでかわいい、ロバの動画の訳を教えていただきました。
ご本人の承諾を得ましたのでそのままここに載せますね。

まずはここをごらんになってください!
http://jp.youtube.com/watch?v=xD6ghskNKa8&feature=related

<背景知識>
バドワイザー社は昔ビールを運ぶのに荷馬車を使っていました。
それを引くのは「クライスデール」といって脚に白いフサフサの
毛がある馬です。その荷馬車を引く馬の仲間に入りたいと面接を受けて
晴れて合格し、大きな馬たちと一緒に荷馬車を引くという、
ほのぼのとしたロバ君の物語です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ナレーション;生まれた時からバドワイザー社のクライスデール
(荷馬車を引く馬)になりたかった。でも問題があった。
僕はロバとして生まれてきたんだ。長い間、練習したよ。
クライスデールの歩き方、クライスデールの荷馬車引きだってね。
脚に付け毛だってしてみた。(註:クライスデールは白い
フサフサの脚が特徴)そして面接の日を迎えた。
「どうしてクライスデールになりたいのかい?」
僕はこう答えたのさ。
「XXXKKKGJSGJADFG!!」
(クライスデールの一員となって先頭で堂々と走るロバ君)
僕の答えは正しかったんだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで皆さん、このロバ君、はみ(手綱をつける馬の口の中に
入れる横棒)までクライスデール用、大きすぎて口が開いてるのに
気がつきましたか?(笑)

 銀花が何度も何度も挑戦したけどできなかった調馬(ロバ)策。
(長い紐につけてぐるぐる走らせる訓練)
私たちもまたがんばりたいと思います!

猫又さん、ありがとうございました!

080206_0947~0002.jpg
posted by ミチル at 00:23| ☀| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

今日はお留守番

080215_1003~0001.jpg080216_1243~0001.jpg

朝から出かけて夕方帰って来た。動物たちは朝ばたばたと
ご飯をあげて、トイレ交換して、お散歩行って大急ぎで飛び出して
人間さまはこんびにおむすび(笑)夕方4時過ぎ帰宅したが部屋は
さして荒らされた様子もなく、みんなあきらめて良い子にしていた模様。

はじめは狭くなるからどうなることかと思っていたが
動物たちは猫も犬も何とか対応してくれている。一番心配だった
老犬部屋を作ってやれなかったチャッピーも狭いながらも
毛布をくしゅくしゅに丸めて安心して寝ている。昨日ちょっと
ミスをして、チャッピーがベランダに出ている時、めぐを
出してしまった。めぐは尻尾を振って寄っていき、くんくんと
鼻で挨拶したとたんに、チャッピーが叫んで、組合寸前になった。
めぐは悪くないとはわかっていても、私はやっぱりめぐを
うんと叱った。チャッピーが気に食わないことをしても
めぐは絶対チャッピーを組みふしたらいけないことをわかって欲しい。

猫のぽんは相変わらずのマイペースでもう、しっかりリビングに
降りてきて犬たちにおやつをあげる時一緒になっておねだりしたりする。
ねずみから野鳥、果てはハクビシンまで狩ってしまうスーパーばあちゃんの
チャッピーの狭い囲いにまで入ってちょこんと座っている(笑)
チャッピーはうちの猫たちは大切だとわかっているのかな。

写真はチャッピーの囲いの上からチャッピーのご飯が
残っているかどうか、観察するぽんたと、誘われたココ。
雪は場所によってはまだこんなに残っていて時々ゆりやいちごも
放して遊ばせてやる。


これはずっと以前、春さんに教わったユーチューブの必見ロバ画像。
もう、すごいかわいいです。あんまりかわいくて楽しくてほほえましくて、
ipodに入れて持ち歩いてしょっちゅう見てます!

http://jp.youtube.com/watch?v=xD6ghskNKa8&feature=related

英語のわかる方、なんて言ってるのか教えてください!
posted by ミチル at 22:31| ☀| Comment(2) | 犬と猫のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

手押し式ロバ

080216_1442~0001.jpg080216_1438~0001.jpg

良いお天気の土曜日。午後から幸ちゃんが銀花の運動場の
土木工事をして、段差のきついところを掘って少しでも
平らになるようにした。いずれチップを入れて土嚢袋を敷き詰める
予定だがその前に人力でできる限りなだらかにした。
小屋の出入り口は特に傾斜があるので手前に角材を埋めて簡単な
土留めができていた。

たまっていたアイロンかけを終えて手伝いに行くと
すでに工事は終わっている。少し地面が乾いていたので
銀花に歩かせて固めて私は落ちてる石を拾ったりしながら、
日が当たってぽかぽかの柵の中で銀花と遊んだ。銀花が歩くと
土は5〜10センチくらい沈んでしまう。どうせなら
まんべんなく沈めばと、銀花のお尻を押して手押しロバにして
柵の中を歩かせた。銀花は時々鼻しわになって振り向くが
私がお尻にべったり張り付いているので仕方なく歩いていた。

銀花もダイも手袋をしてると興味があって、うっかりすると
銀花は、私の手が小さくてあまっている指先をかんで持って行ってしまう。
そしてお決まりの、首を上下にふりふりして遊んでいる。
日中暖かでも日が沈むと身震いするほど寒い。5時過ぎには
馬着を着せるようにしている。


posted by ミチル at 23:29| ☀| Comment(6) | ペット ロバ  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

やられた

080215_0800~0001.jpg080215_0803~0001.jpg朝起きたらこのツラ(ドロはねではありません)

で、行って来ました、授業参観…

…黙祷!
posted by ミチル at 18:12| ☀| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

なつかしのにほひ

080214_1459~0001-0001.jpg080214_1449~0001-0001.jpg080214_1421~0001-0001.jpg

午後からあちらの家に行った。母屋のある土地と銀花柵や
小屋のあった土地は地主が別で、母屋の方は今年の地代は
済んでいるし、私たちが完全に引き上げた後は友達に
使ってもらうからこれからも借りるのだが、銀花柵の方は
地代の区切りが4月までなのでそれまでにはすっかり片付けて
地主に更地にして返さなくてはならない。

銀花柵はすっかり取り外したし小屋も何もないのだが
銀花周りの荷物やら、工房からかき出した荷物や、物置代わりに
小屋の軒を使っていたのでその荷物などそのまま残っていた。
何とかすると言ってもこちらに持ってきても置き場所はない。
自分たちの道具、お絵かきで使う道具、銀花の道具、道具だらけ。
母屋の方の工房跡地に積み上げるしかない。私は掃除を終えて
お昼近く行くと、大体のちまちました荷物は工房の土台の、
まだ、雪が30センチくらい残っている中にすでに積み上げて
青いシートがかぶせてあった。それで、幸ちゃんは廃材や
いらないものを燃やしていた。

ぜんぜん動かせない大きな金属のかたまり。これは加工機と言う、
大工仕事に欠かせない大きな道具。土砂崩れに合った時、工房の
壁際にあったので押しつぶされてこんな金属が曲がるのかと思うくらい
斜めになってしまった。コードもぶちきったが多分動くと幸ちゃんは言う。
というか、この先工房を建てるにしてもこの機械がなければ
お手上げだそうだ。これは誰か助っ人を頼まないととても私と二人では
運べそうにない。

部屋の荷物を片端からゴミ袋に入れて軽トラに積み込み、
最後に銀花の小屋にしいていたゴムマットをはがして積んだ。
こちらに戻って階段を何往復もして積んできた荷物を部屋に入れる。
壁にかけてあった写真や絵もこれですべて運んだ。子供部屋に
散らかしっぱなしになっていた楽譜もすっかり運んだ。それでも
まだまだ荷物はある。

それから銀花小屋にゴムマットを敷いて、小屋の真ん中にでんとある、
太い土台の丸太を銀花がかじっていたので、波板をぐるぐる巻きにした。
出入り口にいつものように、毛布のカーテンもつけた。銀花は
懐かしい臭いがするのかしきりに臭いをかいでいた。
動物たちが帰ってきて、すっかり元の生活に戻った気になっていたら
いけない。まだまだ本当の引越しはこれから、工房ができてからかも
しれない。そしてその、工房もいまだ着工の見通しが建っていない。
posted by ミチル at 23:22| ☀| Comment(6) | ペット ロバ  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

犬たちのまね

080213_1200~0002.jpg080213_1830~0001.jpg

犬たちの散歩から帰り、掃除を終えて一休み。犬たちは満足そうに
足を投げ出したシンクロポーズで寝ている。どこかで犬の声がする。
数匹でかなり騒いでいるのになぜか犬たちが反応しない。
ベランダに出てみた。声は近いがどこにも姿は見えない。

・・・ちが〜う!!!なんと、和室でダイが騒いでいるのだ。
犬たちの騒ぎ声を実に表情豊かに、歌でも歌うようにさえずっている。
ダイはひとりで犬たちの声帯模写をしていた。すごく楽しそうに。
突発的な吠え声や、ふざけてがうがう言う様子がまったくうちの犬たちだ。
こんなの覚えちゃって!実は先日も同じ声を聞いて私はてっきり猟犬が
山で騒いでいるのかと思っていた。ダイだったのね〜!
そうわかったのでじっと聞き耳を立てているとイチゴとめぐの
ふざけっこ、イチゴのテンションが高くなったところ、めぐと
イチゴで外を通る車に吠えるところ、全部わかった。ダイは犬たちの
声をどんな思いで聞いて覚えたんだろうと思ったら可笑しくなった。

ダイは日増しにかつての蜜月を思い出したように甘える。
まだ工房の時のように半日も放して遊んではやれないけど朝、時間を
かけてダイと遊ぶ。最近何でも私の口の中から食べる。ほんとにかわいい。
かわいくて抱きしめたい時カラスはどうしたらいいんだろうなとか
カラスはどこをなでたら気持ちいいのかなとかばかり考えている毎日。
とりあえず、頭から背中をなでてやると背中を低くして顔を前に
突き出す。のどをなでてやっても首を伸ばすので猫ほどではないけど
それなりに気持ち良いのかもしれない。そんなことを考えていたら
ひょいっと私のひざに乗った。

あちらは本当に人里離れていたのでカラスは年に数回しか声を聞かなかった。
こちらはしょっちゅう聞く。外でカラスが鳴いていると
不思議そうに窓の外を見ている。だけど、ダイ、あれはみんな
ハシブトカラスだよ。
posted by ミチル at 22:13| ☀| Comment(12) | カラスのダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

新しい、古い毛布の馬着

080212_1348~0001.jpg080212_1347~0001.jpg

雨になって助かった。下の村道に降りる途中のなが〜いアイスバーンが
少しとけてアスファルトが見えた。それでも道の脇や山にはまだ
雪がどっさり残っている。犬たちはわざとそんなところを歩き、
ゆりもいちごも肩のあたりまで雪にうずもれて喜んでいる。
そのくせ、部屋に入ったとたんにストーブにはりつく犬の七不思議(笑)

そんなに寒くはない一日だったが、銀花に薄手の毛布で
簡単な馬着を作ってやったので着せてみた。今度はいろんな
大会に出たりする、立派なおんまが着てるやつみたいに首のところも
少し覆えるようにしてやった。・・・かっこいい?(笑)

それにしてもひどいぬかるみだ。ゆうべ、幸ちゃんと何とかならないか
話し合いをする。まだわからないけど木材チップを30センチくらい
敷き詰めてはどうだろうかと思う。よく、公園とかに敷いてあるアレだ。
マルチングとも言うらしい。今度の銀花柵は多分20〜30坪だから
何十万もしないだろうが先ほどネットで調べたら一袋単位で
やはりそれなりのお値段になっていた。しかも運んでもらってもどこからも
横付けできない。えっちらおっちら階段を担ぎ上げなくてはならないが
でも、こんなにぬかるんで粘土みたいになってしまってかわいそう過ぎるし
何よりも足が心配だ。裏掘りしても歩いた瞬間もう、つまるからきりがない。
さらに傾斜地で滑って転んで怪我でもしたらそれこそ一大事だ。

冬の霜柱、雪、その次は春の長雨、そして梅雨。しばらくは
乾くだろうがまた秋の長雨、そして冬。そう考えるとコンディションの
良い時期はわずかしかないではないか。散歩もままならなし、
私たちの姿を見ても、ひどいぬかるみを嫌って小屋から顔だけ
出してひーひ鳴くだけの銀花を見てたら本当にかわいそうになってしまう。
犬みたいにロバにも長靴があればいいのにと思う。

posted by ミチル at 22:33| ☔| Comment(12) | ペット ロバ  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

絵を飾りました

080211_1633~0002-0001.jpg080211_1630~0001-0001.jpg080211_1736~0001-0001.jpg

掃除をしている間に幸ちゃんがあちらの家に行って壁に飾っていた
お気に入りの写真や友達の作品を持ってきた。階段を上がった中段の
壁には私が好きだった幸ちゃんの昔の平面の対がかけてあったが
それは忘れてきた、と言う(笑)小さなもの、友人が野の子のために
描いてくれたもの、小さい時の銀花のような愛らしい石版、
亡くなった義母がこっそり習っていたという、はがき絵の額も
みんなやって来た。こちらは飾る場所はどうしても限られてしまうが
極力同じように、飾った。まだ残っているものはこちらに
置き場所を作らないと置けないのだが、玄関と和室がまだぐちゃぐちゃで
いまひとつ、決まらない。それらの多くは母屋では必要のない、
工房行きの荷物だ。

午後からは買い物に出た。出たついでに下の部落のごみ収集かごに
ごみを入れていたら見ていた前の家のおじさんにいきなり乱暴な口調で呼び止められた。
住民票のない、別荘人たちが勝手にごみを捨てるから地元民が入れられなくなって
困ると言う。見慣れない私たちを別荘人と思ったらしい。それにしても
その口調にはムッとしたがぐっとこらえて丁寧に説明したら逆に、
ごみは俺が見てやるからいくらでもここへ出せば良い、だって。
だんなさんにもよろしくな、だって。人間って面白いなと思った。

銀花は昨日千葉のゆーじさんがお祝いにと送って来てくれた
ニンジンに舌鼓。いつもうちであげるニンジンより色も形も
甘くておいしそう。ロバのくせにがつがつ食べる。
嫌いな馬着を着る時、たまに裏掘りの時にあげるが、どっさり
送ってもらったからおやつにあげられる。ゆーじさん、ありがとう!


posted by ミチル at 21:55| ☁| Comment(8) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

走り方,それぞれ

080210_1349~0001.jpg080210_1329~0002.jpg080210_1317~0001.jpg

朝、目が覚めたら幸ちゃんはいなかった。去年亡くなった叔父の
法事で東京に出かけた。東京の義父と義弟は雪道を走れる車は
持っていないからお迎えに行ったらしい。確かにうちの車なら
東京の雪道なんかどうってことはない。

仕方ないので、動物たちをかまって現実逃避をしていたのも
罪悪感が芽生え、とうとう、前の坂道の雪かきをした(笑)
それも林道から駐車場まででもうへとへと。犬たちだけは大喜び。
休日で工事車両の来ない林道を3匹とも放してやるともう、
嬉しくてすっとんで歩く。ゆりは面白い犬でおばか女王かと思うと
なんだか冷静に物事を見てるようなところもある犬で
いちごみたいにいつも陽気にすっとんでいないのだが今日はスイッチオン。
雪道を、足の長いめぐはそれなりに走る。いちごはバンビのように
跳ねて行く。そしてゆりは・・・「ぼってぼって。。。ぼてぼてぼて」と走る(爆笑)

犬たちを連れ出すと必ず銀花が柵ぎりぎりまで来てじ〜っと見送る。
銀花にしたら毎日めぐと散歩に行っていたのが日課だったのに
なんでおいていくんだろうと思っているのかもしれない。姿が
見えなくなるころ例の声で吼える。階段を上手に上り下りできれば
今日だってお散歩に連れ出してやりたかった。
今、銀花を柵から出そうと思ったらつれてきた時と同じように畑部分を通り
駐車場の終わりの段差のないところまで歩かせなくてはならない。
そこはみっちりと、どっかりと、雪と、そしてぬかるむ傾斜地である。

雪かきはもう、手に力が入らないくらいくたびれて駐車場はまた明日やることにした。
一息ついたところに電話がかかってきた。私たちが習っていた、
仏師でもある彫刻の先生からだった。引越しのはがきが届きいたからと
電話をいただいた。実は先生たちは田舎暮らし、山暮らしの大先輩で、
昔からお互いの家の状況など交換し合い、どこか、脱・東京、
求む・快適な土地の同志的なご夫妻だった。

先生たちの引越し歴もすさまじい。私が知っているだけで今の土地は
5ヶ所目。廃屋のお金のかからない修繕方法のいろはも先生たちから
教えてもらった。一度は山の斜面7000坪だかを自力で開墾されて、
風力発電も作られていた。そこで落ち着くのかなと思いきや、
またお引越しをされている。何年ぶりかだったので土地の話にもなり、
お互い老後のターゲットは房総で一致した。私たちが房総に行かれるのは
少なくとも親たちが一緒に来てくれるまでは無理だが。







posted by ミチル at 23:06| ☁| Comment(6) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

「無視してください、無視」

080206_0941~0001.jpg080206_0946~0001.jpg080207_0841~0001.jpg

上の別荘のご夫妻が、こんな悪天候の日に戻っていらした。
ちょうど雪が降り始めて、多分車がダメだからこの季節は
東京に帰ることが多いのかもしれないねと私たちは話をしていた。
こちらに移ってから初めてだったので家に上がっていただいた。
犬たちは例のごとくワンワンわんわんわんわんわんわん・・・

うちのことを知らない初めての方、動物が嫌いとか、アレルギーとか
の人はもう、ぜんぜんNGだけど、我が家新規の方に私は言う。
「犬が吠えます、飛びつきます。でも、かじりませんので無視してください、無視」
たいてい、これで何とかなる。一番弱虫はめぐ吉でがたがた震えながら
後ずさりつつ吠える。いちごもけたたましくエゥエゥ吠えるが
お尻が取れそうなくらい尻尾を振って、つまり嬉しいのと興奮するのと。
で、お決まりのウレショ〜ネ。犬たちの力関係のバランスがこういう時
微妙で、めぐはいちごが自分より吠えるのが気に入らない。自分は
スワレやマテをさせられてるのにいちごがさせられないのが気に食わない。
そうじゃないんだよ、いちごはスワレもマテもできないの。
ゆりは意外とおとなしく、ぜんぜん吠えず、うろうろしてるのだが
ふいをついて飛びつく。今日はぽんまで来襲してきてよりいっそうの
大騒ぎとなったのでゆりいちごにはボックスハウスに入ってもらう。
めぐは一人になると鳴きやんでおとなしくなるがじ〜っと見られたり、
頭をなでようと手でも出されようものならすっとんで後ずさる。

落ち着いたところで出すと、今度はわざわざ机の下の、客人の
足元で激しいじゃれっこが始まる。・・・で、またモレショ〜ネ。
幸い、ご夫妻で「チャッピーにそっくりな顔」のわんちゃんを
18歳4ヶ月で看取られたそうで動物好きな方で本当に良かった。
もう、ここはオープンでということで前オーナーの時には
ホテルの一室のような寝室だった、今は野の子の部屋、猫4匹つきと、
私たちの寝室というか猫部屋の2階と、ダイとピッチがいて、
目下物置状態になっている和室も、私たちが使いやすく改造してきた
すべてを見ていただいた。

銀花は、青いかいまきをまとった姿でもう、穴が開くほど
お二人を見つめて見つめて。。。ここまで書いてたら自分で笑っちゃった。
うちの実態・・・我が家にぜひ、来てほしい皆さん!
以上、よくご承知おきの上で、ぜひ、夏ごろになったら
よろしかったら泊りがけで来てくださいね!
あ、汚れても良い服装でね(爆笑)

客人が帰られて、さて、荷物をとりにあちらに行き買い物だ。
あちらの家はこちらでは考えられないほどの雪に覆われている。
前回の雪もほとんどとけていないから40センチくらい
積もっていた。荷物をさっさと車に積み込んで買出しに出発。
猫たちの缶詰もペットシーツもほとんどなくなった。すてまる先生は
こんな我が家の動物たちを預かってくださった上、さらに
帰りにはどっさりお土産を下さったのだ。それらのほとんどは、もう、
車に積むのもやっとこなくらいの動物たちの食料とペットシーツだった。

そのことは日にちが経過するにつけ、すてまる先生に対するありがたみが身にしみた。昨日の金曜日で2週間たち、私たちの暮らしもだいぶ
安定してきた。大雪の中、のろのろ運転で買出しに出かけてきた。
先生のおうちからいただいて来たものはみんな使っちゃったけど
先生の動物に対するお気持は私の中でいつまでも消えることは
ないだろう。先生、改めてありがとうございました!
posted by ミチル at 23:57| ☁| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

憧れのサラサラ堆肥

080208_1041~0001-0001.jpg080208_1502~0001-0001.jpg080207_1535~0001-0001.jpg

よく晴れたが寒い一日だった。幸ちゃんはとうとう、石油のバーナーを
持ち出して、駐車場の前のスロープのがちがちに凍ったところを
何時間もかけて溶かしはじめた。駐車場まで何とか車が上がれるように
雪かきしても上の道からとけて流れた雪がそのままの形でがちがちに
凍ってしまう。傾斜地というのは本当に不便きわまりない。

今日の荷物運びは私はお休みをいただいて、全面犬トイレと化した
ベランダを片付けていた。風が吹くとペットシーツがみんな
飛んでしまうので大きな針金の網をペットシーツの上に乗せてみたが
犬たちはちゃんと用を足してくれた。隣の畑部分に工房が建ったら
また網で囲って犬たちをちょこっと出してやれるようにしたい。
 幸ちゃんは銀花のコンポスターを運んできた。27日から
暮らし始めてちょうどコンポがひとつ満杯になった。
そういえば昨夜、ガスが出なくなりガス屋さんに電話してボンベを
運んでもらった。どちらもほぼ2週間が限界ということだ。

コンポは今度は銀花に転がされないよう、シャベルで土を少し掘って
土台をしっかり固めるように設置した。しかしぜんぜん堆肥になんか
なってない。今までぼろを入れたコンポがさらっさらの堆肥になった
ためしはただの一度もない。こちらは日当たりもそこそこ良いのに。
裏にあった枯葉を少し入れて水をかけてみた。今までは特大のごみバケツに
丈夫なガラ捨て袋を入れてどんどんぼろを入れては地主のおじいちゃんの
畑に持っていっていた。今回はこれだけろば!ろば?ろば!?がいるとね…と
管理のおじさんに釘を刺されているから今はまだしも、夏場の臭気とか
気をつけなくてはならない。銀花は朝少しおなかがゆるめだったが
夕方には直っていた。柵はどろんどろんだから一日何度でも裏堀をする。
たまにテッピがかつんとあたり小さな小石がうずもれていることがある。
これで去年の夏は足が痛くなったのだ。ぐりぐり掘り出すがまた入ってしまう。
雪の季節が終わらないと装丁師さん呼べないなぁ。

やっと週末で明日は寝坊できる。またお天気が荒れるそうだが
お願いだから降りませんように!


posted by ミチル at 20:30| ☀| Comment(13) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

元気ならなんでもできる

080207_1623~0001-0001.jpg080207_1621~0001-0001.jpg080207_0931~0001-0001.jpg

起きたらまたしてもスキー場になっていた。もう、がっくり。
動物たちの世話を私がして、幸ちゃんが家の周りの雪かきをした。
良いお天気になり、午後には地面が見えてほっとする。

午後からあちらの家に行き、幸ちゃんが外回りの廃材を燃やした。
私は客間の布団を布団袋にぎゅうぎゅう詰めて全部持ち出した。
ベッドは4台全部置いて行く。必要なものをどんどん運び出しているが、
トイレに貼ってあるお気に入りの写真とか飾ってるものなど
まだそのままだ。何度も廃屋で暮らしたが、かつて住んでいた人たちの
ぬくもりというか気配のようなものを感じることがあった。
それは多分さほど必要ではない生活用品などを、使っていたままの状態で
放置されているのを見つけた時だった。今のうちはそんな感じで
ちょっとさびしい。早く片付けたい。壁に飾った友達の作品や
何の用も足さない私のお気に入りのものたち、今度の家にものを飾ってる
時間は今はまだないがこれらを飾ればさらに「我が家」になるだろう。

今日はダイの小屋を少し直してもらった。大急ぎで作ったダイの小屋は
ありあわせの材料で幸ちゃんが短時間で作ったので主が入ってみると
不具合がいろいろあった。えさ台を囲って箱のようにしてあったが
結局カラスは隠すのは好きだけど自分がせまいところに隠れるように
入るのは好きではない。寝る時だって止まり木につかまって寝てる。
そこでえさ台を覆っていた板をはずしてもらって床部分だけにして
やるとさっそく上がってきてたくさんご飯を食べた。そこに
来られることがわかったのでみかんやバナナをおいてやったら
喜んで・・・水桶につけた(笑)今日も小一時間、小屋から出て遊んだ。

銀花の柵はだいぶ雪が消えたがひどいぬかるみになってしまい
馬着を着せていたら銀花が動いて私は滑ってうっかり泥沼に
顔をつっこみそうになった。手前の方は平らだが小屋から出てくる
ところあたりはかなり急な傾斜になっている。泥が詰まって
ぎちぎちになった蹄は裏掘りするのにも思い切り力がいる。
べちゃべちゃの地面を銀花が歩くのはなんだか見ていて忍びない。
申し訳程度に籾殻をまいてみたけどすぐ埋もれてしまった。
気の毒だけど慣れてもらうしかない。そんな銀花だけど食欲は
すっかり戻り、よく食べる。新しい家でそれぞれ不満は
あるだろうがみんな元気である。
posted by ミチル at 23:27| ☀| Comment(2) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

するめをしゃぶる犬

080206_0949~0001-0001.jpg080206_0948~0001-0001.jpg080206_0938~0001-0001.jpg

午後からまた雪になった。つい数日前半日がかりで雪かきしたのに。
今年は雪の当たり年なんだろう。あと1ヶ月の辛抱だけど
結局一番大変な季節に引越しをしたわけだ。
山で家や土地を探す時は一番悪い時に探すと良いという。
私たちもこのいきなりな季節を乗り越えれば後のことは
どうってことはなくなる。

今朝、起きてリビングに入ったら・・・・・犬たちがでかい
するめを半分くらいずつ、くわえていた。うぞっ!?・・・
するめをしゃぶってニコニコしてる犬たちの光景に、一気に目が覚めた。
キッチン部分には猫は来れまいとタカをくくって食料庫の鍵を
かけ忘れていたらこじ開けたやつがするめを引きずり出し、
さらに玄米の入った袋を破いてそこら中米だらけにし、
パスタや片栗粉の袋も同様に、床に散布されていた。
食べもしないお米や片栗粉を撒き散らし、鰹節の袋は無傷だったのが、
なぜか腹立たしかった(笑)犯人は絶対、ぽん太だ。

うちの猫たちで一番奇想天外ないたずらをするのはQ太郎だが
いやいや、どうして、ぽんちゃんもなかなかやるです。
Qはまだリビングに降りてこられないので、2階寝室に台所の
スポンジや雑巾、軍手に靴下それに犬のおもちゃが転がってるのを
発見した時、Q以外にこんなことをする猫がいることに驚いた。
うちって・・・もしかして粒ぞろいなのか?(爆)

午後ちょこっと村の友達が来た。動物たちが帰ってきてからは
初めて来たので今度は狭い中での犬たちの吠える声にびびっていたが
入ってくるとめぐは寄って行きしばらくすると彼女に頭をなでさせた。
めぐは今まで彼女に触らせたことはなかった。やっぱりすてまる先生に
あずかっていただいてから少し穏やかになったように思う。
チャッピーとも扉越しだが鼻と鼻をつけてうならずに挨拶できるように
なった。チャッピーを、みんなと同じリビングに出して一緒にすごせる日を私は夢見ている。
posted by ミチル at 20:27| ☀| Comment(8) | 犬と猫のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

就寝時のヒ・ミ・ツ

080205_1720~0001-0001.jpg080205_1008~0001-0001.jpg080205_0951~0001-0001.jpg080205_0933~0001-0001.jpg080205_0747~0001-0001.jpg


寝る時、折りたたみベッドをセットするともう、猫たちが乗ってくる。
押入れから布団を出して寝ると、まず足元の定位置が巨猫ミー太。
ミー太と気の合う、チャック、ちゃいとつる君、ぽぺぴ連は
強引に横から布団の隙間から進入するタイプ。その時3枚かけてる
布団の階層別に入ったりすると上下でバトルに発展するので
皆が同じ階層に入るようによく気をつけなくてはならない。
そして私の手が届くすぐの場所にはたいていたけしが、布団の上に寝る。
宿敵Q太は人の顔に自分の顔をくっつけて寝るのだが、たけしとの距離が
微妙で非常にスリリング。お互いの目が合わないようにいつもどちらか一方の
頭を触っているという気遣いを怠ってはいけない。ところが。。。二人とも
寝たかなぁと思ったその瞬間、いきなりQが怒って私の顔をジャンプ台にして
飛びのいた。うとうとしてる時耳の辺りに激痛が走って頭に
来たが。。。眠いからそのまま寝た。今朝起きたら右耳が
切れて血が固まっていた。

ちなみに人の顔を顔と思わないbPはココちゃんでまったくおかまいなしに、
枕の上に何もないかのように平気で顔の上を、その冷たい、
おしっこや●んちをかなりの確立で踏んでいるであろう小さな肉球で・・・
行ったり来たりする。毎晩私の就寝時はこんな感じ。

今朝は朝からダイが何度も呼ぶ。呼ぶ時の声はちょっと
単調な低めの穏やかな「かぁぁぁ。」いそいそとソーセージを持って行くと
小屋から出てきた。ひどく不器用に、荷物だらけの和室を飛び、
荷物の間にどたっと落ちる。工房にいた時とかわらないなぁ!
しばらく入りたがらないので付き合っていた。1時間くらいで
やっと小屋に戻ったら今度はこの寒いのに水浴びをしている。
ダイのたらいは小屋の中に入れてある。そして寒いのか膨らんでいた。

先週やろうと思っていた引越しはがきをやっと昨日今日で出した。
2年前引越しをした時はずるずるした引越しでうやむやになって
誰にも出さなかった。今回もずるずる引越しは変わらないが
前の家と同じじゃ嫌だから出すことにした。今回お世話になった
皆さん、今年年賀状をくれた友達知人にとりあえず出した。
9月当時のことはほとんど思い出さないけど、はがきを書き終えて
ふと、こんな日がとうとう来たと感無量な気持ちになった。
あらためて支えてくださったみなさん、ありがとう!!




posted by ミチル at 22:20| ☀| Comment(12) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

禁止事項は「かじらないこと」銀花もね!

080204_0824~0002.jpg
080204_1118~0002.jpg
080204_1113~0002.jpg

すっからかんと青空が広がる。しかし雪はさほどとけない。
さらさらな粉雪が風に舞ってきらきら光る様子はスキー場みたい!
・・・そんなことで喜んでるわけには行かないのであった。
玄関まで上がる長い階段を雪かき、昨日に引き続き駐車場までの長い坂道を
雪かき。雪国で暮らす人は大変だなぁと思う。こちらはせいぜい
あと一ヶ月の辛抱だ。

銀花は雪がやんだのに屋根から落ちてくる水滴が怖くて
小屋から出られない。ひょっこり顔をのぞかせてこっちを見ている。
ご飯をすごい勢いで食べるようになったので干草がなくなりそうだ。
日中良い天気になったのにずっと小屋から出てこないので
傾斜してる小屋の中で馬着だけ脱がせて裏堀をした。
ひづめの状態も悪いので雪が消えたら装蹄師さんを呼ばなくちゃ。

朝の日課を終えて犬たちを連れ出そうかと思っていたら
雪かきの大きなショベルカーが2台来た。林道だが奥で
工事をしているからはいてくれるらしい。しかしこの林道は
道志につながる前にすでにひどく劣化し、ごりごりかいても
きれいにかけず、かえってアイスバーンみたいになっちゃった。
当分車は「歩く速度」(笑)

犬たちは雪が嬉しいけど今日はもう車が通るからゆりいちごは
放してやらなかった。しかしそれでも雪は嬉しい。今日はなぜか
みんなで雪掘り。頭をまるごと雪の中につっこんで前足で忙しそうに
掘っている。雪の中に小さなねずみでももぐっているのかしらん?

午後から買い物に行ってやっと衣類を整理した。今まで使っていた
プラスチックのケースの置き場所がないので子供部屋のクローゼットに
入るケースを買ってきた。1個980円(笑)ついでにみんなのご飯も
買ってきた。今までうちはずっと、猫も犬もコストコで買った
ドライフードだけだったけどすてまる先生にいろいろ教えてもらって
バラエティに富むようにした。先生はさまざまなものを与えて下さっていた。
うちの場合人間の方は、食事はめっぽうずぼらである。中国製品だけは
チェックするがそのほか栄養が、とか、添加物が、とかほとんど気にしたこともない。
動物たちに対してもあまり神経質にならずこれからはまず、彼らが
食事が楽しみになるような工夫をしてあげようと思う。

猫たちは犬が散歩に行ってる間にリビングに下りてくるようになった。
ぽん以外にも今日はつる君までいて、犬たちが帰ってきたら
あわてていた。子供部屋で片づけをしていたらめぐたちが入ってきて
しまった。この部屋は老猫と大人しいぴみ限定だがめぐが好きだった
海はめぐを見るとソファから飛び降りてすり寄っていた。
ゆりも入ってきたけど別に悪さはしない。幸ちゃんに見つかって
ちょっと小言を言われたが動物たちには禁止事項が少ない方が
本当は人間が楽だと思う。
少ない方が本当は楽だと思う。


posted by ミチル at 20:48| ☀| Comment(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

境界線、あやふや

080202_1657~0001.jpg080202_0208~0001.jpg

意を決して重た〜い、ライディングデスクを運んだ。
引き出しの中身を整理しないで全部引き抜いて・・・
それでもまじ、重かった。これはもう、無用に広い廊下の
でかい鏡がついてるところに置くしかない。対面には
どうしても捨てがたい、棚としてはすでに機能を失っている
母方の祖父母の結婚の時からあるという、水屋をおいた。

私はちまちましたものがヒジョーに好きでこれらの上に
妖精の庭みたいな飾り物をするのがとても好きなのだ。
それはまたゆっくり後ほど。

犬たちの散歩に出たら工事車両の大型トラックがいつもより
たくさん通る。今は道志につなげるとか言う東部林道が工事途中だが
リニアが始まったらこの道を使うからそうなったら本当に犬たちは
もちろんだけど、春先には再開したい銀花の散歩もままならない。
リニアの工事は4月ごろから始まるそうだ。ゆるやかなところは
産廃捨て場だし、わき道もないし本当にどこか探してやらんといかん。

銀花はすっかり食欲が戻り、よく食べる。そしてむやみに鳴かなく
なって来た。夕方はやはり冷えるから今日も馬着を着せたが
調子に乗って蹴り上げた後ろ足が私の右太ももにヒット。
怒るより先に銀花はまずいっ!!みたいな感じで首を垂れて
大人しくなる。尻尾はもちろんお尻の間(笑)こうなると
声を荒げるチャンスが私にはなくなるわけで、それでも腹が立つから
体の力をいっぱいにこめて、真正面から銀花をにらみつけた。
向きをかえるのですぐその前に立つ。うんと近づくと私の手を
なめた。今日のところは勘弁しといてやろう。

銀花小屋にはお友達からいただいた銀花のネームプレート、
ひとつはキューバからのお土産、そしてお引越しが終わったら
つけてねといただいた作家物の金属オブジェのオリジナルプレート、
ふたつ、並べて入り口につけた。銀花が前にいるように写そうと
思ったのになかなかうまくいかない。写真の、銀花の
後ろの上に写ってるの見えるだろうか。うちなんか・・・ないよ、表札(笑)

猫たちも特に、犬たちをあまり、知らずにすてまる先生のうちに
行った、つる君とここちゃんもだいぶ犬たちになれてきた。
黒猫のぽんは平気でリビングに下りてくるようになった。
しかし!私のベッドがつる君とここちゃんのプロレスリリングと
化してる写真を撮ったら。。。なに〜!?犬のおもちゃが
なぜここに!?さらに猫部屋の隅からは台所のスポンジや
ポケットティッシュらしいブッタイの成れの果てが発見された。

リビングに猫たちが来なければつまらないし、だけど降りてくる
ようになったら・・・油断はキンモツ、にぼしとダシのもと、しまっとこ。


posted by ミチル at 20:58| ☁| Comment(16) | 山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

じっくり観察

080201_1423~0001.jpg



080201_1423~0002.jpg080201_1418~0001-0001.jpg080201_1227~0001-0001.jpg

今日はがんばって大物の棚を二つ運んだ。結局リビングに
おいて動物たちの仏壇と家族の写真を飾っていたナティビティも
同じようにそれぞれの棚の上においた。節操がないので動物仏壇
(拾ってきた古い木製の木箱を幸ちゃんが仏壇っぽく改造、中の観音様は
若いころ奈良の骨董屋で買った)のすぐ横には本当はクリスマス時期の
聖家族のナティビティがおいてある。動物仏壇には菩提寺で書いてもらった
動物たちの紙の位牌が貼ってあり、もう貼りきれない子たちのものは
下の隠し棚に入っている。もう、どのくらいの子達を見送ったのか、
あらためてみたら自分でもびっくりするんだろうなと思う。
仏像彫刻を習っていたころ彫った祈りの木彫も入っている。
やっと落ち着いたところでお香を焚いた。

今朝はちょっとびっくりした。なぜなら、めったに来ず、
来ても午後早くには帰ってしまうので会ったことのなかった
隣の別荘の人が来ていたのだ。それは・・・朝、銀花の雄たけびと
ともに開いた雨戸でわかった。すぐ挨拶に行き事情を説明し、
ロバがうるさくてすみませんがよろしくお願いしますと挨拶した。
感じの良い女の人で大丈夫ですよとは言ってくれたが・・・
掃除だけしに来るらしいといううわさ通り、ベランダで干し物を
してたら熱心に窓拭きをしている姿が見えた。同時にあちら側の
柵にべったりくっついて窓拭きする隣人の一挙手一投足を
じぃぃぃぃっと観察する銀花の姿も!見てる方が恥ずかしく
なって私はさっさと部屋に入ったがあんな風にロバに凝視されたら
どんな気持ちになるだろう。察するところあんまり動物は
好きそうじゃないな〜。

犬たちを連れ出して帰ってくるともう、雨戸がしまって帰っていた。
やはり近隣があるのは今までとは違うわけで気も使うが仕方ない。
また、ここに来てから銀花がよく鳴く。私たちの姿が見えないと
鳴かなかったのに不安もあったのか帰って来て1〜2日は本当に
しょっちゅう鳴いていた。トラックが通ると鳴く、部屋の中で
犬たちが騒ぐと鳴く。。。だいぶましになって来たが最後の
ぼえ〜!!!まで全鳴き・絶好調の雄たけびは山々に響き渡っている。

今朝ちょっとだけ寝坊したらあっという間に布団が冷たくなっていた。
目が覚めた時すぐ起きてベッドをたたんだら・・・布団を5枚も
洗濯しなくて済んだのに・・(泣)猫部屋兼寝室の押入れは早くも
爪をといでばりんばりんになり、開かないように貼ってある
ガムテもはがしちゃうやつがいるので今日幸ちゃんが鍵をつけて
扉の表面にベニヤ板を貼った。これで...1年は持つだろう
posted by ミチル at 21:32| ☁| Comment(9) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする