2007年12月31日

ありがとう

071231_1116~0001-0001.jpg怒涛の年だった。突然の土砂崩れは私たちを行方知れずの荒波に投げ出した。いろんなこと、イヤなことはたくさんある。耐えられず、はちきれそうになった時私を支えてくれたのは大勢の方たちのエールだった。命の恩人sutemaru先生、春さん、顔も知らない皆さんの心、次々届く救援物資の山と共にいつも私のそばにあった。村友たちが私たちの移転に本気で流してくれた涙。理不尽なことにあっても充分おつりが来る、持ちきれないほどの宝物を心からありがとう!!皆さまどうぞ良い年を!
posted by ミチル at 11:27| ☔| Comment(8) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

ボイラーその後

071230_1244~0002-0001.jpg071230_1243~0001-0001.jpg午前中ボイラーのメーカーから修理に来てくれた。しかし…故障ではなく、水抜きに外してあったバルブ5ヶ所のうち4つしか止めてなかったことが判明。最悪買い替えも覚悟したがホッとした。まぁ普通はボイラーの水抜きなんかしないものね。凍結防止の処置も終わり今日は水抜きをしていない。明日がちょっと…怖いかも。今日もまた子供部屋の荷物を運んだ。唯一子供部屋予定の洋間はいじらないからだ。つづく…
posted by ミチル at 22:45| ☔| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

メンテナンス、きりなし

071229_1507~0003-0001.jpgコーッは昨日足りなくなった凍結防止のテープを買って来て巻きに行き、私と野の子は子供部屋の本をしばって運んだ。ひどく手間のかかる水抜きをしなくてはならない家だが、私たちはたまに来る別荘でなく住居にするのだから毎日の面倒事はなるべく省きたい。これでやっと水が出せる。ところが試しに風呂に水を汲んでみたらボイラーに水漏れが見つかった。さらに外回りを調べていると浄化槽の空気を送る装置が作動してない。前オーナーは東京の人だから浄化槽に関することはわからなかったのだろうが、浄化槽管理費として汲み取り以外に安くない金額を管理のおじさんは別荘住人から年2回も徴収してるのに。年末ぎりぎりだったがメーカーに電話してボイラーは明日見に来てもらうことに、浄化槽のモーターは仕方ないので夕方買いに行って思わぬ出費。中古住宅を買うと言うことはこういうことなんだな、と思った。
posted by ミチル at 19:41| ☔| Comment(6) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

行ったり来たり

午前中、おじさんと落ち合ってやっとこカラオケセットを出した。余りの重さに大人4人がかりで傾斜地の畑をよたよた運んで軽トラの荷台に板を渡して何とか積み込んだ。これでリビングの棚があいたので私たちはDVDレコーダーやプレ2などを入れられる。午後からは新年早々、銀花柵や小屋の移動を手伝ってくださる予定の力持ちのおじさんが馬喰のおじさまと一緒に見に来て下さった。テンポの速いお二人は、家の周辺を調べて仕事の段取りをつけるとこちらに寄ってお茶でもと言ってるうちにさっさと帰ってしまった。一旦もどり今度は塗り残したリビング半分のニス塗りと、「何でこんないい加減な仕事するんだ!」とコーッを怒らせた地面から1mくらいの高さに設置されている水道管に凍結防止のパイプを買って来て2人で巻いた。地面に埋めて立ち上がりだけが露出するように設置するのが当地のような寒冷地では当たり前だ。家をいじりはじめると別荘として、別荘だからこそ、いかにいい加減な仕事か私にもわかる。床もテーブルの下のマットをずらすと表面がはげてベニヤが浮き上がっているのを前オーナーが丁寧に直してあった。見た目だけの仕事に対し、大工仕事に関しては素人の前オーナーが一生懸命養生した様子がだんだんけなげに見えて来た。
posted by ミチル at 23:12| ☀| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

丁寧な夫、そうでない妻

071227_1559~0002-0001.jpg071227_1559~0001-0001.jpg外の荷物を軽トラ1回だけあちらの家に運んだ。私たちの荷物は圧倒的に材料とか工具類が多く、しかも泥だらけ。外にある物置と犬小屋に詰め込んだ。貰い手が見つかったカラオケセットは今日お届けする予定だったが重たすぎて2人で玄関までがやっと。男の人数人で取りに来てもらうほかない。それからコーッは床にニス塗りをはじめた。見た目はうちなんかと違いペンションみたいにキレイな家だけど…ハッキリ言って大工仕事は安普請。つづく…
posted by ミチル at 21:52| ☀| Comment(9) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

ぷちクリスマス会

071214_1852~0001-0001.jpg071225_1311~0001-0001.jpg昨日は終業式。野の子の友達が2人来てみんなで買い物に行きご馳走をゲット、3人で急遽クリスマス会を開催。毎年仲良しの村友たちを呼んでクリスマス・熟女の会(笑)が我が家の恒例だった。子供たちも来るので我が家ははちきれんばかり。たいてい子供たちはそのまま泊まって行く。今年はとても無理だったが思いもかけず賑やかな1日になって何となく私も嬉しかった。買い物途中、新しい家を2人に見せた。つづく…
posted by ミチル at 16:17| ☀| Comment(6) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

クリスマス

071224_1621~0001-0001.jpg皆さんクリスマスおめでとうございます。2000年前の今日、天使が羊飼いたちの小屋の上で 善意の人びとに平和 と歌ったそうです。耳をすませばきっと皆さんのおうちの上でも 天使たちが歌っているでしょう♪ クリスマスの今日、お腹を空かせた小さな子どもや寒さに震える動物たちがみんな幸せになれますように。
posted by ミチル at 11:59| ☀| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

happy Christmas day♪

071224_1919~0001-0001.jpg071224_1558~0001-0001.jpg今日はイブ。今年はリビングの巨大ツリーも玄関のクリスマスプレイスもトイレの妖精のクリスマスもないけどみんなが送ってくれたクリスマスは今までで一番幸せ♪今日は朝からリビングの天井に張り巡らされている猫庭園をはずしてあちらの家に運び設置しはじめた。家の作りが違うから同じにはならないが実はコーッはカブトムシのサンクチュアリとか作るのが大好きなのだった。つづく…
posted by ミチル at 21:45| ☀| Comment(2) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

本運びました、玄関に(笑)

a071223_1451~0001-0001-0001.jpgb071223_1452~0001-0001-0001.jpgc071223_1521~0001-0001.jpgずっとリビングに積んであった本をあちらの家に運んだ。まだ荷造りも何もしてないし何をどこにおくかも考えてないがとりあえず運べるものは本。畳2畳くらい占領してた本のほとんどをデリカに1回で運んだ。それからが大変。新しい家は駐車場、畑、家なので私は真ん中でぬかるんだ畑を何十往復もした。それ以外は長い石の階段だからまだまし。間取りは玄関はいって16畳リビング、左右に10畳和室、クローゼット含め10畳洋間。2階が8畳和つづく…
posted by ミチル at 22:23| ☔| Comment(4) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

荷物引き上げ

071222_1255~0002-0001.jpg071222_1255~0001-0001.jpgこの3連休を迎える頃になるとぼちぼち年末を感じる。私たちのやることはタイムリミットつきで、2年間休止していた電話の復旧、さらに光の無料引き込みは12月までに住民票のある世帯という条件にかすかな望みをかけて急ぎ住民票をあちらの家に移した、昨日。…そしたら『仏滅』だった(笑)今日は大月の家に荷物を引き上げに行った。主にコーッの平面作品。こちらで100号のでかいのは数枚を残し燃やしていたが小さな作品は山のようにある。つづく…
posted by ミチル at 23:18| 🌁| Comment(2) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

光はISDNより遅く…(笑)

富士ケ嶺のおじさまのところへ行くか、軽トラ4台分運んでしまった大月の借家の荷物を引き上げに行くか、迷っていたら1月からのモニターに申し込んであった光の会社が端末機の取り付けに来た。光の到来を私は何年前から待っていただろう。モニターだけ1月からの試験放送になるのだが多分その頃私たちはここにいないんだろうな。最後の最後まで見えない何かにイジワルされてる気分。さらに相変わらず続いている反対VS賛成バトル。使いたくない人は使わなければ良いと思うのだけれど使いたい人の権利を阻止する電柱を貸さない作戦はいかがなものかと思う。数年後のデジタル放送も見れるからネットを知らずに反対していてもその時になったら絶対後悔すると思うよ。その時引きたくても今度は有料になるんだからね。告知端末(少し前の村内放送のレベルアップ)が本来の目的だそうで市の提供であるため一戸に一回線。今回急に引っ越すことになった家は住民票のない別荘だったため引かれていない。さらに秋山地区は全て工事が終了していると言う悲しい現実。これだけ待った光が目の前にぶら下がっているのに。しかし今度は電話線を通してくれないおっさんはいないから…ISDNなら使えるもん…しくしく
posted by ミチル at 20:52| 🌁| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

慌てる乞食は平謝り

午前中古くから借地別荘にお住まいのご夫妻がいらした。何度も来ていただき先日訪ねたお宅だ。わざわざ野の子にケーキを持って来て下さって近くに来てくれて良かった、遠くに行かなくなって嬉しいと言って下さる。ありがたいことだ。午後から今日が最後と掃除にいらしているオーナーご夫婦を訪ね改めてお礼を申し上げた。もう十分すぎるくらいきれいで、さらに業者に窓拭きをさせていた。…私の貧乏性の手はいつも何かしたくてせっせと首巻きを編む。庭でカビて行くのが惜しまれる高価な絹糸の手触りは技術を隠す。何かちょっとお礼をしたくても今私たちには何もないのでたくさん編んだ首巻きの一枚を奥様に差し上げた。その足で仲介のおじさん宅へ寄り実家の父に保証人になってもらった借地の契約書を渡した。今日で別荘は上も下も私たちのものになった。それから大月に行き9月から借りている家の断りに行った。家主のおじいちゃんは本当に良いおじいちゃんで家がどうにも直しようがないことは言えなかったが道が上がれないことと偶然近くに移れる家が見つかったと話したらそりゃ良かったと言ってくれた。土建屋さんから始まって私たちの早合点のせいで人さまに迷惑かけまくりである。皆さんごめんなさい!
posted by ミチル at 20:58| 🌁| Comment(4) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

クリスマスは平和

a071219_1151~0001-0001.jpgb071219_1154~0001-0001.jpgこの季節は部屋も玄関もトイレも庭も銀花柵もクリスマス一色。今年は友達が野の子に送って下さったツリーやオーナメントが私たちの気持ちまで温めてくれている。今日は私たちのかわいいとこちゃんから贈り物が届いた。クリスマスのお菓子に珍しいロバのフィギュア、そして…とこちゃん手作りのクリスマスカードを開いたら…そこは何とも平和なクリスマス。開いた瞬間何かが緩んで涙がこぼれそうになった。とこちゃんありがとう!
posted by ミチル at 16:10| 🌁| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

動物効果

071218_1530~0002-0001.jpg071218_1530~0001-0001.jpg部屋の中で犬が6頭猫が15頭が同居していたがニンゲンだけの暮らしになり3ヶ月。工房から運んだ荷物が無造作に置かれていることを差し引いても…部屋が汚い。何故か。動物たちがいれば1時間以上かけて掃除機とモップがけが毎朝の日課だったのに…今は掃除機さえ10日に1度!いたずらするやつがいないと『そのへ〜ん♪』にぼかぼか荷物は放置し放題。こりゃいかんね。うちの場合動物たちがいた方が部屋はキレイなようで…(笑)
posted by ミチル at 15:40| 🌁| Comment(8) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

本日買いました

071203_1252~0003-0001.jpg071203_1253~0001-0001.jpg午後から司法書士さんのところにオーナー、仲介の管理のおじさん、うちの三者で行き築14年の別荘の売買が成立した。コーッは工房におりた保険金を農協からおろし、100均で買った手提げに入れて持って行きオーナーに渡した。現金がうちにとどまっていたのはわずか1時間足らず、これがとどまるような生活をしなくちゃいかんねと2人で苦笑い。これで上物は1月から私たちのものになった。つづく…
posted by ミチル at 18:42| 🌁| Comment(6) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

久しぶりのお客さま

午後から親しくしている歯科医の先生がお嬢ちゃまと遊びにいらした。と言うより災害にあってからお見舞いに来てくださると言う申し出をずっとお断りして来ていた。雨の季節が終わらないと山道に慣れていないと道も心配だったからである。先生はむき出しののり面を見て驚かれ、家の動物たちが空っぽなことに改めてため息をもらされた。皆さんにお気の毒としか言えないとよく言われるが当の本人たちには何もわからない。すいすい楽しく泳いだり立ちはだかる壁を砕いたり、人生忙しいものなんだとだけ思う(笑)久しぶりに本音も話せてすっきりした。遠くに移らなくて良くなり、我が家のニンゲンが唯一かかる歯科の主治医をこの先もしていただけることに感謝した。
posted by ミチル at 19:44| 🌁| Comment(6) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

まだ現実味がわかない

今日初めて管理人のおじさん宅でおじさんとオーナーとうちと3名で契約書の確認をした。来週早々にオーナーと一緒に司法書士さんのところに行きそこでの正式契約になる。私の方の現実感がないまま話がどんどん進んで行く。お金持ちのオーナーご夫妻はテレビやほぼ新品の冷蔵庫、エアコンやら特注のベッドなどみんなおいて行ってくれるそうだ。電化製品のどれもうちにはない高級品だ。しかしカラオケが大好きだったそうで100万円くらいかけたカラオケの装置…誰かいらない?(笑)午後からは多分最後になるであろう、水源の掃除に家族で出かけた。冬になり水量がだいぶ減っていた。数年前から別荘に住んでいる以前からの知り合いが私たちが留守の間に何度も心配して来てくれていたのだが一度も会えなかったのでこちらから訪ねた。電話では上九に行くと話していたので近くの別荘と決まりとても喜んでくれた。愛犬2頭を相次いで亡くし新たに甲斐犬を飼っていた。かじらないけど怖いからわんわん吠える、手を出すと後ずさりするくせにパパのそばにいればニコニコしてさわらせてくれる様子がうちの犬たちを彷彿させて笑えた。手を伸ばせばいつどこにでも、優しい手触りのみんなとの暮らしまであと一歩だ。
posted by ミチル at 22:18| 🌁| Comment(8) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

小さな港

気持ちだけおいて行かれたまま難破船ミチル号はどんどん小さな港に近づいている。支払い方法の確認と農協へ連絡を午前中終えて、午後は先日訪ねてお留守だった富士ケ嶺のおじさまのお宅へ行こうと電話をしたらあいにくお出かけ。あいた時間はせっせと薪の用意。今度の家では薪ストーブは使えそうにないのですっかり使いきらないと。まだ工房の柱や板がたくさんある。時々値段が貼ってあるのもあったりして苦笑い。新潟の方は大変だなと思う。生涯1度だってあってはならない不可抗力の災害に時をおかず2度も見まわれ物心共にどんなに大変だろうか計り知れない。私たちの今度の家は避難生活の延長上にある。みんなと安心して暮らせる住処。まずまず上等。贅沢言ってる場合ではありませぬ。
posted by ミチル at 20:48| 🌁| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

地主さんにご挨拶

朝一番に、管理人のおじさんと土地の地主さん宅へ行った。今日その場での契約ではなく、ご挨拶と契約項目の確認だった。野の子が保育園のころ、祖父母たちはしょっちゅう遊びに来て保育園に昼前に迎えに行き皆でお昼を食べに行った馴染みのうどん屋さんのご夫妻だった。今もコーッの実家にはそのうどん屋さんの座敷で、亡き義母と小さかった野の子がニコニコしている写真がたくさん貼ってある。こたつから顔を出した猫ちゃんを私はずっと抱っこさせてもらっていた。話も問題なく進みあとは正式に契約書を交わせるだろうと思う。その足で役場に行き移転先への光ケーブルの引き込みのお願いに行った。先日電話して返事がなかったからだ。こちらはすでに地区の工事は全て終了しており難しいとのこと。事情を話してなんとかならないかと重ねてお願いしたが…検討してみます、はむなしく聞こえた。
posted by ミチル at 20:42| ☔| Comment(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

ペットのロバは例外

別荘地と言っても、小さな手作りの個人管理の別荘地の契約書に目を通した。地主側には決して不利にならない、これでもかこれでもかと続く特約条項の羅列にちょい、むかつく。借り手はこんなにもへりくだって暮らさなくちゃならないのか。ここも借地だが当地に来てから3代に渡って懇意にしている家なので同じ借地でも違う。しかし管理人のおじさんは良い人である。今日借地の契約書に署名捺印して私が届けるだけだったのだが直したいところがあれば言ってと言われていたので昨夜じっくり目を通し、どうしても聞いておきたい箇所が3つほどあったので手をつけないままの契約書を持っておじさん宅へ行った。一番引っかかったのが消防団への寄付の記述。当地に移ってから毎年年末に集めに来る寄付金3000円を支払って来た。しかしこの度の土砂崩れには消防団は一切来なかった。私たちがよそ者だからと諦めはあったが、じゃなぜずっと寄付金取りに来てたのと言う疑問は村友の1人がそりゃおかしい、と言ってくれたことで強くなっていた。さらに近隣の市町村役場で確認した限りよそ者地の者は一切区別はないと言う。払う記述があるなら、助けに来てくれると言う記述も私たちは欲しかった。おじさんは私たちが自腹で土建屋さんにかき出し作業を頼んだと知り驚いた。もう二度とこんなことがあっては困るが災害時のサポートを知っておくことは、私たちの土地探しの重要ポイントになっていた。こちらの部落では実際に別荘地内で何度も消防が救済をしてくれているそうで安心した。犬猫は各種1と書かれた項目もドキドキしながら尋ねるとうちの場合室内飼いだから問題なし。家畜飼育の禁止は『ペットのロバに限り例外』と変えてくれるそうだ(笑)そしてその場でコーッは署名捺印した。明朝早く、仕事前の地主宅へ行き契約書を渡し別荘のオーナーから借地権を引き継ぐ。
posted by ミチル at 16:36| ☀| Comment(16) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

11月28日からのこと

もうここで皆さんにお知らせできるのだろうか…私のアタマは相変わらず鈍ったままだ。先月28日突然、予想0だった村内の、売りに出ている築14年の借地別荘が見つかった。折しもマーキングを続けて来た日獣医前の立ち会いが予定されていた週だった。期待もなく見に行くと思いのほかずっと良かった。そして日獣医前は予定の立ち会いがダメそうだと連絡が来た。売り別荘の方はその週のうちにオーナーに会え室内も見れて交渉開始。3日にはすぐ東京から親たちを連れて来て見てもらった。値段もギリギリ保険金内。オーナー夫妻はお金持ちだった。別荘の管理・仲介をしてる村の馴染みのおじさんには何かとトラブルの絶えない別荘地だからずっと上で半永住してる方にロバ飼育の許可をとるようにと口を酸っぱくして言われた。何度も訪ねたが留守で東京のご自宅に電話し6日に連絡がついた。ロバ飼育はあっさりクリア、同日三井に断念の電話を入れた。8日再びオーナーを訪ね具体的な話を進めた。そして昨日、お世話になった方々にご挨拶とご報告に富士ケ嶺に行って来た。300坪の土地の方でお世話になった不動産屋さん。地域のことを色々教えてもらった乗馬クラブ。たくさんアドバイスをいただいたもと不動産屋のおじさまはお留守だったので後日行く。今朝早く仲介のおじさんとオーナー双方から電話。購入に向かってどんどん展開して行く。本来うまく行くことは障害があるなし関わらずこうしてとんとん拍子に進むのだろう。しかし私はなぜか心が重い。なぜだかわからない。この地を離れる決心をしたからか。自分の土地ではなく借地だからか。しかしこんな避難生活に終止符が打てることは何と言っても嬉しい。晴れて購入できたら犬猫仕様の改築と銀花小屋の建設を急ぐ。早くみんなを迎えにいってまた団子みたいに暮らしたい。
posted by ミチル at 16:35| ☀| Comment(4) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

折り返し地点

移転先が見つからないまま12月を迎えた。散々調べた日獣医前の立ち会いは、承諾してくれていたはずの隣接地2名に断られ、1名も未だに連絡がつかず今週中に実現するはずだった境界線の確認ができなくなった。結局正確な測量のない、登記上の図面だけで購入せざるを得なくなり…今日、散々悩み三井に断りの電話を入れた。すんなり行かないことをおし進めることは努力とも、一方無理やりとも言えるだろう。大した努力もして来なかった人生、すんなり進める方を無意識に選択して生きて来た。しかし富士ケ嶺はきっといつか、暮らしたい土地だ。落ち着いてじっくり土地探しできるようになったら探しに行こうとコーッと話した。先週唐突と同じ村内に売りに出てる中古の借地別荘が見つかった。交渉中だがここが決まれば万歳なのかもしれない。いや、ものすごくラッキーなのかもしれない。アタマがおかしいから嬉しいのかどうかも私はわからなくなっている。
posted by ミチル at 21:15| ☀| Comment(15) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

餌やり

071204_1054~0001.jpg071204_1049~0002-0001.jpg春さんが遠出だったのでみんなのごはんやりに行って来ました。明るいうちに先に買っておこうと畑の野菜販売所に車を止めると銀花の雄叫びが!ロバは何かのきっかけがないと鳴きません。こんなに離れていてもうちの車の音を察知したのでしょうか。滞りなく終えて帰り際、牧草をもぐもぐさせながら銀花が小屋から出てきてじ〜っと見送られ、なかなか帰って来られない!(笑)迎えに来るから良い子で待ってるんだよ。
posted by ミチル at 20:35| ☀| Comment(23) | ロバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする