2007年11月22日

コーチャンの見解

選択の難しい交差点に立っている。これを機に東京に帰った方が良いのだろうか。寛大な親のおかげで20年間好き勝手な暮らしをしてきた。私たちも若く、多少の困難は元気に乗り越えて行く自信もあったし怖いもの知らずにやって来れた。移転地探しはやっとたどり着いたのが富士ケ嶺で私たちが頑張れば東京と往復することは不可能ではない。しかし80を目前にした親たちからさらに離れた場所に居を構えることは果たして良い選択と言えるのだろうか。何が一番大切なのか。大切なものを守るためには何を捨てなくてはいけないのか…私の気持ちの中では銀花を切り捨てることは考え難い。銀花も大事な家族だから。だけどそれさえもワガママで身勝手なことなのだか。選択肢は目下3つ。銀花をどこかに預けて実家に入る。野の子は頑なに拒む。小さな普通車なら何とか上がれる大月の台地の斜めの家を建て直しでなく(業者の車は上がれないし借家に大金はかけられないので)修理して住む。これはコーチャンと義父は反対。富士ケ嶺に移る。親元には水曜日仕事に行くコーチャンが一泊か二泊する。どれが一番みんなが幸せになれるんだろう。じっくり考えてる時間はないけど…頭がぐるぐるしながら書いていたらコーチャンつづく…
posted by ミチル at 00:13| ☀| Comment(6) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする