2007年11月01日

色々な意見

ぼちぼち片付けたゴミを軽トラの荷台に積んで捨てに行った。焼き物の釉薬が入っていた潰れたポリバケツたくさん、ぬれてカビがはえた糸の束など。その足で大月の図書館にパソコンを見に行ってうちが移れそうな物件を探した。なかなか思うように進まない。こんな危険区域でも2ヶ月近くいるとだんだん鈍くなって来て、引っ越ししなくても大丈夫なのかなぁなんてたまに思う。世間でいろんな災難にあった人が、第三者から見ると驚くほどのんびりしてたりするがうちもきっとそうだ。最近になってうちを気遣ってくれる村の人たちも《もう来ないんじゃない?》派が増えた。私は…やっぱり早く引っ越したい。
posted by ミチル at 19:08| ☁| Comment(8) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする