2007年10月17日

変わり者が住む場所

山暮らし遍歴は昨日書いた通り。山間部の生活は私が育った東京とは良い意味でも悪い意味でもまるで違う。50年くらい昔の感覚が、今もごく自然に受け継がれ実生活の中で普通に流れている場所。良いところもあれば受け入れがたい部分もある。良く都会の友達に動物飼うのにいいでしょうと言われるがこれはとんでもない間違いである。動物は家畜であり人間の役に立つ使役動物が一般的な感覚。家族同様のペットと捉えている人は皆無に近い。だからうちは変わり者なのだ。変わり者が周囲を気にせず気楽に住むには集落から離れている、もしくは隣接しない広大な敷地で暮らす以外、ない。
posted by ミチル at 21:25| ☁| Comment(10) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする