2007年10月15日

3級市道

午後から村友が来ることになっていたので、午前中大月市役所に行って来た。先日3級市道と教えてくれた人は保全課だったので名称は忘れたが道の管理をしてる課に詳しい話を聞きに行った。あの道をあれ以上良くすることはない、雪かきもないと答えは同じだった。それから次に防災課に行って今回私たちが合ったような災害に対する市のサポートを聞いた。大した違いはないが大月では消防団が活躍してくれるのだと言う。それは当地のように、よそ者と地元民の区別はないはずだと言う。役場を頼らない暮らしがしたい。しかし人里離れないと、ロバは飼えないのが現状。なかなか、うまくは行かない。
posted by ミチル at 21:56| ☁| Comment(2) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする