2006年12月14日

昨今山事情と薪

061206_1149~0001-0001-0001.jpg061206_1033~0001-0001.jpg銀めぐの散歩から戻ると働き者の王様が軽トラを移動し、銀花の運動場のはずれに地主が財産放棄したという10年放置されている杉の丸太を切り出して積んでいた。日本中躍起になって植林し挙げ句の果てに野生動物の住処を奪い安価な外材が入る現在、杉林はお荷物になっているのが現状だと思う。花粉のオマケつき(笑)以前林業をやってた友達が機材を入れ山から切り出し製材した1本の柱がたった2000円にしかならないと言っていた。手間賃さえも出ないではないか。続きを読む
posted by ミチル at 18:10| ☔| Comment(8) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする