2006年12月01日

平和な散歩

061201_1056~0001-0001.jpg午後から予定があったので早い時間に中銀めぐ、ユリイチゴめぐで散歩に行った。銀めぐでは下まで下った時うちに来る途中の郵便屋さんと遭遇、しかし銀花も落ち着きめぐも郵便屋さんのお尻の匂いなど嗅いだけで手渡しで郵便物をもらった。めぐは遠ざかるバイクがカーブを曲がって見えなくなるまで私のそばにスワレでじっとしていた。ダメな犬だから何もできないからとやらせなかったら今まで通り手がかかり大変な犬だっただろう。トレーナーの先生や春さんのような『人と関わる犬』『犬と関わる人』としての指導を受けなかったら犬たちは未だに外に鎖で繋いで飼っていたと思う。お絵かき終了後子供たちが居間でマンガが見たくてどっと集まる。犬が怖くて居間を通るにもおんぶしてた子がイチゴに顔をなめ尽くされ大喜びだ。私は一大人としてできるだけ多くのきっかけを与えてやりたいと思う。選ぶのは子供だがちょっと嬉しい。
posted by ミチル at 22:00| ☔| Comment(8) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする