2006年11月17日

何たって泥んこクィーン

061117_1402~0001-0001-0001.jpg河原まで散歩に行き犬たちはずぶ濡れ、銀花は草の実でちくちく。道脇の青草も大分乏しくなった。山も多分紅葉はピークを終えたようでスリムになる一方だ。だけど葉が落ちて犬たちの居場所が突き止めやすい(笑)私はバカみたいだけど山道をみんなで歩く時至福を感じる。夏も秋も冬も春も楽しい。河原に出る手前がちょっと急坂になっていてどうも銀花は下り道が苦手だ。ずんずん引っ張ってコーッの背中にどすんと鼻面を押し付けて遊んでいる。私はわざと膝を高くしておっとっと!と言いながら私より先に出るのを阻止した。そうしたら銀花はちゃんとゆっくり歩けるんじゃないの。以後おっとっとのかけ声でゆっくり歩けた(笑)ユリが家の手前から臭いを追って川に降りて帰って来ない。みんなをうちに入れてしばらくしてから帰って来た。こんな姿になって(笑)
posted by ミチル at 15:13| ☔| Comment(10) | 山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする