2006年11月01日

下界見学

061029_1451~0002-0001.jpg今日明日とコデブのスイミングが休みだ。金曜から休みだし気持ち的に余裕ができてたまには単独でと銀花を連れ出した。銀花1人だとこんなに楽だったのか。人や車の出現にもさほど気を使わずに済む。調子に乗って下の部落まで行った。道の工事をしてるので山に移ってから浮き世離れしたロバの銀花に社会勉強をさせよう。ところが辿り着いてみると昼休みで重機も動いてなければ人気もない。1時間かかって大ハズレ。だがしかし銀花は慣れない道に来るとピタッと私の斜め後方につき従順この上なし。ざまぁみろ!ちょっと勝ち誇った気持ちになって歩いていたら車が来た。工事中の鉄板の上をガコンガコン派手な音をたてて来たから銀花はパニック。車をやり過ごすと今度は後ろが気になって仕方ない。で、早く帰ろうよと引っ張る。ちょっとちょっとぉ、ボスの私は眼中にないんですかい!? 頭に来たので手早く手綱の位置を付け替え乗った。蹄に割れあるので家まで乗って帰れず残念だが首や胸に汗をかいていた。タオルでゴシゴシ拭いた。
posted by ミチル at 14:20| ☔| Comment(6) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする