2006年10月21日

勤労家族の日(笑)

061021_1512~0001.jpg駐車場と銀花の運動場の脇に地主が財産放棄つまり置きっぱなし、つまり捨てた古い丸太が山積みになっている。いつかは片付けようと思いつつ手がつけられないまま1年暮らした。今日は家族総出で丸太処分、冬支度をした。コーッがチェーンソーで短くし薪割り、私とコデブがネコに積んで運搬、工房の壁に積む。午後一杯で駐車場の丸太がやっと半分になった。何年も雨ざらしになってぐすぐすだ。こういう腐りかけた木はご存知ムカちゃんらの快適なマンションとなっている。しかし外で見るムカデってなぜかそんなに怖くない。乾いた木なら良い薪だが石油高騰の折、贅沢は言ってられん。銀花はチェーンソーの音に全然びびらないくせに薪割りの瞬発的な音にはいちいちびっくぅんとなる(笑)暗くなってから30分の単独散歩に行ったが物足りなそうな顔をしてるので簡易鞍をつけて運動場で乗ろばした。春さんに走らせて止まらせないと教わったが走らせるのがやっと。すぐ止まってしまう。外で乗るより明らかにつまらない顔をしていた。
posted by ミチル at 19:07| ☀| Comment(6) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする