2006年10月05日

ヤギの乳搾り

061005_1623~0001-0001.jpg寒い雨。長袖を余分に着込んだ。ストーブだって焚きたいのだが経費節減な日々。雨の中、木曜日はやたら働き者のコーッは朝から銀花のボロ場の一部と外の水道の下にコンクリうちをしていた。ボロ場は段々土が掘れて下の藪にボロが流れてしまうので平らにしたらしい。銀花はコーッの仕事を眺めたり邪魔したり。退屈してるので小屋でブラシかけをした。片手を銀花の口に当てていたらリラックス度がわかって面白かった。バクラーのお仕事で不在の春さんに厩のヤギの乳搾りを頼まれた。初めての体験。教えてもらった通りやってみるもまず暴れて搾らせない。おっぱいめがけて追いかけっこしてるうちにしゃがみ込んでしまう。賢いやつ。しょうがないのでそのまままたがって後ろ足の下でクッションになってる巨大おっぱいを搾りノノコが構えてるペットボトルめがけてお乳放水発射(笑)ヤギは段々おとなしくなって何とか定量の500mlペットボトル3本搾った。搾った後のおっぱいはまるでしなびた風船だ。ノノコが赤ん坊の頃を思い出してしまった(笑)
posted by ミチル at 17:34| ☔| Comment(14) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする