2006年09月28日

厳しく優しく?

060921_1354~0001-0001.jpg秋晴れ!部屋掃除が終えてお散歩に出発。釣り人がいるのでメグ吉はお留守番。今日は行きに乗った。しかし道草を喰いたくて歩かない。お腹を蹴ってもお尻に触っても首をたたいてナミアシのかけ声をかけても動かない。かつて春さんが動かない馬に手綱を輪にして首のとこでバチンと鳴らしてたのを思い出したのでやってみた…ら銀花のホッペタに当たった。ビックリして歩いた。しかしすぐ止まる、草の方へ行く、落ち葉を拾い食いしたくて首を下げる。どうしたもんかと考えた末銀花ももう3歳、お姉さんなのだから声を荒げて厳しく対処した。時間がかかったが神様の所まで行った。そこで降りて今度は銀花の自由だよ。簡易鞍をはずして自分の腰にまいた。指示に従わなくてはいけない時と自由にして良い時とハッキリ区別したかったからだ。帰りは銀花の好きにさせて一度も早くと促さなかった。往復2Kmが2時間(笑)蹄のささくれに鑢をかけて小屋に戻したらオシッコした。乗馬クラブでなく、扱いを教えてくれる調馬クラブに通いたい(笑)
posted by ミチル at 15:43| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする