2006年09月05日

怖い夢と乗ろば

060903_1724~0001.jpg道の脇で見たカエルを飲んでたでかい黒いヘビ。同じようなヘビが夢の中で私の指先に噛みついた。パニックになりつつ太い胴体を、咬まれてない方の手でつかんで投げた。またやってきて咬んだ。今も手にヘビの胴体の生々しい感触が残っている。実際見たものより夢に左右されるのもバカらしいとは思うが余りに怖くてお散歩に行かれなかった。寝る時ゲド戦記の4巻目を読んでたら寝られなくなって明け方に読み終えた。そんなおどろおどろしい内容ではなかったがある意味ファンタジーと呼ぶにはかけ離れたおどろおどろしい内容だった(笑)銀花には申し訳ない。で、久々に運動場で乗ろばした。最近乗ろばしないのは実は蹄の状態が悪い。伸びて割れが入っている。今月半ばに春さんちの馬たちと一緒に削蹄師さんに整えてもらう。はみも鞍も大人しくつけて運動場を左右回った。あぶのために持っていたハエタタキを指揮棒にして少し走らせた。銀花は力がついた気がした。
posted by ミチル at 15:15| 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | 乗ロバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする