2006年09月30日

ユリのアレルギー

060929_2259~0001-0001.jpg今日は午後からコストコに行って来た。夜8時過ぎ帰宅したがみんな良い子で待っていた。犬と猫の大量のドライフード、珍しいお菓子、仲良しの村友を連れて行ったので車の後ろいっぱいの荷物の山。さて、何日もつでしょう(笑)一昨日の夜急にユリの上瞼が腫れた。見る見る腫れて目が小さくなり悪い伝染病だったらどうしようと焦ったがユリはいつも通り元気で食欲も旺盛。昨日の朝はだいぶひいていたが今度はほっぺたのあたりがもっこりしてる。ぽぺぴのワクチンだったので獣医さんに行ったら何とブタクサによるアレルギーとのこと。家のまわりはウルシがたくさんあるからウルシかもしれない。うちは家族3人私が冬場限定のアトピー以外特別アレルギーはない。ユリの方がデリケートってことか(笑)
posted by ミチル at 22:37| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 犬たちのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

ロバ型掃除機(笑)

060921_1339~0001.jpg午後からお絵かきで余り時間がなかったので鞍をつけずにちょこっとだけ連れ出すつもりが、結局いつものように料亭の手前まで行った。この頃銀花は枯れ葉や草の穂やコケを食べたがる。熟れて開いたアケビも美味しそうに食べていた。秋のロバ?道一面絨毯のように敷きつめられた桜の落ち葉を夢中で食べる様子はロバ型巨大掃除機(笑)鞍をつけていなかったがちょっと乗ってみた。おお、今日はちゃんと歩くのね。しかも小走りまでした。きかん坊の銀花は予想してなかったことをすると良く効くのだ。しかし生銀花の背中にまたがってみると馬と違って真っ直ぐで背骨が出てるからまさしく三角木馬、お尻が痛い。 大きなアケビがあったので一度降りて拾って食べさせてもう一度、杉並木の手前から乗って家まで帰って来た。蹄は削蹄してもらったら柔らかくなって鑢がかけやすくなった。散歩から帰ったら裏堀に続いて角を落とすようにしている。何とかおとなしくやらせるので助かる。小屋に入れてブラシをかけてからたっぷりはぐはぐした。
posted by ミチル at 20:57| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

厳しく優しく?

060921_1354~0001-0001.jpg秋晴れ!部屋掃除が終えてお散歩に出発。釣り人がいるのでメグ吉はお留守番。今日は行きに乗った。しかし道草を喰いたくて歩かない。お腹を蹴ってもお尻に触っても首をたたいてナミアシのかけ声をかけても動かない。かつて春さんが動かない馬に手綱を輪にして首のとこでバチンと鳴らしてたのを思い出したのでやってみた…ら銀花のホッペタに当たった。ビックリして歩いた。しかしすぐ止まる、草の方へ行く、落ち葉を拾い食いしたくて首を下げる。どうしたもんかと考えた末銀花ももう3歳、お姉さんなのだから声を荒げて厳しく対処した。時間がかかったが神様の所まで行った。そこで降りて今度は銀花の自由だよ。簡易鞍をはずして自分の腰にまいた。指示に従わなくてはいけない時と自由にして良い時とハッキリ区別したかったからだ。帰りは銀花の好きにさせて一度も早くと促さなかった。往復2Kmが2時間(笑)蹄のささくれに鑢をかけて小屋に戻したらオシッコした。乗馬クラブでなく、扱いを教えてくれる調馬クラブに通いたい(笑)
posted by ミチル at 15:43| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

1人ぼっちのロバ

060923_1738~0001-0001.jpgひどい雨も午後からきれいに晴れた。わいて出たように釣り人が家の周囲を徘徊している。今月いっぱいで渓流が終わるから横浜やら相模やら多摩ナンバーの車があちこち止まっている。釣れたんかな。コーッは未明から海釣りだ。渓流釣りに都会から人が訪れる場所に住んでるのに何故に海釣り?岩魚や山女よりメジナを愛しているそうだが実のところ家族の足枷から自由になりたいのだ。気持ちはわかる。私も賑やかな性格だが1人で過ごす方が好きだったりする。銀花はいつも1人だ。犬も猫もたくさんいるがさすがに捨てロバはいないし1頭しか飼えない。本来群れで暮らす生き物だからもしかあと1頭いたら嬉しかろうなと思う。今日は機織りしてたら夕方になってお散歩に行かなかった。ごめんね銀花。写真は例のふすま湯を飲むところ。何とか写したけどイマイチ臨場感がないね。もっとよく撮れたらまた貼ります。
posted by ミチル at 17:43| ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

かけしょん猫の館

060921_1449~0001.jpg雨降りで本格的に寒い。もう9月末、夏物を少し入れ替えた。2階の物置き場には大量のプラスチックのケースが積み上げてある。中身は衣類から記念品、果てはPCソフトまで何でもアリ。蓋がピッタリ閉まるから猫達のシッコよけには最適だ。それでもかけるやつがいるから腹が立つ。これだけ数がいると現場を押さえ犯人を特定することが至難の技。最近折り畳みベッドから布団を引きずって階段を降りて来るお供え餅もいるので全く油断できない(笑)工房のネズミはネズミ捕りに出入りしチーズなど召し上がりながら元気に暮らしている。手っ取り早く猫達を工房に入れられない理由は上記の通り(泣)銀花をかまいに行くと小屋でうたた寝してる。昨日母がコーッに持たせてくれたシャンプーの匂いのするハーブが大好きで美味しそうに食べた。銀花がこんなに好きだから前に春さんちの馬たちに持って行ったら見向きもしなかった。似てるようだけど身近で暮らしてみると馬とろばはかなり違う。そもそも馬でうちの銀花みたいにきかない奴はまずいないだろうな(笑)
posted by ミチル at 13:38| ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

ハミなしで乗る

060921_1403~0001-0001.jpg整えてもらった蹄で早速お散歩。軽やかに歩く。歩き方を見てると整たのに左後足は着地時微妙に内側になる。削蹄師さんが言うには寝てて起き上がる時にもしかしたら左腰に痛みがあるのかもとのこと。左腰をマッサージすると良いと言われしてみるも異常感はわからない。私には歩き癖のようにも思えるがしばらく要観察だ。今日からお散歩はメグの他に簡易鞍つき♪3歳を過ぎたのだから積極的に乗ろうと思う。で、悩んだ。ハミを入れたら草が食べられない。だけど乗りたい。そこでハミは入れずに手綱をリードにして乗る時は無口の両脇に止めて手綱にする。料亭の手前まで道草を食いながらのんびり歩く。帰りは神さまの所から乗った。乗ったら道草を食わせない。メグにつられて走ってもいいよ。ところが久しぶりの外乗、銀花は度々止まって動かない。ここで降りてなるものか。ハミなしで手綱と体重移動で指示に従ったことはよくできました♪行きは歩き帰りは乗ろばを目指そう。それが出来たらメグと二人乗り(笑)
posted by ミチル at 15:53| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 乗ロバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

初めての削蹄

060924_0909~0001.jpg必死の6時起き、馬運車の銀花にご飯をあげて出発。動き出すと落ち着かず後ろに踏ん張っている。ゆっくりカーブを曲がりながら50分、厩に到着。道の脇で始まっている。春さんの馬たち。削蹄師さんは若いお兄さん。ワゴン車一杯の道具、蹄鉄をなます小型の窯まである。初めて見る削蹄。すごいものだ。無駄のない動き、慣れた馬あしらい。馬たちはよく言うことを聞いている。面白い道具、馬の足乗せ台。硬い蹄がサクサク切れる鎌や鑢。どんどん整う。リズミカルな作業。蹄鉄を打ちつける。蹄を洗っていたら次は銀花の番だ。馬運車に乗ったまま。きれいなロバですね、おとなしいですよ、ロバのイメージが変わりました。お世辞でも嬉しいぞ!頭の方にコーッがしゃがんでいる。後ろ蹴り炸裂する間もなく15分くらいで終わった。内側にカーブしていた左後蹄もきれいに整えてもらった。癖がついたのはもしかしたら左腰が痛いのか。だけど20分くらいアスファルトで乗ってお散歩1時間はいつも通りに。銀花良い子だったね。お疲れ様!
posted by ミチル at 19:09| ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

2回目の馬運車

060923_1836~0001-0001.jpgお彼岸で東京に出た。義母が亡くなって4年たつ。日に2回も墓参してる義父のお陰でお墓はピカピカ、午前中に供えられた花がきれいに咲いている。持参した花を無理やりさしてお線香をあげた。心配性で優しかったお義母さん、今の私達の暮らしを空から見て苦笑いしてるんじゃないだろうか。明朝の削蹄のため夕方春さんが馬運車で来てくれた。最近の銀花は滅茶苦茶ガンコではないので多分素直に乗るのではとは私1人の妄想だった(笑)春さんが馬運車に上がるスロープに畳を敷いてくれて銀花は畳部分には上がるのだがそこから先は後ずさりして下りてしまう。人参を使ったり長いロープを後ろからかけてやっと乗った時は既に真っ暗。かなりびびっておびえていている。親から離されうちに連れて来られた事を思い出すのだろうか。無口の両脇をロープで固定して届く所にオーツと水をおいた。中で前がきしてる。幌の間からのぞくと目が合って途端に甘え鳴きした。明朝早いので今夜は馬運車にお泊まり。後でこっそり様子を見に行こう。
posted by ミチル at 19:52| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ペット ロバ  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

ふすま湯

060921_1401~0001.jpg今やっとお絵かきが終わった。夕方部活を終えてから来る中学生達は腹ペコなので軽い夕飯を食べさせてやる。めにぅはカレーおにぎりうどんの見事な3パターン(笑)今日は寒いからうどん。でっかい鍋が気持ち良いくらい空っぽになり『おばちゃんちのうどん美味しい!』空腹感が味覚を鈍らせることにまだまだ気がつかないかわいい中学生(笑)下の道まで送って行ったら小雨が降って来た。明日はお彼岸で東京に行く。夕方は春さんが明後日早朝の削蹄のために馬運車に銀花を乗せる練習に来てくれる。蹄が伸びて割れてひどい状態になっているがやっと日曜日に削蹄してもらえる。そんな銀花、最近ふすま湯をおいしそうに飲む。私が持ってしゃがんで飲ませていると私で口を拭うから私はふすま湯でべちょべちょ。だけどロバが水を飲む様子を間近で見るのは何度見ても面白い。鼻先まで突っ込んですするのだ。まるで吸水ポンプ。口がいっぱいになると顔を上げ半分舌を出したまま飲み込む。いつか写真に撮ります!今日の写真は秋めいて来た山と銀花

posted by ミチル at 20:47| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | お食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

いたずら

060921_1353~0001-0001.jpg籾殻がなくなったので午前中コーッと2人でもらいに行って来た。偶然見つけたお米屋さんだが大抵いつ行っても小屋から溢れそうにあって助かる。スコップでガラ袋につめて軽トラにいっぱいに積んで来た。この頃銀花はおしっこ場を拡大していて寝場所にしてる方にもする。朝、体のあちこちが濡れていてアンモニア臭と共に小屋から出てくる。これから寒くなるし少し厚めに敷いてやらなくちゃ。コデブが早帰りだったのでお散歩は行かなかったが運動場で遊んだ。私の周りをタッタカ走る。時々無視してみると耳を伏せて顔をふりふり忍び足ですぐ近くに来ている。直接に振り向くとびっくりしてお尻を向けるので後ろ足を上げる前に棒きれでお尻を押さえると困った顔をする。銀花がやろうと思ってることをこちらが先回りして止めたら私の勝ち(笑)しかし…小屋に戻り大人しく干し草を食べてると思ったらきちんとたたんで置いといたガラ袋、やられた。本人はこんなに涼しい顔(笑)
posted by ミチル at 15:27| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

メグとお散歩

060918_1437~0001.jpg秋晴れの爽やかな風に背中を押されて銀花とメグを連れ出した。メグは離れたところからでもスワレとマテができるようになったが実戦、車や人、犬との遭遇時に出来るかはナゾ(笑)銀花は意地になって道草を喰う。ハナイカダがお気に召してピンク色を見つけると寄っていって食べ尽くす。小さな蜂が蜜を吸いに集まるから甘いのかもしれない。道に丁度食べごろの、程良く割れたアケビが落ちている。銀花は目ざとく見つけると丸ごと口に入れて食べた。昨日の滝まで行ったがもうチョロチョロしか流れていない。今日は全然興味を示さず、足元に山になってる腐りかけたような木の枝をくわえている。そういえばまた杉についたコケや腐りかけの杉皮を好んで食べたがる。1時間で戻り銀花小屋の籾殻の総入れ替えをした。おしっこを吸って重たくなった籾殻をネコに山盛り2杯運動場にまいた。写真はQ太郎。みーたのでかさばかり目立つがこいつもなかなかどうして6、2kg。2年前の今日里の家の玄関に置き去りにされていた。
posted by ミチル at 16:48| ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

観察

060823_1640~0002.jpg何日ぶりだろう、やっと雨が上がったので銀花を連れ出した。まだ山は乾いてないからメグはお留守番。銀花は嬉しくてタッタカ歩く。柵の脇でまずは大好きなスギナを食べる。久々に散歩に出たら周囲の藪が随分薄くなっているし山の木々もほんのりだが紅葉し始めていた。ああ、短い夏は終了。あと1月もしたら瑞々しい青草も食べれられなくなるなぁと思って銀花の道草に付き合ってのんびり料亭まで下った。山の神様のところで蛇がひかれて死んでいる。茶色一色のまだ若い蛇。棒きれを拾って脇に落とした。怖いっ!より近寄って臭いを嗅ぎたい銀花の防御が大変だ(笑)雨が降ると道の脇に小さな滝が出来る場所がある。今日初めて銀花は滝のそば1mに近寄りじっくり観察した。そして足元に流れる水を調べてなめた。その後道の表面を流れる水の中を躊躇せずに歩いた。一時間半ほどで戻ると台所の扉の鍵をしめ忘れて犬たちが慌てて階段を降りて来た。メグが耳を垂れて一生懸命私の脇でお座りをした(爆)
posted by ミチル at 14:24| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

日和見主義発覚(笑)

060907_1357~0001.jpg工房にアカネズミだかカヤネズミだか住みついて面白がっていたら私の糸の棚に巣を作られた!大切な糸が噛みきられてチョンマリまとまって隣にはインコの餌の山。微笑ましくてニコニコ…してる場合じゃあないっ、見つけただけで2ヶ所。ネズミは目撃者(コーッ)の話によると2匹でつるんで走り回っているらしい。アカネズミだかカヤネズミだかは単独で暮らすネズミだ。つまりご夫婦?ってことはあっと言う間に子孫繁栄!?どひゃ〜!やっぱりネズミとり仕掛けて外に出すに急遽意見変更(笑)銀花小屋の籾殻にはしょっちゅう沢蟹が隠れてるし、野生の皆さんも来る冬に備えて準備開始なのだろうか。しかし人間様のお住まいで冬を越そうなんてのは安易すぎるぜ。私の糸は大切なのだよ。コーッの陶土にトンネルでも掘ってるなら許す(笑)今日は誰もいない。私は意識的に工房で仕事をした。工房から銀花の様子を見るとほとんどぼ〜っとしてる。雨の日はロバがぼ〜っとする日だ。写真はめぐのオサレな尻尾。野山を駆け回ると巻き尾はこうなっちゃうのね(笑)
posted by ミチル at 13:48| ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

銀花の勝ち

060917_1506~0001.jpg060917_1505~0001.jpg銀花に牧草をあげて小雨の運動場に出た。銀花はこうやって私に向かって来る(写真参照)かじられたら痛いから直前まで来たら体の向きを変えたり手を上に上げたりして回避するのだが今日は力を抜いて気づかないふりをしてみた。銀花はどうしたかと言うと私のお腹に鼻先で体当たりした。かじらなかったのはエライがかなりな強さだ。気持ちはわからんでもないがこらっと叱った。するとこの通り(写真参照)耳を寝かせてうつむいて私の周囲を走る。もっと大きくと声をかけるとちゃんと柵いっぱいに回る。左右回らせてほーで止め近寄って誉めてやろうとしたらまた瞬時に私の手を狙った。私はとっさに銀花に飛び乗った。あ!しまった!運動場だった!銀花は私を乗せて最近練習し始めたようにトコトコ早足で回り始めてしまった。いざとなったら横に落ちようと思いつつ足でしっかり両脇にしがみついて半周、ほーですぐに止まった。落ち着き払って降りて誉めてやったが完全に銀花に1本とられた(笑)
posted by ミチル at 18:05| ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

雨降りの休日

060907_1450~0001.jpg工房にネズミが2匹住みついている。コーッの釉薬のバケツで溺死していたこともある。どこから入って来るのか気になるが山のネズミでハタネズミだかアカネズミだか非常に小さく単独でススキの根元などに巣を作って暮らしているらしい。何度か道で見かけたことがあるが本当に小さくてかわいい。工房は子供達のお菓子の食べこぼしやらインコの餌やらあるし外より住み心地が良いのだろう。何とかなつかないかなと密かに思っている(笑)今日も雨降りだった。コーッはまた頼みもしないのに大工仕事に精を出している。第二空中猫庭園を設置してから休みの日は何かしら作っている。調子が良いんだな。客間の模様替え、子供部屋の机に棚、今日は増殖を続ける食器のために食器棚を作っている。お陰で私も働かざるを得なくなって引っ越してから一度もいじってない台所の荷物を整理した。ああ、思い切りびしばしモノを捨てられる人になりたい(笑)写真はカメラの匂いを嗅ぐフリをしてコーッの腕をかじる銀花。
posted by ミチル at 20:40| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

愉快なロバ

060915_1031~0004-0001.jpg060915_1030~0001-0002.jpgもはや何も言いますまい!ただ今撮れたての写真をみなさま、ご堪能下さいませ!
posted by ミチル at 10:50| ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | ペット ロバ  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

変なかお

060914_1419~0001.jpgまた雨だ。寒いし、早くもストーブが恋しいお山の我が家。銀花も犬たちも日増しにモコモコして来た。しかし銀花はむしろ長い毛が浮いてきて抜ける。去年の今頃もそうだった。今日はおばあちゃんの高機を動かした。飛びひ装置がついた古い機だ。里の家では急増した糸置場と化し織りかけの木綿がかかったまま何年も経過した。この機は私には難儀である。太い糸を自由にザクザク織りたいが着尺機だ。祖母は賃機と言って業者が持って来た巻き上げた縦糸で見本を見ながら織っていたのを父が記憶している。当時のアルバイトだったんだろう。私にとっては大切な機、このまま使うとやはり細い糸で布地しか織れない。しかも私の大好きな大ざっぱは不可(笑)銀花をかまっていてまた飛び乗ってみた。銀花はじっとしたまま鼻にシワを寄せて口をバクバクしてる。初めて見た。あんまり面白いので家族を呼んで再現。かじるでもなく怒ってるよりは悔しくてたまらん感じ?またやろうっと!(笑)
posted by ミチル at 16:01| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

時代錯誤と彫金

060903_1852~0001.jpg先月から約束してた村友が遊びに来た。たっての希望で月一で彫金をやりたいと言う。勿論私は素人、なのになぜか道具だけはとりあえずの一式を持っている。当地では当然のように女は夫のもの、子供のもの、家のもの、がまかり通っている。あまりに当たり前だからその異常さに気がつかない。仲良くなった村友には常々口を酸っぱくして自分だけの趣味、出来たら家事にも育児にも役に立たないものを持つことを薦めて来た。村友たちがかせを外し生き生き元気になって行くのを見るのは嬉しい。ひどいアドバイスで何とか見てくれだけの指輪が出来た。宝物のように見つめる村友。私に腕があればもちっとマシになったのだがそこは諦めてもらう。あとはあなたのやる気次第、どんどん腕を上げて下さいな。今日はとても寒い。長袖2枚を羽織る。銀花はもうふすま湯に飽きて今日は水分を少なくしてふすまマッシュにした。だけどロバって舌を使ってなめれないのね!ご飯にまぜたらきれいに食べた。写真はQちゃんとぺ。
posted by ミチル at 18:20| ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

冬の準備

060912_1415~0001.jpg雨だ。里は曇りくらいだったりして。寒い。夏は終わったと思うとやっぱり寂しい。ストーブをつけない月が1年の4分の1というのは立派な極寒地だと、東京生まれの私は密かに思っている(笑)銀花小屋も下の窓はとっくにしめて昨日からふすま湯も飲ませている。ご飯に入れてもより分けてばさばさと下に落としていたルーサンも間食用のデカバケツに入れておいたらガツガツ食べている。動物たち、特に外で暮らしてる銀花は寒さに向かってきちんと体の準備をしている。健康に関する本なんか一度も読んだことないくせに動物はちゃんと本能で知っている。雨降りだねぇ銀花。お散歩行かれないよ、何してるの。小屋に遊びに行くと私より持っていた人参の方がずっと魅力的らしい。ブラッシングすると逃げ回るので腹ばいに背中に飛び乗ったらものすごく焦っていた。小度胸ものめ。写真は仲良くお昼寝ユリとめぐ。涼しくて犬たちはみんな寝てる。猫たちは梁の上で運動会開催中。
posted by ミチル at 14:26| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

静かな1日

060907_1441~0002.jpg朝から1人。運動会の振替休日でノノコは仕事に出かける父ちゃんにくっついていそいそと私の実家に遊びに行ってしまった。実家の両親は一人っ子の私の一人っ子のノノコがたった1人の孫だから可愛くてしょうがない。おばあちゃんおじいちゃんにかわいいかわいいと育てられてわがまま放題身勝手になるか。否、良い子だかわいい子と言う強い認識を持って接してもらうと子供はその気になって本当に良い子になる。こちらがどう認識するかが大切なんだと思う。雨降りで半日繕いものをした。伸びきったゴム、とれかかったボタン、アイロンかけ。家庭的なことができないので何だか落ち着かない。こんなことしてて良いんだろうか?これはもはや本末転倒(笑)夕方早めにみんなにご飯をあげた。みんなのんびりしてる。銀花は背中まで籾殻だらけ。昼間っから横になって寝てたんだな!ふすま湯を作って飲ませてやった。すぐやって来る厳寒の季節に向けての準備だ。写真はツリフネソウを食べる銀花。
posted by ミチル at 17:39| 🌁| Comment(12) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

ぽぺぴウィンナ

060909_2050~0002.jpg寝坊してたらがんがん電話がなる。やっとこ起きて出ると村友が子供を連れて遊びに来たいと言う。午後からにしてもらって夕飯も食べて行ってもらった。のんびりした日曜日。銀花も家に誰かいると安心らしくぼろ場でうたた寝してる。ぽぺぴたちは様子を見ながら子供部屋から出して遊ばせている。初めて出した時黒猫のぽが空中庭園から落ちて一瞬の間に犬たちに囲まれてガウガウされた。犬たちも危害を加えるつもりはないのだろうが犬も猫もパニック状態。当然犬たちはこっぴどく叱られたが思い返してみると一番叱られたメグは他の犬たちにガウガウしていたように思う。もっとも子猫を守るではなくボスのあたいを差し置いてみんな何やってんのよ!ってなところだろう(笑)以来居間に誰かいて子猫たちを見てられない時は出さないようにした。早く大きくなってくれ。ぽぺぴ、ちびら、チビトリオ、色んな名称で呼んでるが新たに〈ウィンナ・ブラザーズ〉写真参照(笑)
posted by ミチル at 19:00| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

運動会

060909_1022~0001.jpg今日は運動会。朝、お山の我が家は深い霧に包まれシトシト雨の中。中止の連絡はない。里に降りると曇り空ながら明るい。午後から日もさしたが風があって暑くもなく良い運動会日和になった。何しろ全校生徒数が110人に満たないのだ、子供たちは否応なく出番が次々まわって来る。早起きして動物たちの世話だけでなく掃除もして行ったのでへとへとに疲れて帰宅したがのんびりした。子供は元気で2人遊びに来てまた騒いでる(笑)銀花は退屈していてそばへ行くと鼻面で私をぐんぐん押す。これは何だろう。やっぱり甘えてるのかなと思うがデブの私がよろけるくらい強く押す。やってはいけないお約束、まずはケリー君。そしてカジルちゃん。グングン君はまぁかわいいから、許そうかな(笑)みんな良い子で留守番ご苦労さま!
posted by ミチル at 19:05| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

ぷち家出

060907_1241~0001.jpg金曜から泊まってたもっくんも昨夜遅くに帰った。うちは人間の方は3人なので誰か来てくれると賑やかになって楽しい。だから帰って元の3人になるとあからさまに寂しさを感じてしまう。教室の日だったので体力温存しようと(笑)銀花のお散歩は行かない予定で1時間だけ昼寝しようと目論んでたら外に出たコーッがミチルゥ!と騒いでいる。出てみると銀花がいないではないか。最近単管パイプの扉が曲がってしまりが悪くて輪にしたロープで扉と柱をしばっているのだが私がそれをかけ忘れたらしい。杉並木の方を見たがいない。上に行って家のすぐ横の道脇の草を食べていた。耳をこちらに向けてじーっと見てる。車の陰に隠れると様子を見に来るくせに近寄ると遠ざかる。だましだましして10分後には大人しく御用となり小屋に回収。いつから出てたんだろう。だけど遠くへは行かないんだな。いつか引綱なしでお散歩に行かれるようになりたい。写真はもっくんと銀花。もっくんまたおいでね
posted by ミチル at 20:51| 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | ペット ロバ  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

甘え噛みも禁止

060907_1401~0001.jpg午後からもっくん、コーッ、メグと銀花でお散歩に行った。もっくんは自ら銀花の引綱を持ったり彼がこよなく愛するコーッの真似をして銀花に腕を出して噛むかどうか試したりしていた(爆)でかいカメラを携えた2人、方やデジカメ一眼レフ、方や初代の銀盤EOS、少し色の変わり始めた景色など写しながらのんびり下に下った。後ろから急に車が現れてた。とっさにメグ!と叫ぶとすぐ私の脇に来て座り吠えたい追いたいのを我慢してやり過ごした。良い子じゃん!銀花もここ1ヶ月で家族以外の人間にも大分落ち着いて関われるようになった。一度だけ後ろからこっそり近づいてもっくんの腕に口を開けたが瞬間にこらっと叱ったらうつむいた。大分しなくなったが悪いとわかっててやるのは生まれつきのきかん坊なのか、年齢的にまだ子供なのか私には判断ができない。いずれにしてもいけないことはいけないと叱るまでだ。
posted by ミチル at 18:05| 🌁| Comment(11) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

寒い雨

060906_1525~0001.jpg手のひらからヘビの胴体の感触が消えたので(笑)散歩に行くつもりで張り切っていたら雨が降って来た。どうも私は張り切っていると出鼻を挫かれるという傾向がある(笑)銀花も退屈。私も退屈。もっくんはゲームに作陶に忙しい。工房の窓から銀花の顔が見える。目が合うと鳴くのでこっそり覗く!私も大人しく織物を仕上げた。昔々の蝶の羽みたいな軽くて薄い真っ赤な紅絹。たくさん集めたものを裂織にと預かった。同じ赤でもみんな違う。手にすると昔の人の仕事には叶わないな、と思う。私の織機も3台仲良く揃った。荷物置き場にならないでどれも好きな時動かせる。今年こそ銀花に馬着を織ってやろう。お揃いでショールを織って2人でお散歩に行きたい。村友からまた野菜をどっさりいただいた。中には銀花にといただいた育ち過ぎのキュウリも。夏の間食べ飽きて見向きもしなかったのに美味しそうに頬張っていた。
posted by ミチル at 17:11| 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

怖い夢と乗ろば

060903_1724~0001.jpg道の脇で見たカエルを飲んでたでかい黒いヘビ。同じようなヘビが夢の中で私の指先に噛みついた。パニックになりつつ太い胴体を、咬まれてない方の手でつかんで投げた。またやってきて咬んだ。今も手にヘビの胴体の生々しい感触が残っている。実際見たものより夢に左右されるのもバカらしいとは思うが余りに怖くてお散歩に行かれなかった。寝る時ゲド戦記の4巻目を読んでたら寝られなくなって明け方に読み終えた。そんなおどろおどろしい内容ではなかったがある意味ファンタジーと呼ぶにはかけ離れたおどろおどろしい内容だった(笑)銀花には申し訳ない。で、久々に運動場で乗ろばした。最近乗ろばしないのは実は蹄の状態が悪い。伸びて割れが入っている。今月半ばに春さんちの馬たちと一緒に削蹄師さんに整えてもらう。はみも鞍も大人しくつけて運動場を左右回った。あぶのために持っていたハエタタキを指揮棒にして少し走らせた。銀花は力がついた気がした。
posted by ミチル at 15:15| 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | 乗ロバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

油断大敵・逃走メグ

060903_1849~0002-0001.jpgコーッは今日から仕事だ。休み中ずっと二分の一だった仕事が全部私にやって来るのが悲しい(笑)幸いもっくんがまだいるので銀花の散歩につき合わせようと思ったらゲームのやりすぎで寝坊してる。十分ワカルので寝かせておいた(笑)メグと銀花、最近このメンツに慣れて油断してたら珍しく車が通りメグはけたたましく吠えながらついて行ってしまった。50mくらい行った所で振り向いたのでこら〜っと怒って座れー!と言ったらちょこんと座った。やれやれ。午前中TV局の人から電話があった。私はTVを20年見ていない。さらにスカパーしか映らず出て欲しいと言われた番組の名前さえ初耳。で、制作会社に勤務してる教え子にメールで聞いてみた。案の定ビンボーさん番組。そりゃウチは貧乏ですよ〜っ!しかしこれ以上親を泣かせたらバチが当たるのでご辞退申し上げた。TV出演も親が喜ぶからこそ。写真は6・8kgのみーたがいかに気が弱いか?の証拠写真
posted by ミチル at 16:39| 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

にぎやかな散歩

060903_1713~0002.jpg今日はこでぶの誕生日である。早いもので10歳になった。ってことは10年前の今日私は生んだんだんだった(笑)一緒に暮らしてた犬や猫たちを思い出す。ペットはそのまま我が家の歴史だ。当時の子で今もいるのは犬のちゃっぴとさたろだけ。東京時代からいた子たちは寿命や病気で総入れ替えになってしまった。こでぶの10年は文字通り動物たちと共にあった。これからもそうだろう。動物たちはちょっとのことですぐ獣医さんへ行く。こでぶの方は相変わらず歯医者さん以外行ったことも薬を飲んだこともない。ひどい親だと言われるが動物たちには病気を見守り自力で経過させてやる手伝いをしてやってないのが逆に後ろめたい気持ちになる。人も動物もできるだけ余計なことをせずにたくましく生きていくのが理想だと思うからだ。今朝銀花にご飯をあげたコーッが銀花がおかしいと言う。腕を出してもかじらない!どうしたんだろう?と(爆)そんな銀花、午後から河原までみんなで散歩に行った。
posted by ミチル at 18:13| 🌁| Comment(14) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

久しぶりなもっくん

060902_1728~0001.jpgもっくんが遊びに来た。先日来たとこちゃんのお兄ちゃんだ。2人とも練馬の教室に小学校から高校まで通っていた。メグが小さい時来た以来だから2年ぶりだろう。もちろん山の家は初めてだ。私自身が元気だと人も動物も寄ってくるようになるのは面白い。去年は誰も声をかけて来なかった。やっぱり生き物は理屈でなく内に感じるもので生きているんだな、と思う。その意味でも誰かが遊びに来てくれるのは嬉しいことだ。ところが夕方から頭痛になった。薬を飲まないのでひたすら治るのを待つ。元気そうなもっちゃんの顔を久しぶりに見てゆるんだのかもしれない(笑)しばらくいるので明日はみんなでお散歩行こうと思う。

posted by ミチル at 20:38| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

都留八朔祭り

060901_0806~0002.jpg雨降りで肌寒い。今日から9月。当地は秋が短くあっと言う間にストーブの季節がやって来る。洗い物の水が冷たく少しお湯を出した。夕方から近くの街のお祭りに行ってきた。道脇にずらっと露店が並びこのあたりでは規模が大きいお祭りだ。買い食い天国にこでぶも一緒に連れて行った子供たちも大喜び(笑)お腹ぽんぽこりんで帰宅したらみーたろが新設空中庭園でお出迎え。ふくろうではありません!
posted by ミチル at 21:24| ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする