2006年08月08日

銀花とトウモロコシ

060808_1323~0001.jpg久しぶりの雨降り。知人宅へ預けてある織機やら書籍やら運んで1年越しの引っ越しを終わらせるべく工房の片付けをしている。野ウサギの死から1日、宿題の自由研究に野ウサギ日誌をつけていたノノコは悲しみを怒りに転換しせっかく書いた数枚を破り捨てようとしたのを止めて完成させた。最後のページは『そして父ちゃんと一緒にお墓を作った』で終わっている。昨日けんちゃんと別れ際に私達は村友の実家の畑に行き頼んであったトウモロコシをたくさんもいで来た。今年は出来はイマイチのようでさらにハクビシンの被害で見事にかじられている。優しい家なので罠など仕掛けない。おじいさんが毎晩畑に石油ランプをつけに行く事で対処したそうだ。茎もどっさりもらって来て銀花のごちそうになった。嬉しそうに食べる銀花。茎はかじったら甘かった。


posted by ミチル at 16:03| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする