2006年08月31日

楽しく歩く

060827_1818~0001.jpg免許の住所変更に警察に行った。良い天気でまた夏が戻って来た。だけどやっぱり風は秋だ。帰宅後すぐ銀花とメグを連れ出した。銀花も引かなくなったのでメグのお勉強もできる。おいでぇと呼んで太ももを叩くと嬉しそうに走って来て私の脇に座る。私達の先をすっとんで遊んでるメグに座れ!と言うとちゃんと座る。去年陽性強化のトレーナーの先生に教えていただいてメグは信用できる犬になった→本家に訓練の様子ありますhttp://www.ne.jp/asahi/akiyama/koubou/銀花はメグと一緒だと余り道草を食わない。今日も料亭の手前で戻った。道の両脇がそこら中ほっくり返されている。猪だ。今頃何か土の中にごちそうがあるんだろうか。山の神様の所で山の動物達の安全をお願いした。散歩から戻りまたぬれタオルで全身を拭いた。今日もタオルがすぐ真っ黒になったが拭いてやるようになってから臭いはしなくなったように思う。写真はメグ。メグも今月26日でうちに来て2年たった。
posted by ミチル at 16:13| ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

空中庭園パート2

060830_1920~0001.jpgそう言えばここに引っ越して27日で1年がたった。一時はどうなっちゃうんだろうと思ったが時間は誰の上にも平等に流れる。私はこの一連の騒動で開き直り家族(私達の両親も動物達も含めて)が健康で暮らせることが一番だと言うことを学んだ。後のことは何とかなるさ!今日は突然コーチャンが大工仕事を始めた。絶対手伝わないよ!としっかりクギをさして私は引越で全部リセットされた機をいじった。1年ぶり以上放っておかれ埃まみれだ。2年越しで待ってもらっている、服地にするという軽い紅絹の裂き織りの準備をした。小さな機に縦糸を通す、裸眼で!(笑)銀花はどうしようか迷ったが降ったり止んだりでお散歩は行かなかった。写真はにわか突貫大工が作った猫たちの空中庭園その2。巨猫みーたろは直径18cmの排水管のトンネルに入れない(笑)これ以上太いのはにわか突貫大工には高くて買えないそうだ。
posted by ミチル at 20:31| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

全身フキフキ♪

060826_1655~0001.jpg午前中テレビ局から電話があった。やっぱり個人宅でこんな山奥で猫13匹犬6匹インコ2羽ウサギロバ各1を飼ってるのはかなり珍しいのだろうか(笑)取材もあるがままのうちの様子でいいなら全然OKだがああしてくれこうしてくれと言う場合はお断りしている。午後からメグを連れて銀花の散歩に行った。下に下ったがメグが料亭まで1人で行かれるようになると困るので手前で折り返して50分くらいで帰って来た。銀花は目の前からメグがダッシュしても一緒に駆け出そうとしなくなったので3人でも楽しく歩ける。銀花の周りにアブが纏わりついてずっとつけてくる。臭いし汚い…のでそのまま入口に繋いでぬれタオルで全身を拭いた。久しぶりだ。銀花はいやがらず背中も首も胸もお腹も足も全身拭かせた。力を入れてゴシゴシこすって真っ黒なバケツの水を何度もかえた。毛並みがピカピカに光ってきれいになった。もう所々長い冬毛が生えて来ている。
posted by ミチル at 15:08| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

秋の気配

060826_1636~0002.jpgネムイダルイカッタルイ月曜日。ガッコーは本格的に2学期だ。幸いコーチャンは今週いっぱいまだ東京の教室は休みなのが一縷の望み、明日は起きてもらおうっと(笑)うだうだしててもしょうがない、明日死んじゃうかもしれないもんなと気を取り直して外に出た。銀花は入り口のパイプを舐めながら待っている(笑)山はくずの花の香りが漂う。長袖でも爽やかな風に汗が流れない。気持ち良いので料亭の先の下の部落の入り口辺りまで行く。銀花は良い子で私の横や後ろを大人しく歩く。帰りに料亭の手前まで来たら後ろから車が来た。メグが耳を痒がるので車が苦手で乗れないメグの耳垢を取ってコーチャンが獣医さんに持って行ったのだ。銀花はコーチャンとわかると寄って行き窓にかけたコーチャンの腕を舐めた。帰りも道草食いながらノンビリ歩く。時々立ち止まって尻尾を上げるが数滴のシッコしか出ない。我慢してるんだな。案の定小屋に帰りつくと滝のようなオシッコをした(笑)
posted by ミチル at 18:06| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

小さなうり坊

060827_1816~0001-0001.jpg特別用事がなかったので散歩に行くつもりだったが雨降りで中止。銀花はお天気が悪いのが一番かわいそうだ。小雨なら少々ぬれても運動場でぶらぶらしてるが雨足が強くなると戻って来て小屋でぼーっとしてる。昨日はイチゴとユリだけでなく銀花もぷちトン走した。閉めたつもりの扉が銀花が押したら開いたらしく工房の前のスロープの所できょとんとしてる。逃げる様子もないがノノコと2人で捕まえに行くと逃げた。杉並木の入り口あたりまで行ってしまった。そこで追いかけるのをやめて銀花と呼んでから逃げてみた。すると向きを変えすっとんで来た。運動場でいつもやってる遊びだが上手く引っかかって小屋に入ってしまった銀花もちょっとマヌケ(笑)今日は向かいの杉林ばかり見ている。金曜日小さなうり坊がいた。今日はずっと手前で会った。親にはぐれたんじゃなければ良いんだけど私も気になる。写真は今日のピポペトリオ。
posted by ミチル at 20:17| ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

夕方の散歩

060826_1711~0001.jpg夕方から銀花と犬達を連れて家族で散歩に行った。ゲンだけお留守番。なぜなら犬達全員いなくなると猫達が居間に来て悪さをするからだ。居間は犬仕様で猫仕様にはなっていない(笑)ユリとイチゴは言うことを聞かないのでリードをつけて持ち手部分を繋げて銀花の準備の間、軽トラに繋いでおいたら気がついたらいない。長いリードの両はじに繋がれたまま二匹でトン走した。杉並木に下って行くとそれぞれ身勝手な方向に飛び跳ねながら引きつ引かれつ情けない姿で戻ってきた。2人が戻ったのでユータンして上に行く。銀花は久しぶりに会うユリとイチゴが気になって先頭を行くも振り返り立ち止まる。そばへ来ると頭を下げて、やっぱりお尻の匂いを嗅ぐんだな(笑)山の夕方はもう秋だ。銀花は始めのうちは引っ張ったが途中からは落ち着いて引かずに歩けた。みんなで散歩は楽しい。私の小さな幸せ。
posted by ミチル at 18:59| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

年齢

060825_2047~0001.jpg金曜日でお絵かきの日。工房は荷物を片付けて床面積が広がり大分工房らしくなって来た。子供達は昨日からガッコウでどの顔も生き生きしてる。話題は早くも運動会。運動会も昔と違ってレベルもグレードもはるかにアップし大変だ疲れるばかりで楽しみと言う子はもはや1人もいない。子供達は大人に言われた事決めた事にしばられながら生きている。窮屈な思いをしながら誰もがそうやって大人になった。大切なのは子供は子供であって大人を小さくしたものととらえて接しないことだ。子供部屋のペポピトリオは毎日いたずらに忙しい。ぼちぼち子供部屋の扉の向こうに出てみたい。子供時代を卒業しつつある銀花、かまうと鼻面を押し付ける。ちびっこも、大人もみんなかわいい。

posted by ミチル at 21:09| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

大いなる野望

060823_1215~0001.jpg1ヶ月ぶりに朝7時に起きる(笑)何で早寝早起きができないんだろう。その方がずっといいと分かってても出来ないことが多いのがズボラ人間の第一条件かも(笑)お陰で動物達までネボスケだ。今朝犬達はみんな寝てた。銀花は立っていたけど明らかに寝ぼけ眼。馬は3歳から本格的な調教を始めるそうだ。体ができてないうちに余り無理をしてはいけないが3歳を迎える前には人を乗せる事は教えるらしい。銀花もその通りにしてきた。馬の競技の馬場馬術は跳んだり跳ねたりでなく私達素人には何をやってるのかサッパリわからないが乗り手と馬は非常な高度技術を駆使するらしい。馬達は10歳以下で出たらそれだけで賞賛に値すると言う。3歳を迎えて銀花は大分落ち着いて来た。ノノコが小学校を卒業するまで後2年、『ろ馬車で通学』は果たして叶うだろうか(笑)写真はクッキーを食べる銀花。
posted by ミチル at 20:59| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

今年は忘れなかった誕生日

060823_1214~0002-0001.jpg8月23日。当地では夏休み最後の1日であーる。休日と平日の落差が大きい我が家では家族一丸となって明日からの学校生活に怯えている(笑)それだけじゃない。今日は銀花の誕生日なのだ。銀花がうちに来て3度目の誕生日銀花は3歳になった。一昨年は餌ももらえないひどい状況の乗馬公園でずっぽりボランティアをしていてめちゃくちゃな環境の馬たちを放っておけなかった。去年は引っ越しを目前に控え気がついたら翌日になっていた。今年は色々考えてクッキーを焼いた。野菜ジュースだけでパン用の国産無農薬小麦粉を練って食べやすいように細長くしてたくさん焼いた(写真右はじ)お味はいかが?お!?もっと欲しいの?お気に召したかな。お誕生日おめでとう。お前は私の宝物だ。お前を囲むたくさんの人達の優しい気持ちを忘れずにこれからも愉快にやっていこう。皆さんありがとう!

posted by ミチル at 15:41| ☔| Comment(16) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

幸せな銀花

060819_1812~0001.jpg仲良しの村友から電話が来て実家に野菜をもらいに行って欲しいと言う。村中見渡す限り畑でどこの畑の作物も季節ごとにほとんど変わらない。私のように東京育ちのズボラな人間は食べきれないほど作って腐らせるなら苦労して畑なんかやらなければいいのにと思うがそう言う訳に行かんらしい。80を過ぎた人の良いご両親の所へ車で乗り付けると銀花用に実をとった後のトウモロコシの茎まできちんとしばって束ねてくれてあった。有り難い事だ。幸せなろばだと思う。いつもとても食べきれる量ではないのだがお二人の笑顔が嬉しくて全部積み込んでしまう。帰宅すると銀花が待っている。束のまま柵に紐でしばって食べさせてやった。今銀花は上の前歯が出てきた所で普段のように勢い良くかみちぎれない。銀花の乳歯が抜けたらペンダントにしようとずっと楽しみにしてたのにいつの間にか生え変わってしまった。銀花は明日で3歳だ。
posted by ミチル at 20:41| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

めぐと散歩

060716_1415~0001-0001.jpg展覧会から始まって来客やらお出かけやら怒涛のごとくな夏休みもやっと今日は小休止だ。私は午前中歯医者さんへ行き夕方からコーチャンとノノコはぽんぺんぴーのワクチンに東京の主治医まで出かけた。ネバーエンディングな工房の片付けをして久しぶりに1人の時間。少し涼しくなったので銀花とめぐを連れ出した。私1人でめぐ付きは初めてだ。めぐは今朝、階段下の居間犬の宿敵、老犬さたろとちゃっぴの部屋に許可なく入りちゃっぴをいじめたので久しぶりにひっくり返されて私にこっぴどく叱られた。なので今日は何となく、私の顔色を伺っていていつもより素早く指示に従う(笑)銀花も今日は落ち着いて先日のようにトランス状態にはならず良い子に歩いた。下に下ったがめぐがいるので料亭まで行かず手前で戻ったが銀花は先に行きたそうだった。居間犬たち全員で散歩に行かれたら楽しいだろうなぁ。
posted by ミチル at 17:49| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

里帰り

060818_2244~0001.jpgやっとそれぞれの実家に行った。コーチャンちは神代植物公園の目の前、私の方はバス停で2つの距離。お盆に行かれなかったので遅ればせながら義母の墓参りにも行って来た。帰りは昔ながらの懐かしい道をぶらぶら歩きながら帰って来た。蝉時雨がうるさい。この辺りは武蔵野の面影がたっぷり残っていてとても良い所だ。さらに周囲には広い公園が次々できている。何で私たちはこんな山奥にうちを建てたんだろう(笑)私の父は痛風持ちで年に数回激痛に悩んでいる。目下激闘中。親たちが3人とも80が目前になったのに一緒に暮らしていない私たちは本当に親不孝者だ。幸いまだ元気だが近くにいたらやってあげられることはたくさんある。帰って来いとも同居したいとも言わず銀花や動物たちの心配をしてくれる。有り難いことだ。いつまでも元気でいて欲しい。
posted by ミチル at 20:31| ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

自由に走りたい

060819_1751~0001.jpg河口湖の整体に行った。年に2回、会員皆で大掃除をするのが整体協会の古くからのしきたりだ。しかし自分ちの掃除もまともに出来ない奴が人様の家の大掃除、網戸をはずして洗ったり換気扇やトイレ掃除を一生懸命する図は我ながら笑える。夕方明るいうちに帰宅できたので本当に久しぶりに銀花を連れ出した。ノノコも一緒だったのでメグだけ一緒に行く。銀花は引綱を持つとすでに鼻息荒く(本当に荒い!)ものすごく興奮している。扉を開けると飛び出してメグの後を追いたい。メグはノーリードで飛び跳ねたり崖を登ったりするので銀花も一緒に遊びたいらしい。広い場所だったら放してもいいかなと思うが道の脇は崖、銀花は下を見ないタイプなので私は久しぶりに力いっぱい踏ん張って何度も回してたしなめながら歩いた。嬉しくて興奮して草もろくに食べずに帰って来た。

posted by ミチル at 22:31| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

とこちゃんまた来てね

060818_2140~0001.jpg2週間ぶりのお絵かき、工房は直前まで片付けて子供たちが作業できるスペースを何とか作った。今日は掛け時計を作りとこちゃんも10年ぶり?に参加。終了後はプール遊びする子供たちと一緒に遊んでくれてさすが保母さんだ。帰り際小さな男の子にほっぺにチュ〜をされていた。銀花も犬たちも久しぶりに賑やかで落ち着かない。猫たちは暑くてみんな梁で寝ている。ぽんぺんぴーはひっきりなしに色んな子供たちにかまってもらってさんざん遊んでもらった。動物は小さい時どのくらい人の手に触られたかが将来フレンドリーになるかどうかの分かれ道だそうだ。我が家はメグで失敗している。銀花もこの頃フレンドリーでびっくりしている。家族以外にもからだも顔も触らせるようになった。

posted by ミチル at 23:01| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

とこちゃんと銀花

060817_1213~0002.jpg060817_1511~0002.jpg今日はまた東京から教室の教え子が泊まりに来ている。すでに20を過ぎ保母さんになった彼女は昨年3月、銀花が風邪ひいて獣医さん呼んで大騒ぎの時にも来ていて点滴に動揺する銀花の無口を押さえてくれたとこちゃんだ。人間には二種類いる。夢を見るだけの人、実現させる人。子供の頃から小さな子を可愛がっていたとこちゃんは小学校高学年の頃保母さんになりたいと言っていたのを私は覚えている。先日来たけんちゃんもそう、教え子だった子供たちが大人になりそれぞれ自分の夢を実現しているのは本当に嬉しく頼もしい。そんな彼らの姿を見せてもらえる私たちはつくづく幸せだと思う。もしか誰か大出世したら私たちはお小遣いをもらうことになっている(笑)この天気で我が家の唯一のおもてなし、動物達と山に散歩もできず甲府にゲド戦記を見に行った。拾ってから一週間たった
posted by ミチル at 20:19| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

行って来ました

060816_1203~0001.jpg060816_1637~0001.jpgお盆なのに実家にも帰らず墓参りも行かず上野に行った。ギリシャローマ彫刻展のリベンジだ。覚悟してジュースを飲んだりタバコを吸ったりしながら腹の虫の機嫌をとりつつ最後尾60分に並ぶ。ひたすらガマン。やっと会場に入るも全然見れない。これはもう、前売りチケットを無駄にしなくて良かったに切り替えて人混みの間からチラチラ見てさっさと出た。目録を買って来たのでそれを見て満足することにする。展示会としてはさほど大きくないしギリシャローマの彫刻展が何でこんな人気なんだろうと考えたらルーブル美術館展が名前だからだ。絶対ダビンチコードのせいだ!見に行かれてちょっと嬉しい、並んで混んでとっても疲れた。写真は鼻先でオーツを引っ掻き回す銀花の現場写真。
posted by ミチル at 20:51| ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

終戦記念日

060815_2003~0001.jpg終戦記念日の今日、我が家は毎年朝から夕飯までプチ断食をする。別に深い意味はなく戦争になればいつも空腹を体験してカラダに戦争反対を叩き込むのだ。つまり…普段自他共に認める食いしん坊一家(笑)しかしもし戦時下なら猫も犬もとっくに人々のお腹に入っているだろう。銀花は使役として連れ去られどこぞで疲れ果てたところを食料にされるだろうと思うと不景気でも腐り果てた世の中でも平和な時代で良かったと思う。昭和の終わりに97で亡くなった祖父は埼玉の農家の出で家には代々あおと名付けられた馬がいたそうだ。戦争で連れて行かれる朝、馬は大きな目に涙をためていたと言う。代々木で馬が爆撃に合い死んで横たわり肛門からウジ虫が湧き出ていたそうだ。生々しく痛々しく悲しい。理不尽に命を奪われるのか戦争。世界中どこでもこれ以上非力なものたちが命を奪われない事を祈りたい。写真は宮が瀬の花火。


posted by ミチル at 20:44| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

ダチョウの卵のスクランブルエッグ

060804_1403~0001.jpg1日工房の片付けをした。私の書籍は義父が作ってくれた本棚3カ所に押し込んみ問題はコーチャンの本ででかい画集ばかり行き場がない。一部を残してほとんどゴミに出すと言う。なら引越で捨てれば良かったのに。午後からまた子供たちが遊びに来た。みんな子猫と遊びたいのだ。ぽんぺんぴーは拾ってから体重が200グラムずつ増えた。尻癖が良くて設置したトイレにするので助かる。しかしイタズラは激しく毎日子供部屋が模様替えされている。夜久しぶりに春さんが来た。でっかい鍋にはダチョウの卵のスクランブルエッグ。友達が馬喰をやっていると言うことは珍しい食べ物のお相伴に与れると言うことだ(笑)ヤギのミルクは搾りたてを冷蔵するという処置のお陰で全然ヤギ臭がなくコーヒーに入れるととても美味しい。ダチョウの卵初体験も鶏卵よりずっと味がこく良質なタンパク質まったり。久々に良い子になった銀花を見てもらっていたら私の手を噛んだ(笑)
posted by ミチル at 22:51| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

子供と動物は元気はつらつ

060813_1814~0001.jpg060804_1401~0002-0001.jpg子供たちは元気だ。昨夜は夜中4時まで騒いでいたのに今朝は9時過ぎに起き出した。庭のプールでメグも一緒に遊んでもらって大騒ぎ、続いてお風呂でもエキサイト。午後から山中湖に遊びに連れて行く。出発したら夕立で土砂降りだったが山中湖では太陽が顔を出した。ささやかな夏休みの思い出にスワンボートなどに乗る。当地は来週24日から2学期が始まる。工房はキャンプファイヤー書籍を大分本棚に入れたがあまり減った感じがしない。大きな機も置き場所確保にとりあえず組んだ。明日明後日で全部終わらないと水曜予定のギリシャローマ彫刻展は危うい。銀花はさっぱりかまってやれない。子供たちのプール遊びに迷惑顔。そらそ〜だ、通路を歩くたび水かけられるんだもの。
posted by ミチル at 20:17| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

初代片付けられない女

060716_1413~0001.jpg昨日は目的の展覧会が見れず隣の建物でやってた日本画科の素描展〜西洋美術館の常設〜国立科学博物館で南極展と常設を見たがみんなハズレでくたびれた。今日は午後からこでぶの友達2人泊まりに来た。夕方からやっと片付け始めるもコーチャンの作品を何とか収納、1畳くらいのおばあちゃんの高機を設置しただけ。この家は予算の都合で収納がなくさらに犬猫仕様で置き場所がないのに私達はとてつもなく荷物持ち。キャンプファイヤーで燃やしたらすっきりしそうな山積みの書籍類は3カ所の棚を整理しないと収納できないが今度は出した荷物の行き場がない。素敵なシンプルライフは来世に期待(笑)銀花は気配を感じて何度も甘え鳴き…出入口が荷物で塞がれて出られん!
posted by ミチル at 21:25| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

行列について(笑)

060811_1017~0001.jpg6月からチケットを購入して楽しみにしていたルーブル美術館蔵ギリシャローマ彫刻展にやっと出かけた。夏休みなのに毎日何となく慌ただしくて1日予定のない日がなかなかない。20日か最終日なのでギリギリ。ところが…はるばる猛暑の上野は芸大美術館に辿り着いてみると入り口で50分待ちの長い行列。わがまま身勝手おこりんぼうの人間は大抵行列が苦手ではあるまいか。綺麗に三拍子揃っている私は最後尾に並んだだけで段々腹が立ってきて 5分以上は自他共に耐えられない(笑)せっかく来たけどさっさと諦めて西洋美術館と科学博物館に行った。それぞれ常設となぜか南極特集でぱっとしなかったが50分並ぶよりは絶対まし!半日以上あけてしまったがみんな良い子で待っていた。こんな荷物ほったらかして遠出してはいけないということか(笑)

posted by ミチル at 21:47| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

引越終了!

060804_1401~0001.jpg060810_1157~0001.jpg工房は片付いていないが予定通り知人宅から荷物を運んだ。軽トラで3往復。今週お絵描きを休みにしたので1週間の間に全部納めなくてはならない。中央に山積みの書籍、織機、機周り、そしてコーチャンのふすま大の油絵がどっかーん。だけどこれでやっと長かった引越に終止符、お金を払ったのに放棄した知人には私達が自腹で建てた工房の請求書を突きつけ返済を迫った。あちこち借金で首が回らないそうだが私達の知った事ではない。家を建て始めてから3年。自分の努力で解決できない嫌な目に合い続けた。今日を境にこれで終わりにしたい。銀花は車と工房を大荷物で行き来する私達を涼しい顔で見てる。お前の背中に荷物積んで…手伝ってもらえるのは何年後?(笑)チビ猫トリオ、ぽん、ぴー、ぺん、お腹の具合が悪くなりそうな名前を付けられた3匹、今日も食欲旺盛排泄スッキリ
posted by ミチル at 15:51| ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

♪あめふりねこのこ♪

060809_1252~0001.jpg起きたら大雨だ。これから歯医者さんに行かなくてはならない。村を抜けた先の大雨になると閉まるゲートが浮かんで来る。電話して今日は止めようかなぁ…だけど普通ならこの程度の雨どうってことないなぁ…里へ降りるまでの3キロの悪路が怖いのだ。パンク歴3回だし(笑)迷ってるうち小降りになったのででっぱつ。里に降りたら大して降ってない。山を超え温泉のあるTの字に来た時前方にゴミが落ちている…と思ったらずぶ濡れの子猫が3匹!後ろの車に悪いと思いつつ止めて降りたら子猫達はすぐに寄って来た。こりゃ飼い猫だな。人を恐れないし道の中央まで来て誰かを待っていたようにしか見えない。3匹抱き上げタオルで拭いた。ぴーぴー騒いでいるから元気だ。他にいないかな。草むらに入って探してみたが見当たらない。時間ないし歯医者さん直行。戻るとみんな助手席でタオルにくるまっている。ホームセンターにアイムスを買いに寄る。チビ達はうにゃうにゃ言いながら食べている。ワクチン済むまで隔離政策なのでまたノノコの部屋が賑やかになった。素早いリベンジ、笑うっきゃないね。

posted by ミチル at 14:03| ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

銀花とトウモロコシ

060808_1323~0001.jpg久しぶりの雨降り。知人宅へ預けてある織機やら書籍やら運んで1年越しの引っ越しを終わらせるべく工房の片付けをしている。野ウサギの死から1日、宿題の自由研究に野ウサギ日誌をつけていたノノコは悲しみを怒りに転換しせっかく書いた数枚を破り捨てようとしたのを止めて完成させた。最後のページは『そして父ちゃんと一緒にお墓を作った』で終わっている。昨日けんちゃんと別れ際に私達は村友の実家の畑に行き頼んであったトウモロコシをたくさんもいで来た。今年は出来はイマイチのようでさらにハクビシンの被害で見事にかじられている。優しい家なので罠など仕掛けない。おじいさんが毎晩畑に石油ランプをつけに行く事で対処したそうだ。茎もどっさりもらって来て銀花のごちそうになった。嬉しそうに食べる銀花。茎はかじったら甘かった。


posted by ミチル at 16:03| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

ウサギの子

060806_1826~0001.jpg今朝チビウサギが死んだ。正確には起きたら死んでいた。昨夜獣医師のステマル先生に電話で色々教えてもらって猫と違って母ウサギは頻繁に授乳しないことや夏でも当地なら少し保温してやることなど教わりちょっと希望が出て来た矢先だった。昨夜も特に変わった様子もなかった。今はあえて原因を知りたくはないけど考えられるのはウンチがあまりに出ていなかった?悲しいよりも悔しい。悔しいよりも腹がたつ。子ウサギ一匹育てられない自分が情けない。ここで心を砕いて応援してくれた皆さん、ごめんなさい。私の力が至らなかったのが一番の原因だ。だけど情は移してなかったので落ち込んでいませんからご安心を。また野ウサギの赤ん坊を拾って育て上げなくてはダメだ。金曜から来てたけんちゃんも夕方帰宅した。銀花も犬達も猫達も散々遊んでもらって名残惜しみつつ見送った。また来てね!けんちゃんと野ウサギの赤ん坊(笑)
posted by ミチル at 18:21| 🌁| Comment(14) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

川に入る

060806_1817~0003.jpg060806_1737~0001.jpg夕方涼しくなってから犬達も一緒に上の河原まで散歩に行く。銀花は最近やっと家族以外にも触らせるようになって来たがさらにけんちゃんには昔からの知り合いのように気を許している。家族以外にこういう態度をとるのはとても信じられない。しかし私の脳裏には大馬喰のおじさまの言葉が響く。「大人になれば落ち着くよ」今までそれなりの努力はして来たが私の手柄よりその言葉の方がずっと思い当たる(笑)何にしても喜ばしい事だ。さらに今日は河原に降りる道の小川2箇所を難なく超え2度目の声かけで川に入った!びっくり!!道中何度かけんちゃんに持ってもらったがかじりたいのはコーチャンだけのようだ(笑)ウサギの赤ん坊は昨夜自分でレタスを食べたが今日は食べず排泄もなし。小鳥の給餌器を使ってミルクでといたペレットを口に入れているが部屋中跳ね回って元気は元気だ。

posted by ミチル at 22:12| 🌁| Comment(7) | TrackBack(3) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

東京ムツゴロウ王国

060805_1416~0002.jpg060805_2158~0001.jpg泊まりに来てるけんちゃんと4人で東京ムツゴロウ王国へ遊びに行った。昨日やって来た野ウサギの赤ん坊は連れて来た村友が預かって世話をしてくれた。今のところ元気だ。ムツゴロウ王国は犬と猫と馬がいてスタッフが大切にしている。それぞれ担当の数匹を宿舎に連れ帰り一緒に暮らしているそうだ。どの子もさすがに人間好き。赤ん坊の時からどれだけ人の手で触ったか、どれだけ仲間と遊ばせたかが重要なのだそうだ。どうしても犬社会のルールが身につつかないゲンは生まれてから5年間柵から一度も出してもらえなかった犬だしワクチンを言い訳にずっと部屋で飼っていためぐはフレンドリーとは言い難い。うだるような暑さの中丘陵を登り馬達の広場へ行く。ロバもいるのではと期待したがいなかった。25頭の馬達が2つの群れで放牧されていた。中には29歳の馬も同じように大切にされている。私は信用した。ウサギは初乳を飲んでいれば育つそうだ。頑張れちびすけ。写真は今日のチビウサギと老馬

posted by ミチル at 22:01| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

大きい兄ちゃんと小さなウサギ

060804_1356~0001.jpg060804_1635~0002.jpg暑い。何もしなくても汗ダラダラ、お絵かきの子供達には昨日のうち電話して全員水着持参、プール遊び2時間後今日は焼き物を作る。せっかく来てくれたけんちゃん、今日は銀花のお散歩は無理だった。大きなお兄ちゃん、子供達と遊んでくれてさらにあいた時間自ら銀花柵に入る。馬の扱いを知っているのでこちらも安心だ。身長188のけんちゃんに犬達も圧倒され吠えるのも忘れて慣れた(笑)銀花も気がついたら人参などもらってからだを触らせている(笑)ぷち事件発生!お絵かきに送って来た村友が駐車場にいたと野ウサギの赤ちゃんを抱いて来た。か、か、かわいい!近くに親の姿もなくぐったりうずくまっていたと言う。すぐミルクと哺乳類を買って来て飲ませた。まだ生後1週間くらいか?抱っこしてると手をなめる。子猫の要領でお尻をこすったらおしっこした。無事に育てばいいけど。で、久しぶりの乳飲み子でちょっと嬉しかったりもする(笑)写真はけんちゃんと一緒だとバンビにみえる銀花(笑)とウサギの赤ん坊

posted by ミチル at 21:00| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

良い子になったね

060730_2035~0001-0001.jpg炎天下2時間も散歩に行った。お昼におにぎりバカ喰いしたけど解消したかなぁ(笑)2時間もかかったのはこうである。いつものように料亭の先まで行った。帰りに料亭の前を通ると中からロバよーっ、ロバが歩いてるぅ!の声と共にお上品なおばさま方が4名駆け寄ってきた。私の説明より先にご婦人方の手が銀花を触る。耳まで触らせている銀花、良い子になったもんだ。一息ついてやっと説明をさせていただいた。その間に記念撮影(笑)騒ぎに気がついておじちゃんも顔をのぞかせる。おばさま方からひとつずつお人参をお口に入れてもらう。これじゃますます動かなくなっちゃう!別れ際私は少なくとも3回は失礼しまぁすと挨拶した(笑)やっと杉林の手前に来たら後ろからバイクが来た。郵便屋さんかと思ったら里にいた時ご近所だったおじさんだ。1年ぶりに銀花に会いに来たと言う。また立ち話30分。銀花はまるで訓練直後のめぐのように大人しくしていた。おじさんにも触られたけどおとなしかった。27になる教え子が遊びに来た。学生時代乗馬クラブでボランティアをしてたと言う彼、銀花との対面が楽しみだ


posted by ミチル at 22:12| ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

おじちゃん大好き

060723_1403~0001.jpg午前中また美人先生の歯医者さんに行った。夏休みなのに毎日慌ただしい。なぜか?ほぼ毎日誰かしら子供達が遊びに来ている。せっかく出した巨大プール、夏の短い当地だからこそ毎日遊んでくれないと損をした気分になる。貧乏性が隅々まで行き渡っている(笑)銀花は結局子供達がスイミングに出た夕方4時過ぎから散歩に行った。久しぶりにバクラー春さんから電話があった。結局削蹄は改めて春さんちの梅太郎と銀花で春さんの予定がない日に頼むことになった。蹄が伸びて先の方が何ヶ所かかけて来た。だから最近外乗に出れない。走らせたり長時間じゃないなら大丈夫と教えてもらったが銀花を誰より愛するコーチャンが許してくれない。料亭の先まで散歩した。料亭の前で駄々をこねて動かない。何とか歩かせて大分来たら前からおじちゃんが歩いて来た。お互いお散歩の帰りだ。銀花はおじちゃんの姿が見えなくなるまでずぅぅぅっと見ている。おじちゃんも何度も振り向いて手を振ってくれた。良かったね、銀花!



posted by ミチル at 17:46| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

招きロバ?(笑)

060801_1303~0001.jpgこんな日もたまにある。昼過ぎピアノの子供達3名到着。涼しいのに昨日出したデカプールで2時間も大騒ぎ。風呂の用意をしてたら仲良しの村友が来る。2時過ぎピアノを教えてくれる友達も来る。村友帰る。数分後また犬達、吠える。玄関に別の村友。子供達を里の河原で遊ばせてるからここで待たせて。もちろん!夕方日が沈み帰る。ピアノは6時過ぎ全員終了。今度はお迎えの仲良しの村友。それぞれアイスコーヒー、ホットコーヒー、ジャズ喫茶〈アリ地獄〉本日大忙し(笑)…でこれは銀花は連れ出せなかった言い訳。銀花は子供達のプール遊びを遠巻きに、呆れ顔で見ていてちょっと笑えた。最近銀花は来る人達に頭をなでてもらう。誰が来てもお出迎えお見送りをかかさない(笑)


posted by ミチル at 20:19| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする